DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鰤三昧

141207_top.jpg
ブリ大根






ブリを半身レベルで料理に使いたいという方からその話を聞いて
真っ先にかんちゃんのお顔が浮かぶ。
先日、東京から遥々遊びに来てくれた友人の越前カニが欲しいという
リクエストにも、相談に乗っていただいたお魚のプロのかんちゃん。
さっそく連絡を取ってみると、仕入れましょうと快く引き受けて下さった。
折しも北陸には寒波がやって来ていて海は時化ている様子だから
タイミング良く希望に適う鰤が仕入れられるのかちょっと心配していたのだけれど
約束の日の早朝、市場に並ぶその日一番の上物を競り落としたと連絡をいただいた。
敦賀であがったその鰤は、10.7kgとのことでした。



141207_1.jpg

ちょっと荒っぽい写真でご勘弁を(笑)。
当初、「半身で1.5~2kg程度の鰤を」とお願いしたのですが
それならもっと大きな鰤を仕入れて、美味しいところを選んで
ご希望の分だけお分けしましょうとの申し入れ。
そのほうが絶対に美味しいから、と。

希望されていた方にお渡しする分とは別に、我が家の食卓用に冊で少し、、、
とお願いしておいたら、こんなスゴイのが届きました!(笑)
ちなみにこれ、前の晩に1/3くらい食べちゃった残りです。
で、上に乗っかってるのは、カマ。
これも、スーパーなんかでは絶対に手に入らない見たこともない肉厚っぷり。
当然ひと組(二枚)ありましたが、一枚は夕べ塩焼きにして食べちゃいました。
さらに、サービスでアラも付けていただいてました。
カマのお代を、、、と言うと、カマは魚屋にとってはアラと同じなので(たぶん、
違うと思いますがw)サービスです、と。
ってか、今回の切り身自体、信じられないお値段で譲っていただいたんです。

恐縮するわたしに
「魚屋にとって、その日一番の魚を競り落とせるのはとても幸せなこと。
今回、この魚を買わせていただけたことが嬉しいので」
ですって! 粋なかんちゃん、リップサービスもお上手だこと!(笑)





141207_2.jpg

今夜のために用意した、大吟醸生酒を呑みながら
刺身、ブリしゃぶ、カマの塩焼きを堪能♪
お刺身は言うまでもなく、驚いたのはブリしゃぶ!
今まであまり、せっかくのブリをしゃぶしゃぶにする意味を見い出せなかったのだけれど
素材がいいと、ブリしゃぶもまた格別なモノになるのだということを発見しました。

翌日曜日、さっそくアラを大根といっしょに煮込みました。
せっかくの素材なので、いつもより丁寧に下処理。
そこそこ美味しく仕上がったんじゃないかな?と思います。




---
元々、うちの会社のM係長のお友達だったかんちゃんとは
なんとなくご縁が繋がってお知り合いになった山と川の先輩でもあります。
我が家と趣味が似ているということもあるし、
かなりのグルメで食べ物のお話は聞いているだけでも楽しい方です。
相当なお酒好きでもあるみたいなので、そのうちぜひお酒の席でもご一緒したい
感じではあるのだけれど、うちのM係長と同じく酔うと厄介(爆)らしいので
どうしようかな・・・やめとこうかな・・・(笑)
かんちゃん、ごちそうさまでした♪


スポンサーサイト
  1. 2014/12/07(日) 15:18:15|
  2. 台所
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。