DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ある意味単独行

100606_top.jpg
上高地 梓川をバックに、西穂独標(2.701M)で寛ぐ人々。








稜線の雪も消え、サマーシーズン到来の西穂。
西穂も少々マンネリ気味でもあるし、ここいらでフレッシュな風を吹かせて
もらうべく、山仲間 A2&Miカップルを誘って出かけてきました。

山猿と若者には、とてもじゃないけれど付いて行けそうも無いアラフォーは
最初から独標を目的地に設定。
一昨年夏、なんとか登頂は果たしている西穂高だけれど
あの時の辛い思い出が、未だに脳裏に焼きついているのです(大袈裟)
わたしのスキルでは、朝いちのロープウェイで下から登り
西穂山頂を踏んで、最終のロープウェイに乗る為には
あまり休みをとらず、7時間程度歩き続ける必要があります。
標高差はそれほどないけれど、結構ハードな岩稜帯の
いくつもの小ピークのUP/DOWNを繰り返すこのコース。
落ちたら終わりな場所も次々と現れるこの山では、判断力の低下は命取り。
山歩きに、達成感とか征服感とかを求めているわけじゃないわたしには
これはもう、まさに修行以外の何ものでもないわけで・・・。



100606_1.jpg

西穂山荘までは残雪があり、懐かしい雪の感触を楽しみながら登ります。

さぁ今日は、のんびりしている暇はありません。
西穂登頂を目指し先へ急ぐ3人の後ろ姿を見送りつつ、
わたしはここからは、写真など撮りながらマイペースで進みます。





100606_2.jpg

それにしても良い天気。
西穂のサマーシーズンで、終始こんな青空が拝めるのは、
今日が初めてかもしれない。





100606_3.jpg

とりあえず独標までは射程距離にいた3人を、後ろから撮りながら歩きます。
それにしてもMiちゃん、ほっそい体ですげータフ。
容赦なく進む相方を終始ぴったりマーク。
「本気でトレーニングしたら、Mさん(福井で有名な某女性山のぼらー)みたいに
なれるんじゃない?(by相方)」


独標から奥穂側へ降りる一発目の下りが一番怖いんです。
まだ目も感覚も慣れていないからというのもあると思うのだけど、
山頂までは、こんな登り下りを何回も繰り返します。
ここでブルっちゃうようだったら、西穂登頂は諦めましょう。


100606_4.jpg

100606_5.jpg

100606_6.jpg

岩場はまだ経験の浅い2人ですが、危なげなく降りて行きました。
高度感のある写真が撮りたくて、上からずっと狙っていたのですが
なかなか難しいですねぇ。いまいち伝わる画は撮れなかった。


一応わたしは目標も達成し、ここで戻る予定でしたが
3人とあまり時間が開きすぎると、あとで時間を潰すのに苦労しそうなので
正午をリミットにして、もう少し行けるところまで行ってみることにします。
独標を降りて行く3人を見ていて実は、自分もあのドキドキを、
ちょっと体験しておきたくなったってのもあったりして。
なんやかんや言って、若干高所平気症気味です。
苦しいのは嫌だけど、子供の頃からジャングルジムは得意でした(笑)





100606_7.jpg

というわけで、結局ピラミッドピークまで無事進むことが出来ました。
ピラミッドピーク独り占め。
セルフタイマーで証拠写真の自分撮り。かなり寂しい状況です(苦笑)

あとから来た男子二人組。

男子A:「悪いけど、俺はもう無理だ。ここで敗退するよ・・・」
男子B:「メシでも食って、ゆっくり休めばやる気が出てくるよ」

挫折しかけている片割れを、励ますもうひとり。
山って楽しいよね・・・(笑)
あの二人は、果たして先に進んだんだろうか。




100606_8.jpg
そしてやっぱり最後は、シズルショットで〆ちゃうわけです。


今日はラーメンじゃなくカレーにしようかな~
下山しながら考える事って言ったら、やっぱり食べ物のことなのです。
お腹いっぱいになって、ぽかぽか暖かい山荘前のベンチで、
昼寝をしながら3人が下りてくるのを待ちました。

みんなで来たはずなのに、なぜか結局、独りで歩いているわたし(笑)
ま、遠足は、バスに乗っている間も遠足ですから。


あっちゃん、Miちゃん、お付き合いありがとう。
またどこか行きましょう。
今度は一緒に歩けるように努力します(ほんとか?)





スポンサーサイト
  1. 2010/06/08(火) 00:04:41|
  2. お山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<三斗小屋温泉 再訪 前編 | ホーム | moji>>

コメント

おつかれさまでしたぁ。

私も太もも筋肉痛です。
次の日、起き上がれませんでした。
今だにギコチなく歩いてます(笑)

独標を下る時の写真、私達にとってはじゅうぶん高感度ありすぎです!
すごく気にいってます★

こちらこそ、ほんっとに誘っていただいてありがとぉございました!
ほんっとに楽しかったです!
またよろしくお願いします。
(まったり登山の方もお願いします)
  1. 2010/06/08(火) 22:55:37 |
  2. URL |
  3. Mi #G91RSZjw
  4. [ 編集]

お疲れさまでした!
ご一緒できて、本当に楽しかったです!
写真、どれもヤバいですねー!
今度は写真撮影を学びたいです(笑)

そして、今度は水平番長をこの目で見れる日を楽しみにしてます!
ありがとうございました!
  1. 2010/06/08(火) 23:30:56 |
  2. URL |
  3. あっちゃ丸 #-
  4. [ 編集]

>Miちゃん

どうも!ゴルゴです(笑)
むさいオンチャンより、若者カポーのほうがやっぱり画になりますから
写真撮ってても楽しかったです。
で、請求書はどこにまわせばいいですかねー?ふふ。

Miちゃん、まじでトレーニングするべきだと思う!
歩き方見てても軽いもの。きっとスゴイとこ行ける人になると思うんだけど。

実は今週末、まったりしてきます(相方は留守番)
こっちが本来の、わたしの山スタイルです(笑)
  1. 2010/06/09(水) 22:31:37 |
  2. URL |
  3. mie #YjQ.5aTo
  4. [ 編集]

>あっちゃん

お疲れー。
体のほうはどうですか? 実はちょっと心配していました。

写真っつーか、あっちゃんの動画のほうが100倍スゴイ!でしょ。
なんちゅーか、選曲もいいよね。わくわくする。

番長は厳しいから覚悟していてね。
どんなに疲れていても、水平が決まるまでドカタ仕事です。
ぜひ、水平歩道歩きましょう!(笑)
  1. 2010/06/09(水) 22:39:59 |
  2. URL |
  3. mie #YjQ.5aTo
  4. [ 編集]

おおー。カレーもあるんですか!
皆さんラーメンの事しか書かないからラーメンしかないのかと思ってた。

カレー派としてはやはりカレーか・・・。
それとも名物のラーメンか・・・。
迷います。
  1. 2010/06/10(木) 17:34:37 |
  2. URL |
  3. ヨウメイ #-
  4. [ 編集]

>ヨウメイさん

お返事遅くなりました(汗)

ここのカレーはレトルトなので、とりたてて美味しいというわけではないのですが
山ではなぜか、カレーが食べたくなっちゃうんですよね。
大変な思いして自分で担ぎ上げている食料にカレーがあるにも関わらず
燕山荘でも、唐松岳頂上山荘でも、そういえばカレー食べました。

西穂ラーメンは、やっぱり冬に食べるのが一番!
  1. 2010/06/15(火) 22:53:54 |
  2. URL |
  3. mie #YjQ.5aTo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daybook.blog28.fc2.com/tb.php/230-651297d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。