DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やっとキタ。

141130_top2.jpg
ようやく今季初収穫






今年は本当に暖かい。おまけに雨も少ないし。
うちの職場は寒いので、仕事をする上ではとても助かるのだけれど
これじゃあナメコのコンディション的には非常に不利な条件。
先週、せっかく遊びに来てくれた友人たちにも、結局、元気なナメコを
見せてあげることは出来なかった。

先週の状況を顧みても、ぜんぜん期待は出来ないし、
残業続きで寝不足気味なので、日曜日くらいゆっくり寝ていればいいのだけれど
今週はそこそこ雨も降ったのでやっぱり気になって、なんやかんや言っても
パトロールには行っておきたいわけです。


141130_1.jpg

今日は、yasuを誘って3人で。
まだ若い(?)のに、キノコ採りなんていう渋い遊びに食いついてきたyasu。
初ナメコ体験だそうだけど、もちろん山のぼらーなので話は早い。





まずは先週チェックしておいた木の様子を見に行くと・・・


141130_2.jpg

をを~!
いい感じに育っているじゃあーりませんか♪
お味噌汁にするには丁度いいサイズ。
昨日もしっかり雨が降っていたので、ニュルニュルトゥルトゥルっぷりも十分です。





141130_3.jpg

ヌルヌルをこそぎ落とすこの感じ、久々だわー。
やっぱ、キノコは収穫して食べてナンボだよねー(嬉)





141130_7.jpg

この木一本で、結構な収穫がありました。





141130_4.jpg

141130_5.jpg

この木、まだ幼菌抱えてたので、このまま誰にも見つかることがなかったら
来週もう一回くらいは収穫出来そう。

その後、激藪漕ぎしてしばらく徘徊してみたけれど、結局、ほかに
めぼしい木には出会えず。
わたしは、鼻の穴に木が突き刺さって(笑)←笑えない 鼻血ブー。
鼻血なんて出したの、小学生以来かも(笑)←笑えない
多少無理が効くメンバーってこともあり、今日は結構激しい藪漕ぎだったな~





141130_6.jpg

でもねー、、、ついにキタよ、週間予報に雪マーク♪
雪が積もると、里山歩きはわたしにはちょっと厳しいので
わたしは今日が最後になるかもなー・・・



きのこ仲間のかんちゃん曰く、
ここ数年のナメコ大収穫は、
「カシノナカキクイムシ」という虫による”ナラ枯れ”被害における
ミズナラの天然ナメコ大発生のフィーバー。
そろそろなめこバブルも終焉したのでは、、、とのこと。

原木栽培法のページなどを見てみると
なめこの菌にも寿命があって、3~5年目が最盛期で、その後漸減して、
榾木の太さにもよるが、通常8~9年で寿命が終わるのだそうで
そういった意味では天然ナメコも同じなのかなぁ・・・とも思えます。

森のためにはもちろん、害虫の被害などあってはならないことだと思いますが
一度あのナメコバブルを経験してしまうと、今となっては懐かしく思えてしまうわけで
日本経済にしても自然界にしても、いやはやバブル経験者はどうしようもない輩ですな(笑)




さてー、、、
山から降りてもまだまだ時間はたっぷり。
こうしてブログを書いている間に、相方がタイヤをスタッドレスに替えてくれています。
これから街まで美味しいもの食べに出かけ、
鋭気を養ったらまた明日から激務をがんばって乗り切りますか。ふー。


スポンサーサイト
  1. 2014/11/30(日) 12:54:47|
  2. きのこ
  3. | コメント:4

ようこそ!美味しい福井へ

141123_top.jpg
ナメコのお山へご案内~♪






山のぼらーだから、「白山に登りに来る」とかならまだ有り得る話かもしれない。
でもココは、山に囲まれただけの小さな田舎町。
常日頃から、アクティブでフットワークがよくタフな人たちだとは思っていたけれど
まさか本当に、こんなところまでやって来るとは!!
というわけで、、、

『bebe家と矢車家がやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』





いつも仲良くしてもらっている bebe&ケーコ夫妻、矢車草&カズ夫妻が、
この三連休を利用して、ここ福井県は奥越地方まで遠路遥々遊びに来てくれました。
東京からは、ざっくり600kmはありますからね・・・
我が家は慣れていますけど、初めての人にはかなり大変な
距離なんじゃないかな・・・と思います。
一週間前に突然来ることが決まってからというもの、
なんだか申し訳ないやら、だけどやっぱり楽しみでそわそわと落ち着かない一週間。
LINEでの打ち合わせの段階から、愉快なこの旅はすでに始まっておりました(笑)



141123_13.jpg
photo by Kco

三連休初日、わたしは生憎仕事。
道中の連絡、到着してからのナビなど、相方がひとりでホストを務めます。
漏れ聴こえてくる楽しそうなLINEのやり取りに、ヤキモキするわたし(笑)





141123_14.jpg
photo by 矢車草

8番ラーメン食べて、恐竜博物館行って、平泉寺白山神社を楽しんだようですよ。
一泊目はスキージャムのホテルに宿を取っているので
今日は勝山を満喫してもらいました。





141123_15.jpg
photo by 矢車草

夜はお寿司屋さんで宴会♪
残業で遅れつつも、ようやくわたしもここで合流~
美味しい魚と肴と気の合う仲間とのおしゃべり・・・
まぁ、みんなと呑む酒の旨いこと旨いこと!

