DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

八ツ敗退となぜか坂巻温泉

110316_top.jpg
上高地 坂巻温泉旅館








この冬はすっかりスキーづいてしまい、冬山をまったく歩いていない。
スキーはスキーで楽しいけれど、えっちらおっちら歩く冬山登山には、
ゲレンデでは味わえない大きな大きな醍醐味がある。
それはやっぱりバックカントリーとも、また違った魅力だと思うのです。

毎冬一度は訪れる八ヶ岳。
久々の雪山歩きに出かけるならば、やっぱり八ツがいいなぁ~・・・
この際テン泊も楽しんじゃえ!ということで、大きなザックを背負っていざ!


110316_1.jpg

雪山でのテント泊は以前に一度経験しているけれど、季節はもうGWで
厳冬期とは比べ物にならないくらい気候も穏やかだった。
あの時それなりで揃えた冬季用のテン泊装備では、いくら厳冬期を過ぎた
今の季節であっても、ちょっと心もとない装備で、不安がないわけではない。
あれやこれやと防寒対策を詰め込んだら、結局ザックは結構な重さになった。
相方に至っては、テント関係とふたり分の水と食料。更におたすけ用ロープ。
きっと30kgくらいあったんじゃないかと思う。
わたしが不甲斐無いばかりに、専属ボッカにはいつもお世話になってます(笑)

今回は、美濃戸口から初の南八ツにチャレンジ。
あわよくば、赤岳にも登っちゃう?



なーーんて、やる気だけは満々だったのだけど・・・



思えばザックを背負って山を歩くこと自体、久しぶり。
最後に歩いたのは、昨年秋の下ノ廊下だから、半年近く前のこと。
鈍ったカラダにズシリと重いザック、、、
歩き始めから、脚がぜんぜん前に出ない。





110316_2.jpg

昨日降ったさらっさらの雪で、思ってた以上に真っ白に輝く美しい世界。
ぱっふぱふの新雪。トップはたぶん、膝下ラッセルだったと思う。
時折青空も覗く、素晴らしい景色だったけど、、、
歩くにつれ調子がどんどん悪くなり、終いには貧血症状まで現れる始末。
とりあえずの目標は、テントを張る予定の行者小屋。
コースタイムとしては3時間半程度の距離だから、なんとかしてそこまで
行きたかったけど、CL(相方・笑)からタオルを投げられる。
登ることで体力を使い切ってしまったら、寒い夜を越えられない、と。

登頂にはこだわらないわたしでも、これにはさすがに情けなくなりました。
こんな風に諦めたのは、登山を始めたばかりの頃、初めて登った白山で、
不眠でアタックして玉砕した、ご来光登山以来のことでした。


敗北感に打ちひしがれながらも(大袈裟)、こういう場合はたいてい
山を降りてしまえば元気になってしまうもの。
帰り道に立ち寄った中華屋で、相方も呆れるほどの食欲を発揮。
あれはただのシャリバテだったのでは?という疑惑も浮上のオチでした(爆)






---

せっかくなのでどこかに泊まって行こうかという案もあったのですが
なかなか意見が折り合わなくて(笑)、すったもんだしている間に
あっという間に戻って来てしまったので、まぁいつものようにサクッと
日帰り温泉でまったりパターンです。


110316_3.jpg

釜トンネル近くにあり、冬期閉鎖中の上高地散策の拠点に利用される
ことでも名の知れる坂巻温泉旅館。
東京-福井間の往復で、この旅館の前は何百回となく通っていたけれど
たいてい通りかかるのは夜中だったので、ようやく入湯を果たせたのは
去年の冬でした。






110316_4.jpg

露天風呂もなかなかなのですが、圧巻なのはこの内湯。
ドバドバ流れるお湯はもちろん豊富な掛け流し。
湯の花が、これでもかってくらいに浮遊しています。
引き込まれる源泉が同じでも、お湯は環境によって質感が変わるのだと
いうことを、露天風呂のあとこの内湯に入ると実感します。
洒落た造りでもないし、ともすれば無骨な感じに見えるけど、
泉質だけで充分納得のいくお風呂です。
いつかは泊まってみたいけど、我が家からは近過ぎてそれは逆に贅沢なこと。





---

今年は八ツも雪が多そうだし、近いうちにもう一度、テン泊リベンジしたいもの。
でもまずは、北八ツの本沢温泉あたりが無難かな。



スポンサーサイト
  1. 2011/03/30(水) 21:16:40|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<シャクナゲでランチ | ホーム | バゲット修行>>

コメント

おおお!ここ行ったことあるーー!
中学生ぐらいのときにスキー帰り?に。
トンネル抜けたすぐのとこですよねー(^ー^)

わたしも八ヶ岳いきますからねー!
(いつ?イヤ、そ、それは、、、)
夏は北八つに登ってみたいです。

あとは、個人的に思い入れのある常念。
こどものときに読んだ本に出てたんです♪
  1. 2011/03/30(水) 21:45:24 |
  2. URL |
  3. こたろー #jhC0J7jE
  4. [ 編集]

>こたちゃん

面倒な案件はこたちゃんに任せ、わたしは遊び呆けておりました(笑)
北八ツ、一緒に行こうね。
あのエリアには、山ガール心をくすぐるアイテムがたくさんありますよ。
しらびそ小屋のキチくんに、あなたもきっとメロメロになることでしょう。

常念は、地元の子供たちが一度は登らされる山だとか。
縦走だったから、下りたことしかないけれど、かなり過酷なイメージで、
あれで山を嫌いになる子供が続出するらしい。恐るべし長野県。
  1. 2011/03/31(木) 22:44:49 |
  2. URL |
  3. mie #YjQ.5aTo
  4. [ 編集]

ありがとうございました(笑)
キチくんって保健所からもらってきたっていうワンちゃんですね?
(ブック情報)あー、犬欲しい。
北八つ、ぜひ!(^0^)
やっぱ長野県民は学生時代山で苦汁を飲む(?)せいで
あまりにも近くにあるアルプスに憧れとか雄大さも感じないのかなー。
私みたいなのはあんまりいないんですよね。
  1. 2011/04/01(金) 22:25:49 |
  2. URL |
  3. こたろー #jhC0J7jE
  4. [ 編集]

>こたちゃん

わたしは小学校で、日光の戦場ヶ原を歩かされたんだけど
なんとも憂鬱で、いやーな行事という記憶しかなくて。
今思えば、すごくステキな所なのにね・・・
登山とか、トレッキングとか、子供には渋すぎる遊びだよね(笑)
でもそんな中でも、こたちゃんみたいな子も育つ、、、と。(爆)

今度行くときは、酒を背負っていかなきゃね。ふふふ。
  1. 2011/04/02(土) 00:00:51 |
  2. URL |
  3. mie #YjQ.5aTo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daybook.blog28.fc2.com/tb.php/300-72b8fc69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。