DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

山初め@日光澤温泉 前編

140102_4.jpg
奥鬼怒温泉郷 日光澤温泉








東京の人ならたぶん、行ったことのない人はいないであろう日光。
かくいうわたしも、学校で、家族で、友達で、、、と、
何かと思い出のある日光です。
ここ日光澤温泉は、その日光からさらに奥、奥鬼怒温泉郷にある
奥鬼怒4湯(八丁の湯・加仁湯・日光澤・手白沢)の中のひとつです。
日光国立公園内に位置し、マイカー規制がしかれているため
最終駐車場の女夫淵からは、徒歩でしか辿り着けない秘湯です。

北陸で暮らすようになった今、立山・北アが身近になったのと引き換えに
八ヶ岳や関東近郊の山々は、すっかり遠いお山となってしまいました。
とくにこうした北関東の山などは、帰省絡みでもない限り、なかなか歩ける
こともない貴重な機会。
関東に暮らす悪友山友・いつものbebeさんご夫妻にガイドをお願いすると、
快くお付き合い頂けることになりました。
というわけで、、、
2014年の山初めは、わたしの山の大好き三拍子「森と、山小屋と、温泉と」。
おまけにわんこ!のスペシャル山行となりました♪





140102_1.jpg

2014年1月2日

モッフモフの雪を期待して、スノーシューを準備していたのだけれど
事前の情報によると、どうやらまだ雪は少なめのよう。
それでも前日いくらかの降雪があったようで、森の中は、ふわっと軽い雪が乗り
一面の銀世界。トレースばっちり凍結なしで、歩くには良いコンディション。
時折強い風を伴った雪が降る、お天気はイマイチだったけど
そんな天候もむしろ、雪山の温泉気分を盛り上げてくれるようにさえ思えます。

登山口から宿までの標高差は200Mほど。
それでも登りでは汗をかきかき、変化に富んだスノートレッキングが楽しめます。





140102_2.jpg

途中、ランチ休憩を挟みつつ、2時間ちょっとで「八丁の湯」を通過。
こちらもなかなかな風情ではありますが、味のあるのはこの本館棟だけのよう。
離れて建ち並ぶ客室は、イマドキなログハウスなのでした。





140102_3.jpg

次にかの有名な「加仁湯」通過。
八丁の湯も加仁湯も、宿泊者には送迎があり、誰でも来ることが出来ます。
佇まいには惹かれることはありませんが、お湯は相当評判が良いようなので
機会があったら、泊まってみるのもまた一考かもしれません。



加仁湯を過ぎれば本日の目的地はもうすぐです。


140102_24.jpg

女夫淵より3時間弱(無積雪期は2時間程度)。
こちらが今回のお宿、「日光澤温泉」でゴザイマス♪





140102_5.jpg

ひゃ~~~!
やっぱコレよね・・・鄙びた風情が最高に良い雰囲気。





140102_6.jpg

残念!
チャンわらサン、本日の営業は終了してしまったようです(笑)





140102_7.jpg

案内して頂いたお部屋もコレだもの!・・・たまりませんよねぇ。

電気は通っていますので、コタツとヒーター完備で
お部屋はとても暖かです。
山小屋に慣れてしまった今となっては、恐縮してしまうくらいの設備。
贅沢な温泉宿しかしらない方には、この魅力はわからないかもしれませんが・・・





140102_8.jpg

明るいうちに、お風呂を覗きに行ってみますよ。
男女入れ替えの内湯はふたつ。
露天風呂は原則混浴ですが、夜、女性専用タイムが設けられています。

コタツに座り込んだらお尻に根っこが生えてしまい
夕食前だというのに持参したお酒とおつまみですでに宴会開始(笑)
お風呂はのちほど、ゆっくり入ることにしましょうか。





140102_10.jpg

食事は基本的に食堂のお膳で頂きます。
決して贅沢ではありませんが、心のこもった仕事です。

三斗小屋温泉の大黒屋さんの食事もそうですが、わたしにとっては
こんなお膳が何より。
大食漢ではないので、温泉宿にありがちな、テーブルに溢れんばかりに
並ぶ料理が、むしろ苦手なのです。






140102_11.jpg

夕食をキレイに平らげたあとは、囲炉裏のある談話室に移動して
サービスで備え付けられているコーヒーを頂きます。
こんな仄かな炭火でも、じんわりと、とても暖かいものなのですね・・・

露天風呂が女性専用タイムとなる頃合を見計らい、お楽しみのお風呂へ。
すでに外は真っ暗で、写真は撮れなかったので
レポは翌朝にしましょうか。





140102_13.jpg

薪ストーブのあるもうひとつの談話室。
贅沢にくべられた薪で、誰もいない部屋は暑いくらい。





140102_12.jpg

お風呂で体がポカポカになったので、湯冷ましついでに外に出てみます。
雪は止み、星空が広がっていました。
明日は良い天気になるかしら・・・?

さぁ、お部屋に戻ったら
コタツを囲んで宴会第二部、とまいりましょうか!




後編につづく。


スポンサーサイト
  1. 2014/01/06(月) 21:28:38|
  2. お山
  3. | コメント:4
<<山初め@日光澤温泉 後編 | ホーム | あけましておめでとうございます。>>

コメント

懐かしいです。
もう、30年も前のこと。職場の同僚と辿った山道。
ひなびた、それでいて趣のある風情や佇まいも、
ちっとも変わっていませんね。
正月から風邪をひいてしまい、少し大人しくしてい
ます。

今年はひょっとしてお世話になるかも(笑)
宜しくお願いします。
  1. 2014/01/07(火) 16:23:34 |
  2. URL |
  3. 翼 #ZGMDThxQ
  4. [ 編集]

みえちゃん 今年も宜しくお付き合いください。
って、栃木ねぇ 日光沢の露天風呂には、
私の大切な方がつくったタイルが敷かれているはずですの。
まだ残っていれば。 いつか行きたいと思いつつ・・・行けないままです。
よい冬休みで、よござんした!
私もちゃんと、大野に帰りましてよ。 一泊だけど。
  1. 2014/01/07(火) 20:24:42 |
  2. URL |
  3. ゆゆさん #-
  4. [ 編集]

>翼さん

翼さんはやはり、訪問済みでしたか。
八丁の湯も加仁湯も、昔とはだいぶ違ってしまったらしいですが
きっとこの日光澤は、あまり変わらぬままなのでしょうね。
通年営業の山の温泉小屋、貴重な存在ですよね。

> 今年はひょっとしてお世話になるかも(笑)

こちら北陸の山々は、春はずいぶんと遅れてやってきますが
冬来りなば春遠からじ・・・昔の人はステキな表現をしたものです。
はいもちろん、おいで下さるのを楽しみにお待ちしておりますよ。
  1. 2014/01/08(水) 22:43:22 |
  2. URL |
  3. mie #YjQ.5aTo
  4. [ 編集]

>ゆゆさん

ゆゆさんはお忘れかもしれませんが
ずいぶん前に、ゆゆさんにこの日光澤のことを教えてもらってから
ずっとずっと、行ってみたいなと思っていたのです。

というわけで、、、タイル、素敵でしたよ!
上手に写真に撮れなくて申し訳ないのだけれど
ご自分の目で、確かめて来て下さい。
夏ならのんびり歩いても、2時間くらいで行けると思います。
標高差もあまりなから大丈夫。

> 私もちゃんと、大野に帰りましてよ。

もしかしして、一人で?
エライわ~~ ヨメ稼業、ご苦労さまですm(_ _)m
  1. 2014/01/08(水) 22:50:51 |
  2. URL |
  3. mie #YjQ.5aTo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。