DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

空に故郷を見に行こう

120601_top.jpg
天望回廊(第2展望台 450m)より眺める東京の夜景









ふるさとは~遠きにありて思ふもの~(遠い目)


ってなわけで、きっと東京に住んでいたら逆に、上ることもなかった
かもしれないスカイツリーに、サクッと上ってきましたよ。

帰るついでに上れたらいいな~と、なんとなくネット予約にエントリー
してみたら、まんまと当選!
両親を誘い、我らが故郷を空から眺めにいざ「東京スカイツリー」へ!
とくに父は、所謂下町っ子なので、ツリーから見下ろす根元の景色にも、
感慨深いものがあったのではないか?と推察します。




120601_1.jpg

ツリーに上る前に、水族館に行ってみようと言うことになり
予約時間(6:00pm)よりだいぶ早めに現地に到着してみると、
ごっついい天気じゃあないですか!
ちなみに天気予報では、夕方から雷雨だそうですorz






120601_2.jpg

120601_3.jpg

120601_4.jpg

ADAの世界最大ネイチャーアクアリウム水槽だったり、
クラゲのアクアラボだったり、地味にマニアック。
マニアには堪らないのかもだけど、わたしはこの辺ザッと流して
ほとんどペンギンプールにへばりついてました(笑)
ガラス張りのプールの前に座り込んで、水中のペンギンたちの動きに釘付け。

母は相変わらずで、オットセイの飼育係りのおにーさんに質問を浴びせかけ
似非オットセイ博士となり、あとでわたしに色々伝授してくるわけですが
正直、オットセイにはあまり興味ないので話半分しか聞いてません(笑)





水族館を後にして、夕方になって混み合う前にと、ソラマチに突入して
お土産を物色している間にどうやら天気予報通りに雷雨があった模様。
とりあえず、エレベーターが止まるほどでなくて良かった・・・

予約時間がきて、チケットカウンターに。
完全予約制だからなのか、チケットを発券するにしろエレベーターに乗るにしろ、
行列に並んで長いこと待つようなこともなく、さくさくと快適です。
でもこれ、一般公開時はどうなるのでしょうか。


120601_5.jpg

事前予約(2500円)で上れるのは、350mの天望デッキ(第1展望台)まで。
ここで迷わず1000円でチケットを買って更に上、450mの天望回廊を目指します。

雨上がり、生憎のガスで遠景は臨めませんが、天気予報から最悪の事態も
覚悟していたので、これだけ見られれば御の字ということにしましょう。






120601_6.jpg

120601_7.jpg

わたしは高いところが好きっていうのもあるかもしれませんが
期待していたほど高度感はなかったかな~・・・

ぐるりと周りを囲む隅田川。そしてそこにぽつぽつと浮かぶ屋形船。
浅草寺の五重の塔。国技館の四角い屋根。アサヒビールのうん○ビル。
渋滞する首都高速。Nゲージみたいに小さな電車。横断歩道を渡る人。

そこはまるで、リアルgoogle earthな世界だったのでした。






120601_13.jpg

一度入場してしまえば、滞在に制限時間はないようなので
いったいどうなってしまうのだろう・・・?
と思っていたのだけれど、そうは言ってもそう長くはいられないわよね。
一通り眺めたら皆さんあっさりと降りてしまうようで、展望室でも
ゆっくり過ごすことが出来ました。






120601_8.jpg

そしてだんだん日が暮れて、街の灯りがポツポツと・・・



120601_9.jpg

120601_10.jpg

チケット予約を、この時間に設定したのはそろばんずくで、
昼と夕暮れと夜、全部味わいたかったから。
あわよくば夕焼けに空が染まったら・・・なんて想像していたのだけれど
残念ながら、このお天気でそれは叶いませんでした。






120601_12.jpg

とっぷりと日が暮れると、素晴らしい夜景が浮かび上がりました。
東京タワーが見えますね。
写真がヘタクソなのでイマイチですが、実際は本当にキレイでした。
世界一とも称される東京の夜景。
空気の澄んだ冬なんかだと、さらにキレイなことでしょう。


ところで、、、夜景が好きって女子は多いと思いますが・・・
人は色を識別する際、女性の半数近くが、男性よりも1種類多い
4種類の細胞で色を識別しているのだそうですよ。
だから女性は夜景をよりキレイに楽しめるのだとか。
女子に生まれた醍醐味ですな!






