DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

赤兎山は冬支度

121104_top.jpg
2012年11月4日  赤兎はもう、冬へと向かっておりました。







土曜日とはうってかわって朝から素晴らしいお天気。
朝は寝坊を楽しんで、ブランチのあとのコーヒーをのんびり飲んでいて
「このコーヒーを、真っ白な白山を眺めながら飲んだらもっと美味しいよねぇ?」
という話になって、相方と珍しく(笑)意見が一致。
そこから大急ぎでバタバタと準備を始め、車に飛び乗りました。
家を出たのはすでに11時近く。もっと早く思いつけっての。


121104_1.jpg

小原のゲートを過ぎ、登山口まで向かう道すがらの色づきが素晴らしい。
でも紅葉のピークは過ぎているし、、、と甘く見ていたら
登山口駐車場は、林道まで溢れる車で凄いことになっていました。

車を降りて準備をしていると、下山してきた方が言うには
「上は積雪10cmはありますよ。かなり滑るので気を付けて」
とのこと。ひゃ~!





121104_2.jpg

11:50 登山口出発
歩き始めこそ、晩秋の装いだったのですが・・・





121104_3.jpg

しばらく進むと、すぐに雪が現れました。
たいていの方は、上でお昼を食べて下山という感じになるので
このあたりではほとんど人とすれ違うこともなくとても静か。





121104_4.jpg

ふっふっふ・・・なめこ発見。
おそらく昨日今日で何百人もの人がここを通ったはずですが
雪をかぶっていたせいか、見落とされていたようです。
みなの目は騙せても、このわたしの目は騙せまい。むん。

実は一昨年の秋、このなめこの木に出会ったことが、
今のわたしたちのきのこ熱の発端です。
あとで知ったことですが、小原地区は私有地なのだそうで
林産物の採取は禁止だそうだから、もちろん採ってなどいませんよ( ̄ー ̄)





121104_5.jpg

山頂直下の急登あたりが、中途半端な残雪で少々厄介だったけど
まぁ、あっという間にピーク到着。
混み合うピークを華麗にパスし、そのまま避難小屋へ進みます。

真っ白な白山を期待していたけれど、残念ながらまだハゲハゲでした。
朝イチはもう少し白かったそうですが、このお天気でだいぶ溶けてしまった
ようです。

途中、大野親岳会の方々とすれ違いました。
福井県山岳連盟所属の大野市の山の会の皆さんです。
赤兎避難小屋の清掃など、ボランティアで維持管理をして下さっています。
おかげでトイレなど、いつも気持ちよく使わせて頂いています。感謝。





121104_6.jpg

山頂から小屋に向かう道で、ちょうどお昼ご飯を終え下山する
凄まじい人の数とすれ違いました。
おかげで小屋に着く頃には、ほとんど人影もなくなっていて
いつもの一等席をキープ。

簡単な食事(相方はうどん、わたしは菓子パン)のあと
お楽しみのコーヒータイム。
なんたって今日は、このコーヒーが飲みたくて登ってきたようなものですから。

まずはエスプレッソを抽出し・・・





121104_7.jpg

温めたミルクをフローサーで泡立てて・・・




121104_8.jpg

カップに注げば、簡単カプチーノの出来上がり♪

直火式のエスプレッソマシンを新たに購入したので、さっそく山で使って
飲んでみたかったというのがホントのところ(笑)

実はわたくし、一時エスプレッソにハマっていたことがありまして。
ミルクフォーム作りに興味が募るあまりに、シアトル系カフェでバイト
までしてしまったという(笑)
当時はスチームミルクも手動で立てていて、一応ラテアートも、
簡単なリーフくらいは作れるようになりましたよ(^^;

家で長年愛用していたデロンギのエスプレッソマシンが、
先日久々に使ってみたら壊れていることが発覚。
直火タイプもだいぶ前に壊れてしまっていたので、これが2代目です。
ミルクフローサーも、もっと簡単な電動のものも持っているけれど
なぜかこのシュコシュコする行為も楽しかったりしますよね。

ほぼ無風のぽかぽか日和の空の下、
カプチーノみたいな白山を眺めなが飲むカプチーノのうまいことうまいこと。





121104_10.jpg

さて、、、
2時を廻って、本格的にまわりに人がいなくなりました。
わたしたちもそろそろ帰らねば。

溶けた雪で足元ぐちゃぐちゃ。残雪で滑る下りに少々手こずりつつも、
ドンドコ行っちゃう相方を追いかけながら、3:30 無事下山。
午前中は真っ青な空に真っ白な白山が、きっと素晴らしかったことでしょう。
午後はだいぶ薄雲が広がってしまいましたが
それでもとても気持ちの良い山歩きが堪能出来ました。


