DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

福井のマッターホルン?

110918_top.jpg
冠山(かんむりやま) 1256,6M










登山部での今度の山行に、三ノ峰(2,128M)を考えていました。
何といっても、福井県の最高峰ですからね。
福井県民としては、ぜひ登っておかないと!
・・・っと言いつつ、実はわたしが未登だったりします(笑)
相方に付き合ってもらって、偵察も兼ねて出かけてみることにしました。

ところが・・・!

鳩ヶ湯を過ぎて5分ほど走ったところで、なんと崖崩れ!
どうやらここ最近の雨で地盤が緩み、まさに夕べ崩れたばかりといった様子。
道路は完全に塞がれて通行不能。おーまいがっ。
刈込池の紅葉までに、復旧は間に合うのだろうか・・・
ってか、登山部の山行計画が~~

この秋登ろうとお考えの方、今後の情報にご注意下さい。


---

9/19 追記
小池公園の管理サイトによる情報がありました。

18日、小池公園手前4Km付近で土砂崩れが発生しました。
前日からキャンプで2組6人がいましたので土砂撤去を待って通報のうえ帰っていただき
ました、危険個所は通れるものの、岩・樹木等が落ちそうなため工事完了まで10日前後
かかります、よって、鳩ヶ湯から上を通行止めにしましたが紅葉には間に合うようです。

とのことです。

---






---

お山の上で食べるランチも用意して、せっかく山モードで出てきたので
他の山に登ろうということになりました。
位置的に順当なのは荒島岳だけど、仕切り直しからの時間では、わたしの足では
登頂は厳しそう。 シャクナゲ平でランチして帰る、、、なんてヌルイこと
ピークハンターの相方には許せないわけで、、、即却下。
短時間でお手軽に登れる山・・・・
というわけで、わたしがまだ未登だった、冠山にレッツゴー!



110918_8.jpg

山頂部に露出した岩の形が烏帽子冠に似ているところから
「冠山」と名付けられたこの山。
福井の人はこの山を、自虐も含みつつしかし愛着も込めて、
密かに、「福井のマッターホルン」と呼んでいるとかいないとか(笑)。




110918_9.jpg
wikipediaより画像拝借

ちなみに、これが本物のマッターホルン(4,478M)。
全世界から石が飛んで来そう(笑)


冠山は、福井県と岐阜県の県境に位置しているわけですが
美濃の人からは、「奥美濃のジャンダルム」とも称されているのだそうで
なんかもう、どっちもどっちでトホホな話で申し訳ない。






110918_1.jpg

さて、、、
天気予報は晴れマークだったのですが、登山口に着いてみれば相変わらずの
ガッスガス。




110918_3.jpg
あひゃ♪

110918_4.jpg
うほほ♪


テンションだだ下がるも、足元のキノコたちになだめられながら
せっかく来たのだからとりあえず山頂を目指します。

※今日のキノコは非常に怪しいので採取していません。あしからず。






110918_5.jpg

長くは続かないけれど侮れない感じの軽いアップダウンを繰り返しながら、
尾根沿いの道を小一時間も進むと、あっという間に山頂に到着してしまった
のでした。はやっ。






110918_2.jpg

110918_7.jpg

狭い山頂にはすでに先客がいて満員御礼。
いつの間にか青空が覗きはじめてきましたが、風が強く寒くてとてもランチ
などゆっくり楽しむ感じではないので、とっとと下りにかかります。
せっかく持ち上げた食材も、今回はそのままお持ち帰り。





山頂直下には、ロープが下がるちょっとした岩場があって、
初心者が三点確保体験をするのにいいかもしれません。
今日は雨上がりで岩が濡れていて、少し滑る感じだったこともあって
中高年グループが難儀していて渋滞。中には、怖いと言って登頂を諦めた
人までいましたが、まぁ普通の人なら登れる程度だと思います。