120601_11.jpg
出た!すけすけ床。

正式名称「ガラス床」
この写真ではわかりづらいと思いますが、床がガラス張りで
足元が340mすけすけすー。
わたしには恐怖のキの字もないのですが、父はクールにビビってました(笑)。



結局、2時間近く滞在していたでしょうか。
昼から夜まで、天空気分すっかり満喫させて頂きました。


120601_14.jpg
本日のライトアップは「雅(みやび)」


スカイツリーを後にして、タクシーで浅草へ。
混雑するスカイツリー内の食事処を避け
父の案内で、この夜は「春」で釜飯でした。




---

建設にあたっては賛否両論あったようですが、建ててしまったからには
やはり賑わって欲しいもの。
東京の新たなシンボル、東京スカイツリー。
今でも愛され続ける東京タワーのように、
未来に続き愛されていきますように。




スポンサーサイト
  1. 2012/06/07(木) 22:54:06|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<お山deピッツァ 試作編 | ホーム | 小池で過ごす日曜日>>

コメント

おはようございます。
私も先日、ツリーに登ってきました。
残念ながら、夜景時間ではなかったけど…。
その時間帯を狙って、当選するのは、さすが。

mieさんのおっしゃる通り、思ったほどの高度感では
なかったですね。

でも、帰ってからは、テレビに映ると、「おっ、スカイツリー!」
って、急に親しみがわいてきました。
親孝行ができました。

今度、行く機会があったら、ぜひ夜景のときに行って
みたいです。

田舎もいいけど、たま~に都会の空気に触れるのも
いいもんですね。逆に心の洗濯ができました。
  1. 2012/06/08(金) 09:20:51 |
  2. URL |
  3. ニョラ #-
  4. [ 編集]

兎や鮒を追ったり釣ったりするだけがふるさと(の記憶)ではありませんね。
地上450mから故郷を眺められるのはなかなかできない経験で、
眼下を彩る光の絨毯ひとつ一つに人々の営みがあるのかと思えば、
他人様の故郷とはいえ、なかなか感慨深いものがありますね(遠い目)。
まあ、人工的な高所がムーチョ苦手なボクはたぶん登りませんけど…(笑)
  1. 2012/06/08(金) 09:22:50 |
  2. URL |
  3. hansusya #mQop/nM.
  4. [ 編集]

加古川出身の某名古屋人同様、僕もマンメイド高所はアウトです。
スケスケ340mはメイビー目眩がするでしょう(笑
だから登る機会は訪れないかと思われ・・・(汗

十数年前アクアデザインアマノにはかなり散財しますたw
水草水槽は金食い虫でした(笑
あのシャチョー、元は競輪選手なんですよね~♪
  1. 2012/06/08(金) 10:05:54 |
  2. URL |
  3. katsu♨ #-
  4. [ 編集]

>ニョラさん

わお!ニョラさんも登頂(?)済みでしたか!
わたしもね、上るならぜひ両親と上りたいと思っていたんです。
東京人の大先輩に、自分の生きてきた場所を見せてあげたかった(笑)

実は、日程を入力する際にミスって、なぜか金曜日を
指定してしまったんです。
平日だったから、競争率も若干低かったのかもしれません。
それにしても、この時間帯は大正解でした。
お天気が良ければ、もしかしたら星なんかも見えちゃったりするのかしら・・・
次回はぜひ、夜景を狙って上ってみて下さいね。

東京はエキサイティングな街なんだろうけれど
わたしにとってはなんかホッとする場所でもあります。
  1. 2012/06/08(金) 12:48:42 |
  2. URL |
  3. mie #YjQ.5aTo
  4. [ 編集]

>hansusyaさん

なんか、hansusyaさんのコメにジンときちゃった(遠い目)