なんやかんや言いつつも、それなりに紅葉を満喫しちゃった今年の秋。
赤兎も来週で、登山口ゲートが閉鎖となるようです。
奥越のお山もそろそろ、冬支度を初めているようです。
今年こそ、山スキーも少しはがんばってみたいなぁ・・・


スポンサーサイト
  1. 2012/11/05(月) 12:49:59|
  2. お山
  3. | コメント:8
<<ナメコもいいけどチャナメもね! | ホーム | 本日も きのパト>>

コメント

どうりで(バチリ!
荒島岳の頂上であんパンとジャムパン食ってたら
北の方から良い香りが漂ってきて
小荒島に寄り道しても誰〜れもいない訳だ(笑

しっかし、傘マーク、強風マークが続くこの時期の北陸で
あの奇跡的なお天気マークの日に
朝まったりと自宅でコーヒーをたしなむそのゆとり
生粋の福井人には真似できません
というか11時に自宅を出て、こんな時間を過ごせる行動力、地の利がスゴい、かも

4日の荒島岳も言うこと無しでした
ブナの黄葉、落葉、モミジの紅葉に少しだけどナナカマドの赤
青空の下、頂上付近の木々が結氷していてキラキラ輝き
頂上の祠にはエビの尻尾まで生えてました
少し風があったけど、頂上でコーヒーが湧かせたし
冠雪した白山をはじめ360度のパノラマ

まさか槍、穂高まで見えるとは思っていなかった
単眼鏡で覗くと、槍だけは真っ黒で
着雪すら許さない穂先の、凛とした姿にゾクッとしました

というわけで荒島岳は自分の中では堂々の百名山のベスト3入り!
ま、ちゃんと登ったのは穂高、白山、荒島岳、だけなんですけどね(笑

今回、新兵器を荒島で試しましたよ
相方さんのブログで教えてもらったチェアレス
そういえば確かに聞いたことがあるぞと
早速、ホームセンターで480円のベルトを買い
100均で背当てにぴったりのを見つけて、しめて580円也
試したらバッチリでした

こえがあればクレイジークリークのチェアなんかいらない
軽いし、かさばらないし、簡単だし、第一リーズナブルだし
テン泊にもってこい
貴重な情報
相方さんに心より御礼申し上げます
祈、早期全快

  1. 2012/11/05(月) 21:43:21 |
  2. URL |
  3. SKYDOG #-
  4. [ 編集]

>SKYDOGさん

あーー、、、惜しかったですねぇ。
うちらの予定が日曜だったら、小荒島でカプチーノご馳走出来たのに!
日曜日、早起きしてひとりでも登れば良かったなぁ~

> 朝まったりと自宅でコーヒーをたしなむそのゆとり

あはは。我が家はもう、雨モードにシフトしてるんで
むしろ雨降ってたら、まったりたしなんでる場合じゃなかったかもです(笑)

> 地の利がスゴい、かも

えぇそりゃもう。
荒島だったら、家出て30分後にはゲレンデ登ってますよ。
取立山、銀杏峰、丈競山、経ヶ岳に法恩寺山。
すべて30分以内には登山口です(笑)

> こえがあればクレイジークリークのチェアなんかいらない

やっちゃいましたか、、、チェアレス。
ネットで見たアヨレオ族の画が頭にこびりついてわたしはどうも抵抗が(爆)
相方にお見舞い、ありがとうございますm(._.)m

それにしても、、、
荒島登っちゃえるなら、膝の件もだいぶ自信が戻ってきたんじゃないですか?
標高差1200mですからねぇ! 歩ける範囲がグンと広がりますね~
荒島は雪の時期がまた素晴らしいんですよ!
今年こそは、樹氷輝く早朝のブナ林を歩いてみたいと思ってます。
SKYDOGさんもぜひ!
  1. 2012/11/06(火) 12:58:49 |
  2. URL |
  3. mie #YjQ.5aTo
  4. [ 編集]

mieさん、ホント素敵な暮らしをしてますねー!

