DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

三ノ峰から別山  後編

140615_18.jpg
別山に咲く、ハクサンイチゲ





前編




三ノ峰の山頂で、遥か遠くの別山を眺めながらしばし思案。
別山へは、わたしの足なら「ここから往復4時間」と相方は言う。
うへ~ そりゃさすがに体力気力的に無理だな。
でも実は、この山を選んだ時点であわよくばと思っていたのは
別山は無理としても手前の別山平で、ハクサンイチゲを見たいということ。
別山平はその名の通りなだらかに広がる平原で、
雪解けの頃のハクサンイチゲはもちろんのこと
もう少しするとニッコウキスゲが咲き乱れることでも有名なのです。




140615_13.jpg
三ノ峰から別山(標高2,399 m)を望む。

現在10:50。
帰路の時間を逆算し、12時をリミットにして
行けるところまで行ってみようと、気合を入れなおします。

遥か彼方のようでもあり、歩いちゃいえば意外と近そうでもあり。
別山山頂手前、雪渓が多く残るなだらかな丘が別山平。
よし、まずはあそこが目標だ!





140615_14.jpg

まずは一旦、ぐーーーーんと標高を下げます。
帰りの登り返しを想うと、涙が出そうです。

緩やかなアップダウンを繰り返しながら尾根道を進むと
思いのほかあっけなく別山平に到着してしまいました。
すると、、、前方から来るのは、山スキー界のレジェンド・YAMAさん
アルキタガール((c)相方)のみっちゃんコンビではないですか♪
いつも相方がお世話になっております~

記念にみっちゃんポーズで写真を撮っていただき、お花情報を入手。





140615_15.jpg
ハクサンコザクラ

いや~、、、びっくり!
この時期に、ハクサンコザクラに会えるとは思ってもいなかったです(>_<)

時期が来れば、白山ではたーーーっくさん見られるハクサンコザクラですが
初物はやっぱり嬉しいものですね。
今日はこの子たちが見られただけでも、ここまで足を伸ばした甲斐があったかな。






140615_16.jpg
御手洗池で沐浴する(え?)相方

せっかくだから池も見て行こうと更に先へ。
池周辺も、お花にはまだちょっと早かったよう。
通りかかった別山から下山中の方々に、ハクサンイチゲ情報を尋ねると
もう少し行くと、いっぱい咲いてますよ、とのこと。
うーーん、、、もうちょっと行ってみるか。






140615_17.jpg

気付けば花に釣られて、だいぶ上まで来てしまったのでした。
相方:「ここまで来ちゃったら、うつらうつらしてるうちに着いちゃうよ」(笑)






140615_20.jpg
二礼二拍手一礼(-人-)

12:10
はい。
というわけで来ちゃいました。





140615_21.jpg
別山山頂から望む白山

いつも白山から眺めていた別山に、今こうして立っているということが
なんとなく不思議な感じ。
今度はあっち(チブリ尾根)から、また来よう。





140615_19.jpg

いつの間にか、空は嫌な色の雲で覆われてしまいました。
降られる前に、とっとと下山開始。



懸案事項だった三ノ峰の登り返しを、あっけなくクリア。
登り返しがあまりに調子が良かったので、
「ブランクなんてさぁ、あんまカンケーないもんだねー♪」
と、調子に乗るわたしに相方がひとこと・・・


「家に帰るまでが遠足です」




140615_22.jpg
13:30 三ノ峰避難小屋

まさかその言葉を、しみじみ実感することになろうとは。
三ノ峰避難小屋からの下りの、まぁ長いこと長いこと。
最後は膝が痛くてヘロヘロでした。ほんとに長くて辛かった!
ブランクというのは、筋力の低下に大きく影響するもので、
その衰えは、下りでこそ実感するものなのですねぇ~





15:35 登山口無事到着

標高差1500m。
歩行距離17km。
相方曰く「福井で一番過酷なコース(当社比)」だそうで。
なんだかリハビリハイクのつもりが、本格的登山になってしまいました。
おかげで木曜日まで筋肉痛w
お天気はちょっと残念だったけど、涼しかったおかげで
過酷な登りには助かりました。


でもこれで、ようやく長い冬眠から目覚めた感じ。
また今年も歩きまっせー!





---
おまけ

140615_23.jpg

相変わらず休業中の今現在の鳩ヶ湯。
本当にもう、復活はないのだろうか・・・



スポンサーサイト
  1. 2014/06/20(金) 22:19:30|
  2. お山
  3. | コメント:10
<<求む!ローカル情報。 | ホーム | 三ノ峰から別山  前編>>

コメント

10時頃までは快晴だったのにねえ...
立派なカメラ、すごい(^^ゝ

三ノ峰から別山の往復4時間!
相方さんは行きたくなかったのかも?(笑)
またアルキタガールが1人、増えたかな?

