DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

なめこ 2012

121118_top.jpg
ようやくまとまった収穫がありました♪








今週も、楽しい楽しいナメコ採り。
木曜日に結構まとまった雪が降り、見上げる山々はだいぶ白くなっていたので
いつものキノコのお山がどうなっているのかちょっぴり心配でした。
今日も朝から雨降り。
気温もめっきり低くなり、里山ももうすっかり冬に片足を入れている感じ。
今日はしっかり防寒をして出かけましょう。


121118_1.jpg

雪のあと、お天気の良い日があったので、融けたかな~と思っていた雪も
上部にはまだ、しっかりと残っていました。
靴の選択ミス。今日は長靴で来てしまったので、雪の上では滑ってしまい
歩き辛いことこの上なし。





121118_2.jpg

落葉が進み下草もだいぶ沈んだので、とても見通しが良くなりました。
なめこ採りももう3年目。
遠目で見ても、なめこのなっていそうな木はすぐわかります。
ターゲットの木をロックオンしたら、そこに向かって藪を漕ぐ!





121118_3.jpg

うほほ~~!
まだちょっと小粒かな、、、という感じだけれど
久々の群生にテンションUP。





121118_4.jpg

121118_5.jpg

本来なめこはこうやって、朽ちた倒木にはえるのが正しい姿。
でもこのお山では、あまりこんな風にはえているのは見かけません。







---

今日は結構、良いサイズのものをたくさん見つけたけれど
どうも一昨日の晴れの日あたりに、手強いライバルに根こそぎやられた様子。
残っているのは手の届かない高いところばかり。

なめこの成長具合と、お天気と、ライバルの動向と、、、
いくつものタイミングがうまくかみ合わなければ、大収穫は望めないのです。
労せず出会えた昨年や一昨年が、ただラッキーだけだったのかもしれません。


そうこうしているうちに、幸い雨も上がったので
今日はもうちょっと奥まで進んでみることにします。
GPSで位置を確認しながら、初めての場所へ突入です。






少々険しくなった山道を、徘徊し始めて間もなく・・・






うひょ~~~!






121118_6.jpg

121118_7.jpg

今年もなんとか、こんな群生に出会うことが出来ました!
やはり足で稼がねば、、、ということを実感します。






121118_8.jpg

121118_9.jpg

少々サイズが小さいのが残念ではありますが、
まるまるぷりぷりトゥルトゥルっぷりは二重丸の極上品です!





121118_10.jpg

思いっきり後ろ髪をひかれつつ、小さ過ぎるサイズは残してきましたので
今後もし、誰かに発見されることがあれば、この子たちはその方に託します(笑)


この後もちょろちょろと収穫があり、なんやかんやで結構な量になりました。
家に帰って計ったら、約3kg弱。
背負って行った大きなザックは狸の皮算用に終わったけれど
今日も楽しい山歩きとなりました。

キレイに処理したナメコは、小分けパックで冷凍保存。
これからちょこちょこと、食卓を彩る一品になってくれることでしょう。





121118_11.jpg

まだ幼菌もそれなりに発見しましたが、お山はもうずいぶんと寒くなりました。
お天気次第では、今年は今日が最後になるかもしれません。

きのこ散策もしばらくお休みです。
雪が融けたら、また会いましょう!



  1. 2012/11/18(日) 23:01:03|
  2. きのこ
  3. | コメント:12

ナメコもいいけどチャナメもね!

