DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最高の冬山シーズンイン

131124_top.jpg
雄山山頂に向け登攀中!(※若干やらせw)






ちょいと仕事が忙しく、レポが遅くなりました。
笑味期限切れ気味ですが、記録は残さねば。

ということで、、、
昨年に引き続き、今年も行ってまいりましたよ冬期CLOSE前の立山へ!
今回も、アルペンルート・オフィシャルページのライブカメラを覗いては、
数日前から一喜一憂。
だけどやっぱり御天道様は、今年はツイてるアタシの味方。
天気予報を信じ、遠方より友を呼び寄せみんなで賑やかに歩いてきました。


131124_1.jpg

朝7時、立山駅で集合したのは・・・
昨年は準備不足につき断念、今回、満を持しての参戦となった
いつものbebe家と、
金曜の夜、いきなりのゲリラ勧誘にも関わらず「行くっ!」と即決しちゃう
フットワーク最軽量の矢車家

わたしは土曜が仕事で日帰り参戦となりましたが
遠方より遥々やってくる彼らは、富山前泊で北陸の海の幸も満喫するという
プチ贅沢ツアーだったのです。羨ましす。
だけどこちらとしても遠路遥々呼んじゃった手前、北陸の旅そのものを楽しんで
頂けたのならそれが何よりでございます。





131124_2.jpg

駅で早めに並んだ甲斐もあり、朝一番のケーブルカーで室堂へ。
ところが・・・
着いてみるとそこは、なんとガッスガスの真っ白な世界。
山々はもちろん、何も見えないホワイトアウト状態で方向感覚が掴めず、
序盤で痛恨のルートロス。





131124_3.jpg

本日のデカザック(約10kg)。
念の為、アバランチギアも持参しております。




131124_4.jpg

ほどなくGPSで軌道修正出来ましたが、ルートから外れた束の間、
ひざ下ラッセルを強いられ、体力を吸い取られていく40'sたち(爆)
でも確かにちょっと遠回りにはなったけど、この時期にこんなフカフカの
雪と戯れられることが、わたしはなにげにちょっと楽しかったり。

歩き辛い雪で体力消耗するうえ景色は真っ白で何も見えず・・・
これではみんなのテンションが下がるのも無理はありませんが
わたしは密かに確信していたのです、、、
これは間違いなく北陸特有の空。これから絶対晴れてくるはずだって。





131124_5.jpg

ガマンの歩きをしばらく続け、一ノ越山荘が見えてきたころ・・・
さーっと流れたガスの間から、雄山の山頂神社が姿を現しました。
ついに青空がーっ!

ほらね?だから言ったじゃない。





131124_6.jpg

石垣の陰で風を避けながら、手早く登頂のための準備を整えます。
ストックをピッケルに持ち替え、バラクラバ装着。
温かい飲み物と行動食を頬張って、あらためて気合を入れる。





131124_7.jpg

ちょっと風が強いけれど、こんな景色を見ちゃうと頑張りたくなるでしょう。
とにかく行けるところまで行ってみよう。





131124_8.jpg

さっきまでのガスが嘘のように晴れ、みるみるうちに青空が広がってきました。
これこれ!この景色をみんなに見せたかったのよ。
サクサクの雪はアイゼンとピッケルがバッチリ効いて、これならとくに危ない
こともないでしょう。





131124_21.jpg

調子に乗って、登らなくてもいいところを攀じ登る相方。
(※脇に、安全な普通のルートがあります)





131124_9.jpg

131124_22.jpg

息を呑む素晴らしい景色。
こんなタイミングで今日ここに来ることが出来た喜びを噛み締めます。
そして内心、ホッとするホストのわたしたち(笑)





131124_10.jpg

雄山神社社務所をスルーして、雄山山頂(峰本社神殿)に全員無事登頂!
不思議なことに、それまで吹き荒れていた風がピタリと止んで
山頂に到着するとそこはほぼ無風状態。





131124_11.jpg

居合わせた方にシャッターを押していただき記念撮影♪
いや~、、、ほんと、最高の仲間たちです。





131124_12.jpg

そして、恒例となった山頂修行。 (バチが当たりませんように -人-)
まずはクンバカで心を鎮め・・・





131124_13.jpg

集中を一気に高め、空中浮揚。
(※修行のため、10kgのザックを背負ったまま飛んでいます)