三ノ峰から下りは、私には拷問でした(涙)
下りが長~い、花の釈迦新道、行きましょう♪
  1. 2014/06/21(土) 07:34:22 |
  2. URL |
  3. YAMA #iuSYaX1c
  4. [ 編集]

今年の白山詣はテント担いでこのコースと思ってるんですが
そうですか やっぱ膝 きますか
私どうも段差のないフラット下りが駄目なんですよね

そんで 虫!
以前 比良でアブやら何やらにまとわりつかれて
私も発狂寸前に
でも何とか持ちこたえました 土俵際で
ハッキョーイ ノコッタ・・・

今夏 プロジェクト船窪 是非つないでくださいね

で鳩ヶ湯
ですから ね?
  1. 2014/06/21(土) 10:26:46 |
  2. URL |
  3. SKYDOG #jYsgXq72
  4. [ 編集]

残雪の具合がいい景色ですね。別山で見たヤマネとか、いろいろ懐かしいです、三ノ峰。

ゲロゲロきつかった印象が強いので、今では一人で登ろうとはなかなか思わない山ではありますがw。

白山、かなり久しく登ってないので今年こそ行かねば!
  1. 2014/06/21(土) 20:17:03 |
  2. URL |
  3. ryo #PQqEdqgI
  4. [ 編集]

>YAMAさん

天気、三ノ峰までは良かったんですけどねぇ。
やっぱり、山は早起きしろってことでしょうね(苦笑)

> 相方さんは行きたくなかったのかも?(笑)

三ノ峰までの登りで、わたしがすでに相当ヘタれてると思ったのでしょう。
スイッチが入れば、わたしだって少しはがんばるんです。
でも、みっちゃんみたいな最強アルキタガールには一生なれませんが。

三ノ峰からの下り、ほんとに長いですね~
とくに、六本檜から山越さんちまでは、意識までもが朦朧としてましたw
釈迦新道!超行きたいですが・・・
下り15kmでしたっけ? ひ、膝がもたないと思ひますぅ~
  1. 2014/06/21(土) 21:28:36 |
  2. URL |
  3. mie #YjQ.5aTo
  4. [ 編集]

>SKYDOGさん

> 私どうも段差のないフラット下りが駄目

そういう下りではない、かも。
むしろ急坂。後半階段アリ。
しかも、なんか滑るんですよ、土質が。
雨の翌日だったからかもだけど。

虫はほんとに多いことで有名みたいですよ、このルート。
息上がって口開けてたんで、何匹も口に入りました。ってか何匹か食った。ひー。
幸い、アブとかブトみたいに刺す虫ではなかったみたいですけど。

> プロジェクト船窪 是非つないでくださいね

行きたいですけどねー。
他にも行きたいとこいっぱいあって、困っちゃいますね。

鳩ヶ湯に関しては、気になる情報が無きにしも非ず。
わたしの希望的観測なのかもですが・・・。
  1. 2014/06/21(土) 21:38:16 |
  2. URL |
  3. mie #YjQ.5aTo
  4. [ 編集]

>ryoくん

あはは、、、実はヤマネの話、してたのよ。あのお社でね。
わたしにとっても、違った意味で思い出深いあの日の三ノ峰です。
登ってないけどね(笑)

> 白山、かなり久しく登ってないので今年こそ行かねば!

みんなでさー、南竜でまったりテン泊しようよ!
  1. 2014/06/21(土) 21:47:17 |
  2. URL |
  3. mie #YjQ.5aTo
  4. [ 編集]

有言実行
7月12、13日に上小池から南竜まで往復しました
台風一過、2日間まずまずの梅雨の晴れ間が広がるっていうから
夏休みでテン場が混む前にと思ってね

初日は良かったですよ そりゃ
でも帰り ひぃこら言いながら油坂ノ頭まで登ったころから
天候急変 雨混じりの爆風がずっと稜線を吹き荒れました(泣
時には瞬間で20m/sくらいはあったと思います
やせ尾根側(東)からの風だったから恐怖感はまだしも
何回も吹き飛ばされそうになりました
何が曇り時々晴れ予報や、責任者出てこんかい!(って自分か)

足元はズルズルだし、横殴りの雨だし
ローカットのシューズは水浸しだし
最後 六本檜からはヘロヘロでした

本当は二日目 御前峰やっつけてから帰ろうと思ってたんですが
別山から南竜まで何回もアップダウンがあって初日にすでに心折れ
こりゃ 帰り 膝が持たんかもと山頂はスルーしましたよ
ヘタレけっこう 二度とテント担いでこのコースを歩く事は無いと思います(笑
だって 最近みんなULスタイルで足取り軽いんだもの
鬼のようなザック背負って歩くワンゲルな若者よ 来たれ!!

