DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パスタマシーンで生パスタ

120428_top.jpg
ほうれん草フェットチーネでカルボナーラ








パスタマシーンでただ普通にパスタを作ったってつまらない。
へそ曲がりが災いして、ここまでくるのにすっかり寄り道してしまいました(笑)
手打ちパスタも実は、以前に手切りで作ったことがあり、おおよそのイメージは
ついていたというのも後回しになった理由です。基本的にチャレンジャーなんで。

もちろん、パスタも作るつもりではいたので、うどん専用粉やかんすいを買った
ときに、セモリナ粉も買ってありました。
いろいろ調べてみると、セモリナ粉は使わずに、強力+薄力粉ブレンドで作る
レシピも多くみかけますね。
本場イタリアでは、セモリナ100%が本来なのかもしれませんが、日本では、
セモリナ+強力粉ブレンドが多いようです。
ちなみに、今回わたしは セモリナ7:強力粉3 の割合で打ってみました。



120428_1.jpg

さて、どうしてもノーマルでは気が済まないチャレンジャーなわたしが
最初に作りたかったパスタは、ほうれん草の練り込みパスタです。
でもまぁ、ノーマルじゃないってわけでもなくて
フェットチーネ・コン・スピナーチ (Fettucine con Spinaci)と呼ばれる
代表的なパスタの一種なんですけどね。

茹でたほうれん草は水気をしっかり絞り、卵と一緒にブレンダーでペーストに。
粉の重量に対し、水を絞った状態のほうれん草10%強でこの色になりました。
もう少し薄くても良かったかな~。
上の写真の4mmカッターの細麺と、6mmカッターのフェットチーネの2種類
製麺しました。
ちなみにフェットチーネの定義は、平形で5mm~8mm幅のものを言うそうです。





120428_2.jpg

120428_3.jpg

そして、、、
「頼むから奇をてらわず普通のものを作ってくれ」
と、相方に懇願されて(笑)いたため、一応、ノーマルパスタも用意。





120428_4.jpg

どのレシピを見ても、卵の分量はグラムではなく個数なんですよね。
ひと口に卵何個って言ったって、重量はまちまちなわけで難しいところ
なんだけど、うどんにしたって蕎麦にしたって、最終的な生地の硬さは、
経験と勘で判断するしかないわけです。
ついつい柔らかめにしがちだけれど、まとめたあとしばらく寝かすと
結構ゆるむので、ちょっと硬いかなーくらいのほうがいいようです。





120428_5.jpg

ついでにラビオリも作ってみました。
このピロピロカッターで切るだけで、なんとなくそれっぽく見えるので笑えます。





120428_6.jpg

うちのカルボナーラは、生クリームを使わないイタリア風。
クリームソースというより、卵を絡めた感じのカルボナーラです。
パルミジャーノ・レッジャーノを、近所のスーパーでは見つけることが
出来なくて、「生パルメザン」なるものでお茶を濁しましたが
なかなか良い仕事してくれました。






120428_7.jpg

120428_8.jpg

相方の好きな、アーリオ・オーリオ。
写真では爽やかに見えますが、かなりパンチが効いています。
にんにくもたっぷり。
わたしには辛すぎて、食べられません。

でもこのタイプ、平麺には向いてないようです。
評価はイマイチ。





120428_9.jpg

で、激辛苦手のわたしは、新たまねぎをたっぷり使って煮込んだ
ミートソース。
うん、こっちはまぁまぁかな。






120428_10.jpg

ラビオリには、ミートソースにとろけるチーズをプラスしたものを乗せて。
モチモチしていて美味しいけど、今度はもっと、小さくカットしよう。


パスタは時間との勝負。
とくに、手打ち生パスタは3~4分で茹で上がってしまうため
いいタイミングで調理するのがとても大変。
これ全部一気に調理し、撮影もしたしでなんかもうバッタバタでした(笑)

でもやっぱりパスタマシーンも、使えば使うほど要領がつかめてきて
麺の仕上がりも見栄えも良くなってきたように思える。(自己満足 笑)
まだまだ作ってみたいものがいっぱいあるので、この先まだ当分楽しめそう。
¥1.980、、、完全に元は取ったな(爆)






---


120428_11.jpg

午前中はガッツリ粉遊びを満喫。
午後からは、相方が新しく買った靴の試履きをしたいということで
釣りついでにちょっとお山へ。






120428_12.jpg

奥越の里山でも、山菜がだいぶいい感じになってきましたよ。
釣りしてる相方を待ちながら、ウロウロしてたら、タラの芽の群生を
発見してしまいました。
実は夕べも、相方が持ち帰ったタラの芽を、胸焼けするほど天ぷらで
食べたばかり。
さすがに今日はもうウェップ状態だけど、良い状態のいっぱいの獲物を前に
みすみす見過ごすのもなんとも惜しい気が・・・(貧乏性)

こういうときは、食べ慣れない都会の人に送りつけるに限ります(笑)
でも油料理って結構面倒なものだし、送る人も選ばないと迷惑になり兼ねない。
料理上手の友の顔が思い浮かび連絡してみると、欲しいとのこと。
そうとなりゃ、張り切っちゃうわよーー!ってなわけで思う存分収穫して
即箱詰めして宅急便にて発送。

都会のスーパーなんかで売ってる、上品にすましたタラの芽とは
かなりルックスが違うから、知らない人は驚くだろうな。




スポンサーサイト
  1. 2012/04/30(月) 21:49:08|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<またも登頂ならず。 | ホーム | 慣れる前にまず習え>>

コメント

無理よねー

カナダまで、、、なんて・・・。あー何年食べていないだろう。
  1. 2012/05/01(火) 15:00:17 |
  2. URL |
  3. 油料理OKな人 #-
  4. [ 編集]

こんにちは。
やっと真打ち登場しましたね。
どんなパスかかな~と思っていたけど、
意表をつかれました。
カルボナーラ、食べてみたいです。
パスタマシーン、大活躍ですね。

タラの芽、まだ自分じゃ見つけられません。
車の窓越しに「あっ、タラの芽!」という方々を
尊敬のまなざしで見てしまいます。
まだまだ修行が足りません。
  1. 2012/05/01(火) 15:56:20 |
  2. URL |
  3. ニョラ #-
  4. [ 編集]

>油料理OKな人

高級日本料理屋にでも行かれてみてはいかがでしょうか?
  1. 2012/05/03(木) 09:42:01 |
  2. URL |
  3. mie #YjQ.5aTo
  4. [ 編集]

>ニョラさん

そうですか?意表ついてましたかねぇ?
どんなもの、想像されていたのかしら(笑)
乳製品や卵が大好きなので、パスタはカルボナーラ派なんです。
これにタラコを入れて、タラコパスタもいいですよ。

タラの芽は、見分けるのが割と簡単な山菜だと思うので
わかってしまえば、すぐ見つけられるようになると思います。
山菜は、これからが本番です!
ますます、お山歩きが楽しくなりますよ~
  1. 2012/05/03(木) 09:52:34 |
  2. URL |
  3. mie #YjQ.5aTo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daybook.blog28.fc2.com/tb.php/422-25efc0c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。