DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

わんこのちから

loveven100118_top.jpg
2009.10.31 六呂師高原


2009.10.31 ベンの病気を知って最初の休日、ベンとふたりで(相方は仕事)
いつものようにお山にお散歩に出かけました。
その日はとても風が強い日で、雑木林の終わりかけの紅葉が
風が吹くたびにごごーっと嵐のように舞い散って、すごくキレイでした。

自分の身に今何が起こっているのかなんて、まったく気にも留めないふうに
強風に耳をパタパタとはためかせながら、いつもと変わらず無邪気に遊ぶベンを
見守りながら、わたしはもう胸がいっぱいでした。
犬は人の心に敏感な生き物だから、ベンの前ではメソメソしないようにしようと
相方とは約束したけれど、そんな約束など到底守れるはずもなく
次から次へと込み上げる涙を、ベンに気づかれないよう何度も何度も拭いました。






loveven100118_1.jpg

でもきっと、ベンはすべて知っていたような気がします。
自分の旅立ちの日が近いことも、わたしたちとのお別れも。
それはあの日、病院で交わされた先生との会話を聞いていたのかもしれないし
もっともっとスピリチュアルな部分で感じ取るものなのかもしれない。
そしてその事実を恐れることはなく、甘んじて受け入れる準備はとうに整っていた
ような気がしてなりません。だって、そうとしか思えないもの。
え?悲しみのあまり頭がおかしくなったんじゃないかって?
いえたぶん、パートナードッグとの別れに直面したことがある人ならばみな
きっとわかるはず。こんな不思議な感覚も。


犬ってすごい。




ベンが旅立って一ヶ月。
ご心配をおかけしているかもしれませんが
わたしは大丈夫。
焦らず時に身を任せ、ゆっくりゆっくり浮上中です。




スポンサーサイト
  1. 2010/01/19(火) 01:02:18|
  2. ベン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<森と、山小屋と、温泉と。  山小屋編 | ホーム | 2ヶ月をふりかえり。>>

コメント

あ~ よかった
風を感じてる、ベンさんの表情がいいねー
  1. 2010/01/21(木) 12:23:04 |
  2. URL |
  3. ゆゆさん #092NAegw
  4. [ 編集]

時間は優しいね。癒してくれるよね。
しばらくはベン君の思い出に浸る時間を沢山持ってあげてくださいな!

実はさ、気になったケアンテリアがいてさ。
お店の人に色々聞いたら、なんとセバと同じ誕生日。
しかもセバが亡くなった日に、生を受けた子ですた。
運命かも!って思う所なのだけど、15万という事で断念ですv-16
  1. 2010/01/27(水) 17:54:54 |
  2. URL |
  3. Junko #-
  4. [ 編集]

>ゆゆさん

犬ってさ、風の匂いを感じたりするんだよね。
ゴールデンはとくに、垂れ耳ちゃん長毛種だから
風が似合うと思うのです。
  1. 2010/01/31(日) 23:24:58 |
  2. URL |
  3. mie #YjQ.5aTo
  4. [ 編集]

>Junkoさん

思い出は宝物・・・と思いつつも、いっそ記憶喪失になりたい、、、
とか思っちゃう自分もいたりします。末期?

そりゃあ運命でしょ!?
とは言え、あきらめちゃえるってことは運命じゃないのか?(難)

ふーちゃんいなくなったら、きっと更なる大打撃だと思うのですよ。
やっぱり、残される子がいるってのは、かなりの癒しになるだろうし。
もしまた犬と暮らせる日がくるならば、今度は多頭飼いしかない!
と、密かな野望。そして犬スパイラル。絶対反対されるだろうけれど(苦笑)
  1. 2010/01/31(日) 23:34:26 |
  2. URL |
  3. mie #YjQ.5aTo
  4. [ 編集]

残された子の仕草にね。
亡くなった子の影を見るのですよ。
これがまた泣けて泣けて、最後は笑い泣きして。
で、どんだけ愛してたんだ!って再確認して。
そんな自分を誇りに思うのですわ!

犬スパイラルは避けられない運命 v( ̄ー ̄)ニヤリッ
  1. 2010/02/01(月) 12:01:51 |
  2. URL |
  3. Junko #-
  4. [ 編集]

>Junkoさん

「誇りに思う」かぁ・・・
確かに、誇れるほど愛していたもんな。
考え方ってのは大切です。

こんなに辛い思いはもう二度としたくない、、、と思う一方で
だけど、その思い以上に楽しかった日々のことが忘れられなくて。
そう、これはまさに運命ヽ(´ー`)ノ
  1. 2010/02/06(土) 10:25:33 |
  2. URL |
  3. mie #IVIAMRR.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daybook.blog28.fc2.com/tb.php/202-a1887695
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。