121111_top.jpg
チャナメツムタケ







このきのこのお山に通い始めて3年。
そもそも一年通してあまり人のいない山道なのですが、それでもこの時期
ごくごく稀に人と出会うこともあります。
ほぼ100%きのこ目当てのその人々は、まぁたいていが熟年カップルか、
軽トラに乗ったじいさんです。
毎日が日曜日の彼らはもはやセミプロみたいなものなので
どうがんばったって勤め人には勝ち目はありません。
でもそんな彼らはいつでも行けるが故に、わざわざ雨降りの日には入りません。
だから雨ばかりのこの時期は、出会う確率もそう高くはないのです。
が、今週はタイミング悪く土曜日に晴れちゃった。
一週間ぶりに晴れ上がった北陸では貴重な青空にきっと誰もが心を躍らせて
いるであろうこんな日に、職場の窓から苦々しい思いで空を見上げるわたし(笑)
根こそぎやられただろうなぁ・・・なめこ。



121111_2.jpg

翌日曜日は朝からどんより。
天気予報では昼ごろから雨とのことなので、早めに家を出ます。
木々はだいぶ落葉が進みましたが、まだ紅葉の名残もあってとてもきれい。





121111_1.jpg

色鮮やかな落ち葉の絨毯。
でも油断は出来ません。もしかしたらどこかにきのこが隠れているかも・・・




121111_3.jpg

倒木にムキタケ発見。
もちろん食べられるきのこですが、今回はスルー。




121111_4.jpg

立ち枯れた木になめこ。
本来、朽ちた倒木に生えるのが普通のなめこが、このあたりではこうして
立ち枯れた木に生えています。
数年前から奥越では木の病気が進んでいて、立ったまま枯れている木が
増えました。
お陰でこうしてなめこがたくさん見つかるようになったのでしょうけれど・・・
ちょっと複雑ではありますね。




121111_5.jpg

なめこのようでもあり、クリタケのようでもあり、、、
でもたぶんこれはニガクリタケ・・・かな?
ニガクリタケは死亡例もある毒キノコ。
少しでも不安があるものには手は出しません。




121111_6.jpg

今日もなめこはイマイチ。
その代り、チャナメツムタケが大爆発してました。

なめこのように傘にヌメリを持つチャナメツムタケは
大型で食べごたえがあって、むしろなめこより美味しいという人もいます。
落ち葉を掻き分けて目をよく凝らすと、面白いように地面からポコポコと
生えていて、気を付けないと踏んづけてしまいそう。





121111_8.jpg

傘の周辺には燐片があり、柄がザラザラとささくれ立っています。
引き抜くと、根元にヒゲ状の根があるのが特徴です。
良く似た毒キノコにカキシメジがあり、同じ場所に生えるので注意が必要。
カキシメジには柄のささくれはなく、ヒゲ状の根っこもないので
引き抜いたら一個一個確認しながら収穫していくほうが良いでしょう。






チャナメツムタケ採取中の動画です。
きのこと落ち葉が同化しちゃってわかり辛いですが、
目を凝らして探してみて下さいね(笑)




チャナメツムタケも成長が早いきのこだそうで
いいタイミングに出会うのはなかなか難しいようです。
ライバルたちは、チャナメツムタケには興味がないのか気付かないのか
このきのこを収穫している様子はありません。




121111_7.jpg

きっと土曜日に、ライバルに根こそぎやられているだろうと覚悟していたのだ
けれど、どうやらそんな感じでもなく・・・
昨年の記録を見ると、チャナメツムタケのピークは11月の上旬だったようだから
やはり今年はお花や紅葉同様に、きのこも1週間から10日ほど遅れているの
かもしれません。
昨年もなめこが多く見られるようになったのは、チャナメが終わったあとだった
ので、まだまだこれからに期待です。



  1. 2012/11/12(月) 22:34:59|
  2. きのこ
  3. | コメント:4

本日も きのパト

121103_top.jpg
紅葉も終盤。







今年最後の土曜日休み。
本当は、登山部で荒島岳のブナ黄葉でも、、、と思っていたのだけれど
生憎の悪天候で残念ながら中止となりました。
そして今朝見た荒島は、なんと山頂付近が真っ白でした!
今年初冠雪になるのかな?
強行しても、お山の上ではのんびりお茶を楽しんでいる場合でもなかった
ことでしょう。