でも いいトレーニングになりました
花もたくさん見たし(ってササユリくらいしか分からず)
何より一番うれしかったのは膝が痛まなかったこと(驚
途中一緒になった67歳のおばちゃんによると
皇○で膝痛が一発で治ったとか 若大将恐るべし です

  1. 2014/07/15(火) 20:38:43 |
  2. URL |
  3. SKYDOG #d1FbXeQI
  4. [ 編集]

>SKYDOGさん

そりゃあ完全に天候のヨミをしくじりましたね。
とにかく無事のご帰還なによりでした。
うちも高いところ予定していたのだけど、日曜の稜線は相当荒れそうだ
ってんで早々に中止となりました。
下界の予報はそれほど悪くなかったんで、俄かに信じ難い感じだったのだけど
結果、うちのCLは良い判断したな、と(笑)

それにしてもテン泊装備で別山越えって、すごい。

> 最近みんなULスタイルで足取り軽いんだもの

わたしは今まさに、気分はそっち方向にシフトしてます。
もうほんと、重いの背負うと一気にガクッと体力持ってかれちゃうんですよ。
冬の赤岳敗退然り、重太郎新道からの奥穂然り。
ジャンを歩けたのは、小屋泊装備で荷物を切り詰めたお陰だったと思ってます。

この春、普通は一泊で歩くようなところを日帰りチャレンジしようと思ってたんです。
ULならなんとかなりそうな気がしたんで。悪天候で中止になっちゃったけど。
テン泊ったって、わたしがテント持つわけじゃないんだけど(爆)

そのうちチブリで別山にチャレンジしようと思ってます。もちろん日帰りでw
SKYDOGさんもぜひどうですか?
  1. 2014/07/16(水) 12:51:19 |
  2. URL |
  3. mie #YjQ.5aTo
  4. [ 編集]

どうもこんばんは。久々のコメント失礼します。

私もmieさんの記事に触発されて、挑戦してきました。別山。
実は2回目の挑戦で、1回目は時間切れ&クマ情報で撤退、というか別山への登り返しを見て心折れましたw
で、今回気合を入れなおして2回目。やっとこさ別山にたどり着きました。
こんなロングコースを日帰りで歩いたのはたぶん初めて。なにゆえ、ゆるふわ山のぼらーですからw
別山平のニッコウキスゲに期待していましたが、今年はどうやら裏作のようで…たいしたことはありませんでした。
三ノ峰避難小屋ちょい手前のお花畑の方が全然よかったです。
ココが福井県なんて信じられないぐらいきれいな(当社比w)お花畑でした。

次はチブリ尾根日帰りですか~~
しんどいとか心が折れるとかマイナスイメージが強くて私も未踏ですが、挑戦してみたくなりました。
  1. 2014/07/26(土) 21:53:14 |
  2. URL |
  3. 福井の某ゆるふわ山のぼらー #-
  4. [ 編集]

>福井の某ゆるふわ山のぼらーさん

お久しぶりです~

行かれましたか!別山。
三ノ峰から別山の往復はともかくとして、三ノ峰から登山口までの下りが長くなかったですか~?
わたしはこれまで、比較的下りは得意な方だと思っていたのですが
最近のロングを歩いたあとの下りのヘタれっぷりと言ったら、情けないものがあります(涙)

> 今年はどうやら裏作のようで…

昨年爆発したコバイケイソウも少ないと聞きますし
今年は総じて、花が不作のような情報もありますね。
あらでもなぜかしら・・・たいしたことなかったと聞くと
ちょっとホッとしてしまうわたしがいます。
だって、見られなかったの悔しいんだもの!(笑)

> 私も未踏ですが、挑戦してみたくなりました

さすがのゆるふわ派も、とうとう一歩踏み出してしまいましたか!?w

実は昨日土曜、チブリ別山を予定していたのですが
午後の天気予報が芳しくなく、諦めました。
長丁場になるに決まってるのに、午後から雷雨にでもなったら・・・
と思うと、イマイチ気合が入りませんでした。所詮ヘタれ。
でも今年中にはやりたいです。
ゆるふわさんも一緒にがんばりましょう!
  1. 2014/07/27(日) 14:35:57 |
  2. URL |
  3. mie #YjQ.5aTo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。