DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジャンの天使

140727_top.jpg
ジャンダルムに置かれている天使のオブジェ   2013年9月23日







北陸地方も本日、ようやく梅雨明け!
でもこの週末は天候がどうにもこうにも不安定で、
今週こそ白山に・・・と思っていたのに思い切りがつかず
今週もまた行くことが出来ませんでしたorz

穂高はすっかり雪解けが進み、本格的な夏山の到来という
感じになっているようですね。
今年の夏休みの計画を練りながらふと、そう言えば、あのジャンの天使は
どうしているかしら?と気になって調べてみると、ヤマレコにあった、
つい何日か前に登った方の記録でその情報を見ることが出来ました。
彼女はさらに風化が進み傷みが酷くはなっているものの、今もあそこで、
クライマー達の健闘を見守っていてくれていることが確認出来ました♪
昨年支柱が取れて、プレートだけになってしまった天使。
投げちゃうとか、持って帰っちゃうとか、悪さしようと思えば出来てしまうのに
何年もずっと、あそこに居続けてくれること・・・
巷の輩達のおふざけニュースを見るに付け、当たり前のことが当たり前でない
この時代。クライマーたちのマナーに敬意を評したいと言ったら言い過ぎか?w



140727_1.jpg
2010年7月25日 相方:撮影


上の写真は4年前、相方がソロで登ったときに撮った写真です。
当然、まだ支柱は健在ですね。
それまでは漠然と、わたしの行けるような場所ではないと思っていたこともあり
奥西ルート自体に興味さえあまり持っておらず、こんなオブジェがここジャンに
置かれていることさえも知りませんでした。
こんなに厳しい岩々の頂に、相反するようななんと可愛らしいオブジェ。

「いつか自分の目で見てみたい。」

相方が山から戻ってこの写真を見せてくれたときに、わたしは初めて
ジャンダルムという頂を意識したように思います。





検索を進めている際に、たまたま目についた記事に思わず声が漏れました!
このオブジェを制作し、自身でジャンの頂上に差してきた・・・
という方のブログがヒットしたのです!
詳細が知りたくて今まで何度か調べていながらも、知り得なかった事実が
なぜか今回、さらりと目に飛び込んできたのです。

設置されたのは、2004年8月21日。
それまで何度か登ってきたジャンダルム。
いつ通っても頂上には記録に残せるようなものがなく、これでは写真を撮る
にもつまらなかろうということで、一念発起し制作、自らボッカして設置。
とのことだそう。ステキ☆



140727_2.jpg
photo by chokomaka

さて、、、この話にはさらに続きがあって・・・

柄が取れ風化しつつある現在の天使の状況を知ったこの方、
なんと二代目天使のオブジェを制作、そしてつい先日、無事完成とのこと。
果たして、この二代目が実際にジャンの頂に立つのはいつなのか!?
その報告も楽しみに待ちたいと思います。

制作及び設置者であるchokomakaさんに許可をいただき、
上記写真の転載と、この記事を書かせて頂きました。
オブジェの制作秘話やこれからの状況など詳しくは
ご本人chokomakaさんのブログを楽しみにチェックしていただけたらと思います♪
あの仙人温泉小屋のスタッフさんでもあったり、徒歩で日本縦断しちゃったり
するような、スゴイお方のようですよ。


この夏、ジャンを目指そうと思っている方はとくに
気にとめてみていただけると、楽しみも増えるか?と(笑)



  1. 2014/07/28(月) 12:40:47|
  2. 日々のたわごと
  3. | コメント:4

夏はうすはりで乾杯

140716_top.jpg
うすはりsakeグラス   松徳硝子






こちら福井も、蒸し暑い日が続いています。
今年はなんだか梅雨らしくない梅雨ではありますが、
そんな梅雨でもやっぱり梅雨明けが待ち遠しいものです。

今日も30度超えの職場で汗ベタベタ。
ときには寒いくらいにクーラーの効いた部屋で仕事することもあるのだけれど
最近は、汗かきながら仕事しているほうが体の調子がいいみたい。
なんたって、家に帰ってから飲むビールの旨いこと旨いこと!
この旨い一杯のために、敢えて暑いところで仕事する!みたいなw

とはいへ、わたしは炭酸ですぐお腹が膨れてしまうので
ビール自体はあまりたくさんは飲みません。
体に水分が行き渡りのどごしもひとまず落ち着いたら、
そのあとは夏でもやっぱり、冷たく冷やした日本酒なのです♪
冬でも冷酒派で、もっぱら陶器のぐい呑でいただいてますが
夏にはやっぱり夏らしい酒器がいいなということで、グラスの酒器を購入しました。
うすはりグラスでお馴染みの、かの松徳硝子社(しょうとくがらす)さんの作品。
うすいうすいうすはりグラスに、江戸切子細工を施した本当に繊細なグラスです。



140716_1.jpg

左が「雪花」で右が「花火」。
そう、それはまるで、福井奥越と東京下町のどこぞのコンビみたいでしょ?(笑)
TOPの写真で、屋形船ごしにぼんやり見えていたのが・・・
スカイツリーとドンと上がる花火。
墨田区にある松徳硝子さんらしいデザインですね。
今でもひとつひとつ、職人さんの手仕事による製作だそうだから驚き。
というか、手仕事だからこその作品たちなのでしょう。