が!
雨と言えば・・・うふふ♪
本当は日曜日に行こうと思っていたきのこパトロールだけど
待ちきれずに、カッパを着込んで急遽本日出動です。



121103_2.jpg

ところが、、、
いつものお山に到着してみると、すでに先客の車が3台も停っていました。
こりゃアカン。
今更入っても、もうライバルに先を越されているに違いない。
仕方がないので今日は、前から気になっていた別のお山に
新規開拓に行ってみることにしました。

思いがけず紅葉が素晴らしかったのですが、今週の悪天候でだいぶ葉っぱは
散ってしまったようです。
ここ2週間の週末は悪天候が続いていたので、今年の奥越低山の紅葉は
土日休みの勤め人にはちょっと残念なお天気のめぐりとなってしまいました。






121103_3.jpg
Special Thanks by bebe

今日のあたま手ぬぐい
つくば きのこ展 限定1/200きのこ手ぬぐい 藍バージョン。





121103_4.jpg

倒木にびっしり・・・



121103_5.jpg

迂闊に持ったら、めっちゃ臭かった!(手に臭いが移ってもた)





いつもと違うお山では、新しいきのこにもそこそこ出会えましたが
なめこのなの字もない感じで・・・
かなり消化不良だったので、帰りにまたいつものお山に寄ってみると
登山口にあったライバルたちの車はすでにいなくなっていました。

根こそぎやられているかもだけど、様子だけでも見ておこうと
とりあえず入山。





121103_6.jpg
左:11月3日  右:10月28日


角度がちょっと違うので判り辛いかもですが、
前回の記事で、TOPに使っていた画像の木を比較してみましょう。
一週間でこれだけ成長するんですね~
・・・ってこれ、ライバルにやられたあとでしたー!
先週大きめだったの、今日はいい感じになってたんでしょうね。
まんまと持っていかれました(涙)





121103_7.jpg

でもでも!
こんな風に、びっしり幼菌抱えた木もいっぱい見つけたので
なめこはこれからが本番です。楽しみ~





121103_8.jpg

クリタケ
まだ小さかったのでスルー。




121103_9.jpg

チャナメツムタケ
昨年見つけた場所で、今年もまたまた大発生。
昨年、初めて見つけたときは、恐る恐る食べたものだけど
今年は自信を持ってお持ち帰り決定。





121103_10.jpg

ということで、、、
今夜の食卓は、収穫したなめことチャナメツムタケを投入した
味噌味ちゃんこ鍋。

どちらもトゥルトゥルネバネバ系なので
ネバトロエキスが滲み出て、トロトロ味噌スープとなりました。





121103_1.jpg


さて来週も、ウィークディは雨マーク一色の超北陸気候。
普通ジモティは、このお天気でこれからの季節はどんどん憂鬱で暗い気分に
なるわけですよ(笑)
いや実際笑い事ではなく、県外(特に太平洋側)から移って来た方の中には
この気候に馴染めず「冬季うつ病」などという病を発症する方もいるとか。

雨でほくそ笑んでるのはここにいるアフォ夫婦だけですがなにか?
今年も11月のエントリーは、きのこ一色になりそうですがごめんあそばせ!




  1. 2012/11/03(土) 22:51:10|
  2. きのこ
  3. | コメント:4

なめこ偵察 2012

121028_top.jpg
まだまだ幼菌でした。







紅葉前線もぼちぼち標高を下げ、地元の里山もだいぶ色付いてきたここ最近。
晴天が次く太平洋側と相反するように、日本海側の天気予報に雨マークが
並ぶようになると、奥越ではついにナメコの季節到来です!
度重なる冷たい雨は干からびていたお山に潤いをもたせ、眠っていたナメコたち
の目覚めを促します。

2週間前、偵察に出かけた相方の報告によると
山は乾いていて、まだまだ先になりそうだとのことでした。
今年はお花も紅葉もそうですが、きのこも幾分遅れているようです。


121028_1.jpg

あれから何度か雨も降ったので、そろそろ幼菌の様子も気になります。
まぁまだ収穫はあまり期待出来ませんが、地道な捜索で木にあたりを
付けて、成長を見守るのもなかなか楽しいものです。

