DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2ヶ月をふりかえり。

loveven100101.jpg
2009.1.14 六呂師高原






不覚にも、何年かぶりに風邪をひきました。
まんまと弱り目に祟り目。
奥越にまた寒波がやってきて、外は大雪。
喪に服し、初詣はじめお正月気分は自粛の2010年の幕開けは布団の中でした。
でも夜中に目が覚めて、こんな時間にPCに向かっています。

以下、ベンのことをつらつらと。
正月早々、ちょっと重いかもなので、そんな気分の方にだけ。






2009.10.25 ベンの病の兆候が初めて現れて、わたしの頭の中は真っ白になりました。
主治医の先生から紹介を受けた専門医の先生に
「早ければ余命一ヶ月」との宣告。
心臓の腫瘍は外科的治療は難しく、手の施し様がないのだそうだ。
抗がん剤治療がうまく効いたとしても長くて半年。
幸い他の臓器に問題はまったくなく、
介護が必要な状況には成り得ないだろうとのことで、
その時を迎えるまでをどの様に過ごすかを考えてあげて下さいとのこと。
こんなに元気なのに・・・ 信じられない・・・
診察台に横たわるベンを前にふたりして、溢れる涙を抑えることが出来ませんでした。

Quality of Life を尊重し
本人が苦しむだけのいたずらな延命治療はしない。
それはわたしたち夫婦に共通する考えでしたが
この病に関しての抗がん剤治療では、副作用の可能性は低いとのことで
本人が辛いようならばいつでも治療を中止する覚悟を持って、
病気と闘う決心をしました。




わたしたちの心にのみしまっておくことはあまりにも重く辛く
ごく身近な人にのみ、事実を打ち明けました。
だけど、ベンの元気な笑顔を見に来て下さる方も多いであろうこのブログでは
これまで通りのスタンスで、日々を綴っていくことに決めました。
皆さんからは、「がんばれ」という応援の声よりも
これまでと変わらぬいつも通りの目で見守って頂けることが何よりと選択したのです。

とはいえ、以前よりベンのことを気にかけてくれていた職場の上司や先輩には
思い切り本心を吐露し、気持ちの上で本当に助けられました。
最期の日、家からの連絡でパニックになりながら早退しようとするわたしに、
「一人で帰れるのか。無理そうなら誰かに送らせるぞ」
と気遣ってくれたのは、雲の上の存在であるはずの上司でした。

たくさんの人に支えられ、たくさんの人に見守られながら
ベンは楽しく2ヶ月を過ごし、旅立つことが出来たのだと思います。
治療方針でぶつかることほど辛いことはありません。
相方とは、想いを同じにして病と闘えたことが何より心強く嬉しかったです。
長い時間の点滴、不味いお薬、、、ベンもがんばりました。
二人三脚、、、いや三人六脚で過ごせたと、胸を張って言えるこの2ヶ月でした。
でも実のところ、闘病と言えるほど辛い日々を過ごしたわけではありません。
本当に、信じられないくらい穏やかに過ぎた2ヶ月。
それほどこの病はあっけないものでした。
わたしたちにとってはあまりに突然の出来事だったけど
いかにベンの苦しみを少なく逝かせてあげられるかという点では
これで良かったんだと思いたい。
今でも葛藤しながらも、そう願ってやみません。




病気に関することや、それにまつわる事柄の情報公開が、
今後皆さんのお役に立つかもしれない。
ぼちぼちとではありますが、書いていこうかなと思っています。
書くことで、自分の気持にも整理がつけられれば、、、とも思っています。



スポンサーサイト
  1. 2010/01/01(金) 05:48:16|
  2. ベン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<わんこのちから | ホーム | 感謝をこめて>>

コメント

風邪の方は大丈夫ですか??
またしても寒波でお正月気分も飛んでしまってますが
ベン君の為にも早く笑顔で思い出せるようになって下さいね

我が家の外猫も昨年暮れ、、癌の宣告をうけました。
抗がん剤も効かないという事で、自然に任せてと・・・・

元旦の史上初月食をみる事が出来
いい事がありそうかな^^;
  1. 2010/01/01(金) 15:44:37 |
  2. URL |
  3. 花梨 #N6kp4qTg
  4. [ 編集]

自然一杯の 田舎で mieさんたちと伸びやかに遊べて
いい人生(犬生?)を 送れたのではないでしょうか?
辛い時・悲しい時には 時間が日にち薬ですが
ベン君が 心配しないように 元気になってね

動物ではないですが 
うちも早いもので 今年我が子の33回忌になります 
  1. 2010/01/04(月) 20:57:36 |
  2. URL |
  3. おかーさん #DNGI0z/M
  4. [ 編集]

ベン。やすらかに。
ありがとう。

言葉が続かない・・・。
  1. 2010/01/14(木) 17:50:19 |
  2. URL |
  3. あしゅごろう #o.SOemK2
  4. [ 編集]

>花梨さん

風邪はずるずると二週間ほど引きずって、今は正常運転になりました。
でもなんとなく体調がぱっとしないのは、気持ちの問題なのだと思います。

にゃんこさん、その後いかがですか?
本当に、ペットとのお別れは誰もが通る道ですものね。
辛い思いは皆同じ。わたしだけじゃない。がんばらねば。

専属モデルがいなくなり、すっかり撮る機会もなくなりました。
またいつか情熱が湧くまで、しばしのんびりモードで行こうと思います。
  1. 2010/01/31(日) 23:04:48 |
  2. URL |
  3. mie #IVIAMRR.
  4. [ 編集]

>おかーさん

この土地を、どんな風に楽しんでいたのかを一番知っているのは
実はおかーさんなんじゃないか?と思うのです。
アクティブな犬と暮らすには、最高の土地ですよね、本当に。

おかーさんも、辛い思いを経験されているんですものね・・・
人生の先輩にそんな風に言われると、身が引き締まる思いです。

間もなく四十九日を迎えます。
いい加減、そろそろぴしっとしなければ、、、と、後回しにしていたことを
この週末にボチボチ片付けました。
ほんのちょっぴり、心に引っかかっていたことが降りたような気がします。
時間という薬、少しは効いているのかな。
  1. 2010/01/31(日) 23:15:30 |
  2. URL |
  3. mie #YjQ.5aTo
  4. [ 編集]

>あしゅごろうさん

まさかこんな風にお別れになるとは、ね。
あの夏みんなで遊んだことが、今でも昨日のことのように思い出されます。

アッシュも色々と、不調が出てきているみたいだけれど
きっと大丈夫。
先のことに囚われず、一日一日を楽しく過ごしてあげてね。
  1. 2010/01/31(日) 23:20:29 |
  2. URL |
  3. mie #I2b9HWVw
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daybook.blog28.fc2.com/tb.php/199-a55cd001
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。