田舎暮らしはどうやら性に合っているみたいだし
別に東京に戻りたいとも思わないのだけれど
帰れば帰ったで、やっぱりホッとします。
わたしにとっては、山々の裾野に広がる田んぼの景色より、
住宅が密集する雑多なこの風景が、やはり故郷ということです。

はて「人工的」に拘るその所以は・・・
最新技術にいまひとつアンビリバボーということでしょうか?(笑)
  1. 2012/06/08(金) 12:58:13 |
  2. URL |
  3. mie #YjQ.5aTo
  4. [ 編集]

1年、東京で転勤生活を送っていた時は
仕事の帰り、未明の首都高から眺める東京タワーが好きでした
ビルの谷間に見え隠れするオレンジと白の塔が、いつ見ても胸に沁みました

高層ビル群やスカイツリーには何も東京を感じないのは年のせい?

そうそう、東京タワーにも確かありましたよね、ガラス床
何とか乗る事はできても、どうしてもそこでジャンプできない、へたれな私

明石海峡大橋は足下の目皿(グレーチング)を通して海面が見えましたが
あれも駄目でした
体がトコロテンになってしまうような気がするんですよ(笑
  1. 2012/06/08(金) 19:02:45 |
  2. URL |
  3. SKYDOG #-
  4. [ 編集]

>katsu♨さん

たぶんkatsuさんと同じ頃、わたしも相方にそそのかされて影響を受けて
ADAに散財したクチです。そういう時代だったのでしょう(笑)
テトラとか飼って、かわいい~とか言ってるうちはいいんですよね。
水草やり始めると泥沼です。
20代女子の一人暮らしの部屋に、ミドボンあるってどうよ?ワイルドか?(笑)

たしかまだ、物置に一式残っているはずなので、
アクアリウムもまた、老後のお楽しみにしておこうと思います。

男は総じて高いとこダメですよね。
おふたり、絶叫系(わたしの大好物)もダメとみた。(笑)
  1. 2012/06/09(土) 00:25:48 |
  2. URL |
  3. mie #YjQ.5aTo
  4. [ 編集]

>SKYDOGさん

東京タワーというものは、どうしてこうも郷愁を誘うのでしょうか。
そのシンボリックさ故に、誰にもひとつやふたつのストーリーが
あるからでしょうか?

スカイツリーの開業で、東京タワーもにわかに活気づいているとか。
東京タワーのガラス床の正式名称は「ルックダウンウィンドウ」と言うそうですが
145mという微妙な高度は、却ってリアルで怖いかもしれません。

>体がトコロテンになってしまうような気がする

あはは、、、イメージ的には、身体が隙間をすり抜けちゃうわけですね?(笑)
相方はわたしを、「想像力の欠如」だと言うんですよ。
ガラス床のガラスが万が一割れたら!?とか想像しちゃうんでしょうね
高所恐怖症の人は。 あんな分厚いガラス、割れないってば(笑)
  1. 2012/06/09(土) 00:52:50 |
  2. URL |
  3. mie #YjQ.5aTo
  4. [ 編集]

スカイツリーの予約は時間帯なんですね
いい時間の当選、さすが何か持ってますね~
私にはこの先縁のない場所です。あの高さから外や下を見る神経が????
正直お尻がもぞもぞします
手すりから1m程離れて眺めるのがせいぜいかも
しかし晴れた日の夜景。いいでしょうね

とうとう梅雨入りなんだろうかという雨の土曜日です。
  1. 2012/06/09(土) 09:06:44 |
  2. URL |
  3. 桜 #N6kp4qTg
  4. [ 編集]

>桜さん

スカイツリーのネット予約は、30分ごとの予約です。
この夕方時間にターゲットを絞ってエントリーしていたので
”もっている”わけではたぶんないでしょう(笑)

桜さんも高いとこダメですもんねー。
でも、、、あの展望台からしか見えないスゴイ星空が!
とか言う噂を耳にしたら、エイやっと登ってしまうのでは?(笑)

梅雨入りするなり、いかにも梅雨な感じで気分も滅入りますねー。
  1. 2012/06/10(日) 18:14:03 |
  2. URL |
  3. mie #YjQ.5aTo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daybook.blog28.fc2.com/tb.php/436-5bd3ae58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。