今日は朝から、かなり本格的な雨降りだったのだけど
きのこのためなら、カッパ山行もなんのその(笑)





121028_2.jpg

顔を出すタイミングを間違ってしまったナメコ (/・_・\)
こんな風に干からびてしまったものは、カビ臭くて食べられたもんじゃ
ないんです。残念。




121028_4.jpg

121028_3.jpg

これらも残念ながらダメ。
でも次の幼菌が確認出来たので、次回の収穫のために
傷んだ分を削ぎ落として木をお掃除しておきましょうか。

やはり今回は、持ち帰られるナメコには出会えず。
でも、あと1~2週間もすれば、今回見つけた幼菌が成長し
食べごろサイズとなってくれていることでしょう。
あとは、冷たい雨が続くことを祈るのみ。
晴れろだの降れだの、
わたしもいい加減ワガママだけど(笑)






そして今日は、すごいキノコに出会っちゃった。
キヌガサタケ キタ━(゚∀゚)━!

121028_5.jpg

121028_6.jpg

残念ながら冷たくそぼ降る雨に濡れ、すっかり朽ちかけていたので
女王の如く広げる優雅なマント姿を拝むことは出来なかったけれど
このレースのマントを見られただけでも今日は充分満足です。
2週間前には相方が、同じく朽ちかけていたようだけど
この近くでスッポンタケを見ています。
奥越にも出るのねー・・・

ちなみにこのキヌガサタケ、成長のスピードが早いことで有名です。
タマゴが地表に顔を出してから、最終的にマントが完成するまでは
たったの3~4時間。

※「きのこ雑記」というサイト内で紹介されているキヌガサタケの成長記録

一番美しい姿に出会うのは、本当に貴重なことなのですね。






相方の本日のあたま手ぬぐい

121028_7.jpg

きのこダチbebeさんより贈られた
国立科学博物館 筑波実験博物園にて開催された「きのこ展」で
販売された、限定1/200きのこ手ぬぐい。 うほ!



  1. 2012/10/28(日) 19:17:19|
  2. きのこ
  3. | コメント:14

夏休みの過ごし方 我が家の場合

120815_top.jpg
同定出来ず・・・(^^;








我が家のお盆休みは3日間。
どこに行っても混んでいるであろうめっきりオーバーユースの山々は
登山口駐車場の確保やテン場の混雑を考えるだけで気分が萎える。
山岳天気予報はどの山域もパッとしない感じだし、
今年のお盆はやめておこうということになりました。

敦賀のほうにでも足を伸ばして、ボートでも借りて日がな一日
釣り糸でも垂らすか、、、という案も
キノコの先生からせっかくお誘いを受けていたキノコ合宿キャンプも
まぁいかんせんお天気が悪すぎました。




120815_1.jpg

かと言って、ずっと悪天なのかというとそうでもなくて
青空も覗いていたりもするわけです。
目まぐるしく変わる不安定なお天気に翻弄されつつも
そんなお天気の合間を縫って、この蒸し暑い中我が家は毎朝
里山を徘徊しておりました。






120815_2.jpg

それにしても、夏のキノコは惨敗でした。
あそこで見た、ここにあった、という話はいろいろ聞くのに
どうしてわたしたちは会えないのでしょうか・・・(;_;






120815_3.jpg

ときには、山を降りてから海まで足を伸ばして竿を出してみたり
汗だくだくで帰ってシャワーしたあとエアコンの効いた部屋で昼寝を
楽しんでみたり。
毎朝早起きをして、山の中で遊び、ガッツリ汗をかき、昼寝して、、、
なんかもう、田舎の子供の夏休みまんま(笑)

達成感を感じるような稜線歩きは出来なかったけれど
こんな夏休みもしみじみいいもんです。




  1. 2012/08/18(土) 15:53:00|
  2. きのこ
  3. | コメント:2
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。