ちなみに、本家のエビ反りジャンプはこちらで。





131124_14.jpg
雲海を背に、神々しいまでの剱岳。

わたしたちだけで独占する山頂。
ポカポカ日和の下、のんびりランチでもしたいところですが
下山のバスの時間も気になるところ。
何より、関東チームはこれからまだまだ長旅が待っているわけで
名残惜しいけれどそろそろ下山にとりかかりましょうか。




131124_16.jpg

素晴らしい景色を目に焼き付けて。




131124_15.jpg

尻セード?(笑)




131124_17.jpg

日も傾き始め・・・




131124_18.jpg

スキーヤーが去り、広大な自然の中にはわたしたちだけ。




131124_19.jpg

全員無事、室堂に帰還。




131124_20.jpg

皆さんすでにご存知のように、この前日、立山では雪崩事故が発生し
巻き込まれた7名の方が亡くなられました。
基本的にスキーヤーと登山者は行動するルートが違い、
室堂から雄山までの間は、雪崩の危険は少ないとされていることから
わたしたちは予定通り登山を決行することにしました。

相方は山スキーもやりますし、雪崩に対する知識・備えには常に意識を
高く持つことを心がけていると思います。
とはいえ相手は自然。
人が考える以上に自然は厳しく、安全に100%は有り得ない。
今回の事故を他人事とはせず、あらためて自戒の念としたいと思います。




---
ちょっぴり無茶かと思うような誘いにも、楽しんで付き合ってくれる
最高の仲間たちにただただ感謝。
打てば響く付き合いが出来る友がいるって、幸せだな。

本日、福井奥越地方に初雪。
とにもかくにも、冬山シーズンイン!



スポンサーサイト
  1. 2013/11/28(木) 23:50:15|
  2. お山
  3. | コメント:10
<<なめこ2013 | ホーム | タコパ>>

コメント

やはりここに行ってらっしゃいましたか^^v 23日からと計画していたですが宿泊先すべてアウトで、テントするだけのエネルギーもないシニア族だったので、別の山に変更してました。
来年のオープンにまた~~~♪ 下山後いらぬ物欲にボーナス使いそう^^;
  1. 2013/11/29(金) 06:39:15 |
  2. URL |
  3. 桜 #N6kp4qTg
  4. [ 編集]

矢車草さんのところでも書きましたけど、山並みの
カットがなんて神々しいんでしょうね。たぶん、その
場に居合わせてたらシビレちゃうね、きっと。
最後から2番目のカット、これはマッキンリー、はた
またヒマラヤ登山隊?それほどカッコいい。素晴ら
しいデス!
  1. 2013/11/29(金) 13:02:18 |
  2. URL |
  3. 翼 #ZGMDThxQ
  4. [ 編集]

>桜さん

毎年のことですが、11・12月は休みがないので
お泊りでの山には出かけられないのが悲しいところ。

桜さんは燕でしたかー。
星、どうでした?
立山はきくところによると、ガスでダメだったようなので
変更して正解だったのでは?
立山は、残雪期のOPEN時より、CLOSE前のこの時期の方が
断然キレイかと思います。来年は桜さんもぜひ!
  1. 2013/11/29(金) 21:45:06 |
  2. URL |
  3. mie #YjQ.5aTo
  4. [ 編集]

>翼さん

立山の山容はまた、当然ですが北アや八ツとは違う魅力がありますね。
霊峰の名に相応しい神々しさです。
北陸は今の時期、青空に恵まれること自体が珍しいのですが
去年も今年も、見事に週末に晴れのタイミングが重なりました。
遥々やってくる関東組に、見せてあげられて本当に良かった(笑)

> マッキンリー、はたまたヒマラヤ登山隊?