雨の止み間を見計らうように、思いの外たくさんの人が登っているようでした。
登山口までは、車でだいぶ上まで上がらなくてはならず、アクセスにちょっと
時間がかかる割には、あっという間に登れてしまえるので、費用対効果としては
どうかな~とも思うのですが、麓の池田町で、ちょっとした観光とからめたり
温泉やお蕎麦との合わせ技で、出かけるのならいいかもしれませんね。



スポンサーサイト
  1. 2011/09/18(日) 21:29:31|
  2. お山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<おうちで山ごはん | ホーム | 登山部で白山>>

コメント

下界は生暖かい風がびゅ~びゅ~でしたが、山頂ではもう寒いんですか
秋が知らぬ間にやってきていますね
昨日のお天気にもだまされちゃいました^^; 夕暮れ時までの上空の抜けに
これはとひそかに準備しながらでしたが、テンペストが終わって空は
真っ暗。。。。それならビールとなりました
今朝も夜明け前がオリオン座が光り輝いていたりでしたけど
ぼぉ~~っとすごす3連休最後です^^v
みょうがの味噌漬けでも・・・・・・
  1. 2011/09/19(月) 08:01:50 |
  2. URL |
  3. 桜 #-
  4. [ 編集]

>桜さん

すごい湿気で蒸し暑かったため、樹林帯では汗だくになり
だからなお更、稜線に出ると強風がもろに当たって寒かったのだと思います。
でも、山は確実に秋ですよ。あっと言う間に紅葉の季節でしょうね。

でも星空はこれからですもんねぇ・・・
桜さんくらい重いザックを担げる根性があれば、わたしも一人で
フラフラ出かけたいところなんですが、ボッカさんのヘルプが必要なわたしに
山で星空を撮れるチャンスなんてなかなか巡ってきそうにありません(涙)

今週末のお天気も、気になるところですね~
予報では、イマイチみたいだけど・・・
  1. 2011/09/19(月) 22:11:52 |
  2. URL |
  3. mie #YjQ.5aTo
  4. [ 編集]

いつも楽しく拝見しています。
冠山は二十数年前に登ったことがあり、とても楽なのにピークは雰囲気が良くて大好きになりました。
ベン君も遭難碑がある所までなら登れそうな感じがしたので、いつかどうぞとご紹介しようと思っていたくらいです。

当方はその後、今庄の夜叉ケ池からの下りでうかつにも膝を痛めてしまい、以来、怖くなって山登りは諦めていました。でも、mieさんの余りに楽しそうな山行記にどうにも我慢ならなくなり、膝試しに先日、滋賀県野洲市の三上山(別名近江富士)に登りました。たかだか432m。ゆっくり登っても40分足らずですが、方々に大岩が露出して眺望もきき「山高きが故に貴からず」を実感しました。恐る恐るの下り。膝は大丈夫でした。大いに気を良くし、滋賀の山を楽しもうかと思っています。背中を押していただいて感謝いたします。

ところでジャンダルムはやはりお薦めですよね。馬の背はびびりますが。
  1. 2011/09/20(火) 20:19:20 |
  2. URL |
  3. SKYDOG #-
  4. [ 編集]

>SKYDOGさん

はじめまして。

わたしたちも頂上で話していたんです。
遭難碑から上の岩場、足掛かりもしっかりあったので
この程度ならベンは登れたね、と。
一緒に頂上に立ちたかったです。

わたしも膝に爆弾を抱えているので、その気持ち、よーーーくわかります。
でもまさに、「山高きが故に貴からず」。
山容や眺望は然りですが、登る心が大切なのだと思います。
わたしは最近、初心者の山仲間が増え、これからは原点回帰で地元の里山が
楽しくなりそうです。
滋賀の山で自信が戻ったら、ぜひまた福井の山にもおいで下さいね。

ジャンダルム、踏破済みですか!? わたしもいつかはチャレンジしてみたいです。

素敵なお話、ありがとうございました。
わたしも逆に、背中を押して頂いたような気がします。
今週末、晴れるかな~・・・
  1. 2011/09/20(火) 22:40:03 |
  2. URL |
  3. mie #YjQ.5aTo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daybook.blog28.fc2.com/tb.php/343-988c830a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。