でもって、思い立って出かけてこんな景色見ながら、
スプレッソなんてオサレです、そしてそんな環境が羨ましい。
やっぱり密かに移住計画しておかねば(笑)

そういえば、私もミルクをふわふわにするの結婚したお祝いで
いただいた・・・棚の中で眠ってること思い出しました。サンキュ!
長い眠りから覚ましてあげなくっちゃだわ。

そうそう、こんな時間が生活の中で大事な時間なんだよねん。
大事に時間使って生きていきたいです。(大袈裟ねっ)
  1. 2012/11/06(火) 16:42:52 |
  2. URL |
  3. 矢車草 #MH738lGQ
  4. [ 編集]

アヨレオのおじさん、いい味じゃないですか!(笑
ま、確かに、知らずに傍から見てると
なんじゃ、ありゃ??
ですけどね

ただ、今回、すごいメリットに気付きました
あのベルトをすると、足がⅩになるんですが
そのために今回みたいにシューズが泥でぐちゃぐちゃになっていても
ズボンが汚れない訳です
使わないと男はすぐアグラになるわけで、すると膝あたりまで泥がつく
この違い、すごくないですか?

荒島で何人かには目撃されているので
これからきっと燎原の火のごとく広まり
来シーズンあたりには、どこのテン場でも
アヨレオの集会のようにチェアレスの輪ができて
飲めや、歌えのトランス状態に・・・
んな訳ないか

膝、オーケーでした
スタート早々、あのコンクリート坂にゴロタ石の急登
下山が恐怖だったのですが、100均のサポーターを試してみたら
痛みはほとんどなし
恐るべし100均

それにしても
ハー、ハー登った百名山(!)荒島よりも
高原みたいな赤兎山の方が1628mもあって高いって
どういうことでしょうね、深田さん(苦笑

  1. 2012/11/06(火) 21:27:25 |
  2. URL |
  3. SKYDOG #-
  4. [ 編集]

>矢車草さん

これを素敵と思うかアホと思うかが
田舎暮らしを楽しめるかどうかの分かれ道・・・
矢車姉さんは、十分素質がありそうですね(笑)

たぶん想像出来ないと思うけど
360度山に囲まれて生活してますから
どこもそこも登山口みたいなもんです(笑)
天気予報で、「山沿いでは、、、云々」というところの
山沿いというヤツですから、ここは。

コーヒーを淹れる行為は大好きなので、道具もいろいろ持っていますが
日々に忙殺されなかなか使ってあげることが出来ないのは私も同じ。
姉さんも、再びケーキを焼いたりしているのだし
たまには手をかけてコーヒーを淹れて、ふわふわフォームを
トッピングしてみて下さいな。それだけでも贅沢な気分になれますよ~
  1. 2012/11/07(水) 12:55:27 |
  2. URL |
  3. mie #YjQ.5aTo
  4. [ 編集]

>SKYDOGさん

> これからきっと燎原の火のごとく広まり

これ、わたしは知らなかったけれど
かなり前から知る人ぞ知るのアイテムだったみたいじゃないですか?
なのにいまいち広まらないってのは、、、やっぱ見た目がアレだからかしら(笑)
でも、所謂体育座りなわけで日本人には慣れ親しんだ姿勢ですよねぇ?
体育着に膝を入れて座る感覚ってのが言い得て妙で笑ってしまった。
仕方ない、、、やってみるか、どっかで(笑)

> 高原みたいな赤兎山の方が1628mもあって高いって

赤兎、標高差500mですもんねー。
あんなお手軽であのアルペンムードですもん人気があるわけです。

> どういうことでしょうね、深田さん(苦笑

北陸人深田さんの最大のエコヒイキなどと言われているそうで・・・(^^;

初めて登ったとき、足が痛くてあのコンクリート坂を下るのさえおぼつかず
誰もいないのをいいことに、相方に車で上まで迎えに来てもらったという
苦い思い出が・・・今でも嫌いです、あの坂道。
あのゲレンデ跡も、あと何年かすれば木も生い茂って
もう少し歩きやすくなるんでしょうね。
  1. 2012/11/07(水) 23:53:27 |
  2. URL |
  3. mie #YjQ.5aTo
  4. [ 編集]

毎度の目をむくナメコの写真はこれからかな?
もしかして、前の方のBlogに書いてあるのかもしれないが、あばらどうしたの?
大丈夫かいな!
無理しないようにとお伝えくだせい(^^)
  1. 2012/11/12(月) 18:08:02 |
  2. URL |
  3. JUNKO #-
  4. [ 編集]

>JUNKOさん

> 毎度の目をむくナメコの写真はこれからかな?

今週末、期待していてくだせー!

> あばらどうしたの?

労災だす(^^;
くしゃみしたり笑ったりすると痛いらしいけど
普通にしているぶんには割と大丈夫とのことです。
日に日に回復を実感しているそうで、だいぶいいみたいです。
ありがとうございやすm(_ _)m
  1. 2012/11/13(火) 12:38:30 |
  2. URL |
  3. mie #YjQ.5aTo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。