大きさが解りづらいかもですが、容量約90ccのとても小さなグラスです。
手のひらで握り潰せてしまいそうなほど薄くて繊細。
簡単に割れてしまいそうでちょっぴり怖いけど、器は使ってナンボ。
大切に、愛用していきたいと思います。





140716_2.jpg

さて。
うすはりの松徳硝子といへば言わずもがなの「一口ビールグラス」。
もちろん迷わず一緒に購入です。
わたしはビールを飲むには小ぶりなタンブラーが好きなのでSサイズにしましたが
実際飲んでみると口当たりに惚れぼれ・・・
やっぱりピルスナーも買っちゃおうかなぁ~

いつもは激安発泡酒専門の我が家ですが
最近、仕事がんばったご褒美の本物ビールの贅沢を覚えてしまいました。
こんなグラスのせいで、ますますお口が贅沢になってしまいそう~ まいっちんぐ(c)。


  1. 2014/07/16(水) 23:53:41|
  2. 日々のたわごと
  3. | コメント:7

シャルキュトリー?

140706_top.jpg
シャルキュトリー「ガリビエ」  石川県能美市






石川県小松エリアには、近年続々と小洒落た店が増えている。
石川は福井のお隣とは言っても、我らの住む奥越地方は山奥なので
我が家からは1時間半はかかるちょっとしたドライブになるのだけれど
その道のりさえも惜しまない魅力的なお店がいっぱい。

気になるパン屋さんがあったので、今日もちょっくら足をのばしてみることに。
何かの記事で見た事前情報で、月曜定休と思い込んでいたのだけれど
なんとうっかり勘違い、現地について呆然唖然の日曜・月曜両日が定休日
だったのでした・・・ガックリ。相変わらずツメ甘すぎorz
その気になるパン屋さんについてはまた後日リベンジレポするとして、、、

気を取り直して、もう一件チェックしていたお店へGO!


じゃん!

140706_1.jpg

シャルキュトリー「ガリビエ」

”シャルキュトリー”とは、フランス語の Chair(肉) と Cuit(火を通した)が語源で、
主に豚肉や豚の内臓から作ったソーセージ、ハム、テリーヌ、リエット、パテなどの
加工食品の総称。かつ、それらを販売する店のことだそう。

要するに、美味しいバゲットに、よく合うソーセージやパテでも食べながら
ワインでも飲みたいな~♪ という寸法だったわけですの。

ちなみに、
これがイタリアなら”サルメリア”、ドイツなら”メッツゲライ”と呼ばれるものが
若干の違いはあれど同じような店舗括りになるようです。
まぁいずれにしても、福井にゃあこんな洒落た店は、まだない・・・のかな?w




140706_2.jpg

昨年の5月がOPENだそうで、お店もまだ真新しい雰囲気です。




140706_4.jpg

中に入ってみると・・・まぁ!ステキじゃないですか。
(※許可を頂いて、撮影させて頂きました。)




140706_3.jpg

天井からは、生ハムの燻製がぶら~ん。

ショーケースには美味しそうなお肉がズラリ。う~ん目移りしちゃう。
厨房から出ていらしたご主人に、お肉の説明を伺いながら
ソーセージやパテなどをいくつかお買い上げ。



なんかこの雰囲気・・・?

と思ってそれとなく話をふると、
やはりあそこのお店と関係があったのでした。




140706_5.jpg
キュルノンチュエ」 岐阜県高山市

高山方面に遊びに行く際に、たまに立ち寄る、燻製のお店。
「ガリビエ」のご主人は、本場フランスで数年修行を積んだあと、
このキュルノンチュエで工場長をされていた方だったのでした。



↓こちらはキュルノンチュエの天井
140706_6.jpg

140706_7.jpg
ソオスィソン・セック (白かび熟成の乾燥ソーセージ)

ガリビエさんの天井も、いつかはこんな風になるのかしら・・・?



---

今はまだ品数は少ないけれど、これからどんどん、珍しいものや新しい品を
増やして行きたいとおっしゃっていました。楽しみー!
小松方面には評判の良いパン屋さんもいっぱいあるし
これからはこちらのお店にも通うことになりそうです。

「いしかわ動物園」第9駐車場そばにあるのでわかりやすいかと思います。
美味しいワインのお供にいかがでしょうか♪



  1. 2014/07/06(日) 23:26:27|
  2. 日々のたわごと
  3. | コメント:4

求む!ローカル情報。

140621_top.jpg
本日のランチ:フォーガーと生春巻き






今日のランチはフォーと生春巻き。
昨日からメニューは決まっていたので、会社帰りにスーパーをハシゴして
フレッシュな香菜を探し回ったのだけど、結局見つけられなかった。
たまーーに見ることもあるのだけれど
田舎のスーパーには、さすがに常備されていることはありません。
仕方がないので、適当な葉モノでお茶を濁すことにしましたが
やっぱりあの香りがないと、一味も二味も物足りないんだよな~
シャンツァイ、、、苦手な人も多いようですが、我が家は二人して好物です。

