DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

後立山縦走 不帰ノ嶮を越えて 後編

090815_top.jpg
五竜岳をバックに、唐松岳・牛首に立つ相方。






前編へ





さて、今日はいよいよこの山行のまさに山場、不帰ノ嶮を歩きます。
不帰ノ嶮と書いて「カエラズノケン」と読み、大キレット、八峰キレットに並ぶ
日本三大キレットのひとつ、不帰のキレットを越えるルートです。
ちなみにキレットとは、そのルートがV字状に切れ込んだ岩稜帯のこと。
要するに、険しい急峻な岩場を、ぐーんと急降下したあと、また再び
崖を攀じ登って急上昇する、鎖場連続のコースなわけです。


今回もまた、わたしの一眼レフはザックにしまって歩いているので
相方の撮った写真でご紹介。


090815_1.jpg

090815_2.jpg

090815_3.jpg

今回は縦走中につき、10kg近いザックを背負っての岩場です。
(相方に至っては、ザックの重さは20kgオーバーです)
前屈みになれば、重いザックがズドン!と頭に落ちてくるし
鎖場では、ザックが反動して体が揺さぶられます。
攀じ登る際は、当然自分の体重にプラスして、ザックの重さが
付加されるわけで、先日の剱岳で、アタックザックで身軽に
登れた時との違いを実感するのでした。






090815_4.jpg

なんとか無事に、キレット最低コルに辿り着くと
目の前にそびえ立つ崖・崖・崖。

上の方に、人がいるのがわかるでしょうか?
ズームしてみると・・・


090815_5.jpg

人が3人、張り付いていたのでした。

遠くから見ると、どこをどう登ったらよいのか見当も付かないのですが
その場に来てみれば、ルートを示すペンキのサインが
わたしたちをしっかり導いてくれるのです。





090815_6.jpg

2峰南壁に無事到着。
ここまで来ればひとまず安心。
ザックを下ろして、行動食でしばしの休憩。

目の前に、これから通る3峰と、目的地である唐松岳の頂上が見えます。





090815_7.jpg

天狗山荘出発から4時間半。
無事、唐松岳の頂上に到着しました。
さすが人気のお山、人で溢れています。

予定では、ここで2泊目のはずでしたが
やっぱり今日も、もうちょっとがんばっちゃうことにします。
30分の休憩のあと、五竜岳に向けて出発~!






090815_9.jpg

唐松岳から3時間。
今日も最後はヘロヘロになりながらも、五竜山荘に到着。
こちらのテン場もかなりの賑わい。
相方2時半に到着するも、テント場満杯で、通路に張って下さいとのこと。
斜めってるテントサイトより、整地された通路はある意味快適でした。






090815_8.jpg

雲海に沈む夕日。
赤く染まる空を、そこにいるすべての人々と共有するひと時。

は~今日もがんばって歩きました。





090815_10.jpg
朝露に光るハクサンフウロ。

最終日。今日も朝から良いお天気です。
下山は、五竜遠見の尾根道を下ります。
五竜岳と鹿島槍ヶ岳がそびえる最高のロケーションなのに
茂った木々に阻まれほとんど視界はなく、樹林帯を黙々と下ります。
登り返しも何度かあって、結構大変なルートでした。





今回はお天気にも恵まれ、カッパを一度も出さなかったのは久々です。
割と余裕を持って設定したプランでしたが、ほんの少しずつ
ハイペースでスケジュールをこなし、自分が思っていた以上に
がんばれた2泊3日の山行でした。
岩場鎖場のスキルUPも実感することが出来、益々歩ける山の
巾が広がったように思います。

本当は、ゆる~くお花を愛でていたいのに
なんだかどんどん違う方向へ向かっているような・・・(笑)





スポンサーサイト
  1. 2009/08/24(月) 22:24:29|
  2. お山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<コラボ de 唐松 | ホーム | 後立山縦走 不帰ノ嶮を越えて 前編>>

コメント

だんだんハードな方向へ行っちゃってますね(笑)

不帰ノ嶮、対面から見たばかりなだけにスゴサがよくわかります。
ちょっと、岩稜歩きにも挑戦したくなってきました!!
  1. 2009/08/25(火) 22:02:13 |
  2. URL |
  3. ヨウメイ #IZmV9GYY
  4. [ 編集]

>ヨウメイさん

あの牛首で、スルスル行っちゃうヨウメイさんを見ていて
こっちのほうがムズムズしました。
相方が手ぐすね引いてますよ。
そのうち行きましょう、岩稜帯。
  1. 2009/08/26(水) 22:56:08 |
  2. URL |
  3. mie #YjQ.5aTo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daybook.blog28.fc2.com/tb.php/176-3573788c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。