イモトもタジタジの即席登山隊ですけどね(笑)
  1. 2013/11/29(金) 21:55:51 |
  2. URL |
  3. mie #YjQ.5aTo
  4. [ 編集]

アイソン彗星も狙えるかとルンルンで行ったんですけどね
まず日没時、寝てしまっているってアホデス
で。。。星撮影はと21時ごろまで頑張るつもりが寒さに負けました
でも0時ごろ外見たら真っ白で1番の朝食時間5:45も真っ白
あきらめて下山準備していたらいきなり富士山見える~~と騒ぎ始め
慌てふためいてアタフタと・・・・来年もういっぺん行けたらなぁ~と
しかし立山の白さも格別ですね(一の越まではつらい~~~)
  1. 2013/11/29(金) 22:43:32 |
  2. URL |
  3. 桜 #N6kp4qTg
  4. [ 編集]

ぶちょおが冬山にも行くと知ってから、雪崩のニュースを見るとぶちょおじゃないかなって勝手にちょっとドキドキしながら確認していましたが・・立山に行かれてたのですね!!
でもやはり景色素晴らしい・・

厳しい修行を拝見してひとりで笑ってしまいましたよー!!(無礼者?)さすが、あの手縫いをチョイスされる旦那さま☆
  1. 2013/12/01(日) 22:01:59 |
  2. URL |
  3. mio #-
  4. [ 編集]

>桜さん

夜はダメだったようですけど、日中は土・日ともかなりいいお天気で
山日和でしたもんねー。
あれ以来こちらは雨続きだし、桜さんはジメジメッとしてるんじゃ?(笑)

立山のあの神々しさはほんと、一見の価値がありますね。
関東から友人たちをわざわざ呼び寄せてしまったので
あの景色を見せてあげられてホント良かったです!
  1. 2013/12/02(月) 12:41:07 |
  2. URL |
  3. mie #YjQ.5aTo
  4. [ 編集]

>mioりん

いつもご心配おかけしておりまーす!(笑)
立山、夏は夏でとてもいいので、今度登山部で行きましょう。

> 厳しい修行を拝見して

ご存知だったかしら?
うちの相方は、山登り真理教の教団幹部なのです。
日々、山ではこうして厳しい修行に励んでおります。
ぜひ、あなたも入信してみませんか?(爆)
  1. 2013/12/02(月) 12:47:18 |
  2. URL |
  3. mie #YjQ.5aTo
  4. [ 編集]

いやー すっかり遅くなってしまいましたが
素晴らしい!!!
4D?で楽しませてもらいました(笑

立山はホント写真映えしますよね
俯瞰が利くのがポイントかな
それに剱、後立、槍・穂、白山、場合によっては富士も見えるとあっては
枚数も増えるっちゅうもんです

私は剱はもちろんですが 後ろから3枚目
雪庇がどんどん成長している大日の山々にシビレてます
この春は あの縁を怖々歩いたんだなーと
それと 相方さんのブログのフロントのショットもいいですね

ところで雪崩事故
今年春の残雪期に撮った写真を見ていたら 同じ所の雪が少ないのに気付きました
最初は雪庇のせいかなと思ったのですが 事故後の写真と比べると
雪崩で切れた断面と似ています
危険地帯だったのかもしれません

二度と起こらないよう祈りたいですね

  1. 2013/12/14(土) 19:24:26 |
  2. URL |
  3. SKYDOG #jYsgXq72
  4. [ 編集]

>SKYDOGさん

いや実はね、、、もしかしたら、SKYDOGさん来てるんじゃないか?
なんて密かに思ってたんですよね(笑)、あの日。

立山は、残雪期にも歩いたことありますが
同じ積雪期でも断然シーズン始めのこの時期の方がイイですね。
同じ青と白でも美しさが違います。

> この春は あの縁を怖々歩いたんだなーと

来年は、ご自分の目で確かめに行かれてみてはいかがでしょう?
季節を変えて、こんな風に楽しませてもらえる立山という山。
こんな山が同じ北陸にあるということが、誇りに思えますね。

> 危険地帯だったのかもしれません

その後の、雪崩ネットワークの破断面の検証なんかを見ると
とても判断の難しい状況だったとも聞きます。
紙一重なんですよね。心したいと思います。
  1. 2013/12/15(日) 14:13:43 |
  2. URL |
  3. mie #YjQ.5aTo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。