DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いよいよシーズンイン!

141206_top.jpg
スノーボード、再開するのだ!






つい先日まで、暖かい暖かい、、、と思っていたら・・・
いきなりドバッときましたよ。
近隣のスキー場は、軒並みOPEN日を繰り上げてスタートするようです。
となると・・・我が家もウズウズソワソワし始めるわけです。

実は、、、今年からスノーボードに再チャレンジすることにしました。
相方と付き合い始めた十ウン年前、初めて訪れた冬の大野で
相方と初めて一緒に滑ったのは、スキーじゃなくてボードでした。(相方はスキー)
一応わたしは、スキーとボードの両刀でしたが、実質ボードに乗っていたのは
2シーズンだったか、3シーズンだったか、、、
要は、へなちょこボーダーの域を出ていないレベルだったし、
ブランクは相当なものなので、再開にあたっては実はかなりドキドキです。

でもなんというか、スキーの上達もこれ以上あまり期待出来ないし
パウダーなんて言ったって、ほんとのパフパフを味わえるのは朝一の数本だけです。
なんとなくやる気が失せていたときに、ヨウメイさんの楽しそうな姿に触発されたのかも
しれません。 ヨウメイさん、昨シーズンからテレマークにチャレンジしているんですよね。
アルペンスキーの腕前はかなりのもののヨウメイさんが、テレマークに悪戦苦闘している
姿がなんとも楽しそうというか。新しいことにチャレンジする感覚を、わたしもちょっと
味わってみたくなったというか。



141206_1.jpg

ボードはまったく専門外の相方に代わり、ヨウメイさんにいろいろとアドバイスを
もらいまして、夏頃から少しずつ準備を始めていたんです。
夏休みに東京に帰った際には神田をウロウロ見て回り、
アレがいい、コレがいいと頭を悩ませながらネットショップを徘徊。
遥々岐阜の大型スポーツショップまで、ブーツの試着に行ったり。
結局もうなんだかわけがわからなくなり(笑)、最後は相方に背中を押してもらって
ようやく用具が揃ったというわけです。

ボード:13-14 SALOMON POWDER-SNAKE 153
ブーツ:13-14 FLOW LOTUS BOA
バインディング:13-14 FLOW MINX BLACK


当時、ステップインブーツ派だったわたしはあの時の手軽さが忘れられず
しかしステップインはもはや風前の灯で今後が不安・・・
というわけで、ハイバックシステムを導入しているFLOWのバインディングありきで
最終的に用具は選んだ感じです。
一気に揃えましたが、見ての通りすべて旧モデルってこともあり、
どれも格安でゲット出来ました。
ゴリゴリに滑れる腕があるわけでもないし、所詮乗り味なんてものはわかりません
ので、この程度で十分です。

もちろん引き続きスキーも楽しみますよ!
スキー場には、スキーとボードの両方持参して、その日のゲレンデのコンディションや
やる気度合いで、乗り換えて楽しもうと思ってマス♪
今まではたいてい、2時間も滑ると飽きてグダグダになっていたんだけど
今年はもう少し粘れるかな~と。 せめて、リフト券分は回収しないとね(笑)




---
さて。
今週はすっかり体も冷え込んだので、久々に白峰の総湯にでも行って
温まってくるかー!ってことになりました。
温泉までは山道で雪深いところを通るので、つでにビーコントレでもするか、と。

141206_3.jpg
PIEPS FREERIDE

最近は、パウダー求めてゲレンデでも自己責任エリアを滑ることも増えたし
もしかしたら近々、山スキーにチャレンジすることになるかもしれない。
ということで、、、相方が、わたし用のビーコンを買ってくれました。

リーズナブルな品なので、高価なモノに比べれば精度も劣るし、サーチには
多少コツが必要になるようです。
相方曰く「それでもお守りよりはずっと役に立つ」とのことで、これから雪山に
入るときは必携になりそうです。




141206_4.jpg
PIEPS DSP

一方、こちらは相方が4年前から所有のビーコン。
それなりに高価なモノで、やはりFREERIDEとの違いは歴然です。
今回、比べてみてその違いに驚きました。

高性能なものをわたしに持たせても、相方を雪の中から探し出すことは難しいだろうし
万が一探せても生きているうちに掘り出すことはわたしの技術的に不可能だろう。
でも俺は、わたし(というか、もちろん仲間みんな)を掘り出すことが出来るかもしれない
から良いモノを持つ、、、ということらしいです。なるほど(笑)





141206_5.jpg

取立山の駐車場にて、トレーニング開始。
まずは相方が、片方のビーコンを雪の中に埋め込みに行きます。
とうぜん、わたしは埋めている場所は見ていません。





141206_6.jpg

埋没完了とともに、サーチ開始。
ビーコンの電波を見ながら、宝探しの要領で埋めてあるビーコンを探します。
これ、以前に岳連の冬山講習でもやったことありましたが
結構難しいんですよね~
テンパってるときに、冷静にサーチなんか出来るんだろうか・・・
緊急時に的確に対処出来るよう、定期的にトレーニングしておくことが
大切なんですよね。持ってるだけじゃ意味がないもの。

お互いの安全を確保し、緊急時に助け合うことは岩でも雪山でも同じ。
仲間と滑る山スキーなら、ビーコンを持つことはマナーなんだと思います。
相方がお付き合いさせていただいている面々は、こういう意識が非常に
高い方たちばかりです。
みなさまどうぞ、今シーズンも相方共々よろしくお願いします!

さてー!
まずは来週末あたりに初滑りでしょうか?ふふ。



スポンサーサイト
  1. 2014/12/08(月) 00:11:32|
  2. スキー
  3. | コメント:8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。