ちなみに麺とスープは、都会に出た(笑)ときに立ち寄る「カルディ」などの
輸入食材を扱う店で、大人買いしてストックしてあります。


140621_2.jpg

苦肉の策で、乾燥スパイスをトッピング。
ついでに、乾燥スープも購入。
お湯を入れるだけなので、なんなら山にも持っていけるしね。

シャンツァイも、K'sファームで育ててもらおうかな。




140621_1.jpg

こうしてフォーは、ときどき自分で作るのだけど
やっぱりたまには、プロの作る本場の味が食べたくなります。
東京にいた頃は、お気に入りの店がいくつかあったので
味に飢えることはなかったのですが・・・
ここ福井には、美味しいフォーが食べられる店、あるのでしょうか?
ちょっと調べた感じでは、いまいちピンとくる店がないんですよね。
オススメの店、ご存知の方はご一報を!
ちなみに、Asian Kitchen chanoma は行ったことがあるのでそこ以外で。



---
なんか、ビールが飲みたくなるよなぁ~ という相方に
ドヤ顔でビールを差し出すデキたヨメ。
ちなみに相方、仕事の昼休みのランチですw



  1. 2014/06/21(土) 21:26:15|
  2. 日々のたわごと
  3. | コメント:6

トイレ、できた。

140612_top.jpg
トイレをセルフビルド!






ちょっといろいろバタバタしておりまして、すっかり更新サボっておりました。
レポが遅くなりましたが、相方がコツコツと作っていた我が家のDIYトイレ、
無事完成いたしました~♪
いや~もうほんと、素人でもやれば出来るもんなんですね・・・
仕事から帰った夜にコツコツ、、、休日は山も忘れてコツコツ、、、
相方はそれはもう、日々とても熱中して楽しんでおりました。

配管ももちろん自分でやってますが
電気関係は火事も怖いので、キモの部分だけはプロの方にお願いしました。

珪藻土の壁、半分だけわたしも塗りましたYO!(わたくし唯一の出番)。
トイレ周りはINAXと迷った結果、TOTOをチョイス。
カタログから定番の商品を取り寄せた奇をてらわぬいたってシンプルな造りです。




写真とかあまり撮らなかったのですが、簡単にレポなど。
ではさっそく、before/afterから。
まずはこちらの曲をBGMにどうぞ♪


140612_1.jpg
左がbefore、右がafter。

この写真ではちょっと解りづらいかもですが
まぁそれだけしっくり馴染んでいるということでしょうか。





140612_2.jpg

施工スタート!
まずは壁をぶち抜きます。
壁の向こう側は、写真左手にある部屋の押入れ。
廊下の突き当たりと押入れ部分を繋いでトイレスペースにするという計画です。





140612_3.jpg

解体も結構大変ですねー。
しなっと窓ガラスが磨ガラスにw





140612_4.jpg

わたしはチンプンカンプンなんで、あまり観察とかしてなかったのですが
どうやら設備関係に、やはり時間がかかっていたようですね。
水漏れなんかしたら、嫌よねー(笑)
ちなみに、この真下あたりに1階の既存のトイレがあります。





140612_5.jpg

大工仕事に励んでいた頃だな。
ドア枠が出来て、ちょっとイメージが沸くようになってきました。





140612_6.jpg

電気関係はプロの方にお願いしていますが、なるべく手を煩わさぬよう
出来ることは自分でするべく、天井裏に潜って配線仕事も。





140612_7.jpg

内装に取り掛かり始めました。
まずは天井にPB。
開いている穴は、ダウンライトと換気扇設置位置。





140612_8.jpg

壁も取り付けて、下地塗りなう。
このあと、珪藻土で左官仕事。
わたしは途中から参戦。
最初はやる気なしなしだったのだけど、コツを掴んだら楽しくなってきて
夢中になってしまった。壁塗りって楽しー!もっと塗りたい(笑)





140612_10.jpg

角とか隙間とか、それ専用のコテ(?)みたいなのがあるらしいけど
うちはそんなもん使わず、テキトー。
こんな塗りムラも、我が家じゃ「南仏プロヴァンス」風と呼びます(笑)






壁が乾いたら、便器やら流し台やらを取り付けて・・・






140612_11.jpg






なんてことでしょう♪
(↑しつこいw)





140612_9.jpg

これで、豪雪地・奥越の極寒の冬、たとえ夜中にトイレに行きたくなっても
1階のトイレまで上着を羽織って遥々出かける必要もありません。

TOTOの元祖ウォシュレット(登録商標 日本第1665963号)、
ウォッシュ機能もやっぱりどんどん進化してるんじゃないですか?
お尻に優しいムーブ機能が堪りませんな。うほ。
なにより新しいトイレは気持ちイイ(・∀・)!!
これからは当然、立ちション派の相方も座りション厳守です(爆)



  1. 2014/06/14(土) 01:01:32|
  2. 日々のたわごと
  3. | コメント:18
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。