話は尽きないけれど、明日も早いので日付の変わる前にお開きです。
それにしてもみんな、早起きして長旅してきたというのに、元気です(笑)




さて翌朝。
そもそもの、福井に来る目的はコレでした。

なめこ採り。

141123_1.jpg

実は今年、ぜんぜんナメコ、ダメなんですよ。
一週間前の偵察で、「来てもらう価値はない」と判断、その旨伝えたのだけど
なぜかスイッチ入ってノリノリのみんなは、「エアなめこでも行く!!」と(笑)





141123_2.jpg

しかもこの一週間、この時期有り得ないほどの晴天続きで絶望的なコンディション。
もうほんと、申し訳ないほどにナメコのナの字も見せてあげられなかったのだけど
「山を歩いてナメコを探す」
もうこの人たち、このノリだけでこの際どうでもいいみたい(爆)
どんな状況でもそれを楽しめる懐の深さというかなんというか・・・





141123_3.jpg

まぁ一応、ほんの少しだけ収穫の真似事は出来たので
今回は、それで勘弁してもらいましょうか。





141123_4.jpg

あとはオプションとして、激藪漕ぎを初体験していただきました(笑)
登山道を外れる里山歩きなんて、あまり体験したことないでしょうからね。
大丈夫かしら?とちょっと心配していたのですが
さすが山ヤの面々、それをも楽しんでいただけたようで何よりでしたw





141123_5.jpg

朝早くから山に入っているので、下山してもまだ昼前です。
手早く着替えたら、さぁお楽しみのランチに出かけましょうか。

まずは目的地までの道中にある、カフェに寄り道。





141123_6.jpg

ヨツールの薪ストーブが暖かい部屋で、コーヒーを頂き一休み。
わたしも久々に来ましたが、相変わらず、異空間ないい雰囲気を醸し出していました。





141123_7.jpg

通り道の池田町で、またまた寄り道。
「そば処 一福」
塩出汁のおろし蕎麦で有名なお蕎麦屋さんです。
これからランチを食べに行くというのにお蕎麦って、この人たちの胃袋っていったい・・・
まぁ、量はとっても少ないんですけどね。
わたしは食べられそうもないのでパスです。(相方が、わたしの分まで食べましたw)





141123_8.jpg

さぁ到着!
ボルガライスでお馴染みの「ヨコガワ分店」。
bebeさんが、恋焦がれていたボルガライス。
手に入らないモノなんてないであろう大都会東京で、このボルガライス、
どれだけ探しても食べられるお店が見つけられなかったそう。




141123_9.jpg

まぁ所詮、オムライスに豚カツが乗っているだけなんですが
なんというかやっぱり、ボルガライスはボルガライスなわけで(笑)
bebeさん、どう?美味しかった?(笑)

おかわりしそうな勢いのbebeさんでしたが、このあと夜の宴会第二部が
控えているので、後ろ髪を引かれつつお店を後にしました。





このあとは、とあるご縁でお知り合いになったかんちゃんのお店に押しかけ
越前カニのレクチャーを受けさせていただきました。
矢車姉さん、ばーーん!とセイコ蟹のご注文。流石。

さらに、観山堂で水ようかんイートイン、金花堂はや川で羽二重くるみのお土産、
RPGさながら着々とチェックポイントをクリアしつつ、大野に帰りました。

一服後は大野の居酒屋で宴会第二部。
いつものヨウメイファミリーも加わって、夜が更けるのも忘れて楽しい宴は続くのでした。
それにしても結構食べたし、かなり呑んだよねー・・・
ほんとみんな、信じられないくらいタフ。体力も胃袋も。
わたしは後半、撃沈寸前でした(笑)





141123_12.jpg

そして最終日。
長距離ドライブの今日は、さすがに朝はゆっくりするのかなー、、、
と思っていたら、朝早くから大野城に登るよーと連絡が入る。
ダラダラしていたわたしは慌てて支度し、お見送りのために家を出ます。

今日は相方仕事のため、お見送りはわたくしだけ。




141123_10.jpg

141123_11.jpg

城から降りてきたみんなと合流後、七間朝市を軽く流し、
伊藤順和堂で焼きたてのいもきんつばをいただく。

わたしを含め、みなデカいカメラでバシャバシャと写真を撮るので
「カメラのサークルかなにかですか?」とよく聞かれます。
もう面倒くさいので、「はいそうです」と答えることにしました(笑)




---
は~
ブログを書きながら、こうして思い返しただけでもお腹が一杯になります。
よく食べ、よく呑み、よくしゃべって、よく笑ったねー。
同じ時代を生きてきた同世代、価値観が似ていて楽しむことに貪欲、
ベクトルが同じ仲間との付き合いは本当に楽しく、一緒にいても気が楽です。
彼らと一緒に歳を重ねていけること、幸せだなぁと思います。
いつもありがとう。これからもよろしくね。


我が家もかなりアクティブでアホウな夫婦だと思うけど、
この方々には敵わない、、、今回心底そう思いました・・・
わたしはあまり写真を撮れずにうまくレポを書く事が出来なかったけれど
このおふた方がきっと、楽しいレポを書いてくれるんじゃないかな~と思います(笑)
ここ福井が、彼らの目にどう映っていたのか、、、レポを見られるのを
わたしも楽しみにしています。ふふ。
次回は山菜の時期に、待ってます!
アウトドア天ぷら、胸焼けするくらい作るよ~



さてわたくし、実は明日健康診断です。
暴飲暴食、ヤバイよなぁ~(汗)
今日は昼から絶食です。なんとなくささやかな抵抗・・・


  1. 2014/11/24(月) 16:37:41|
  2. 日々のたわごと
  3. | コメント:4

いきあたりばっ旅 金沢

141109_top.jpg
IL BISONTE  金沢フォーラス






日曜日、野暮用で金沢に行くことになった相方。
出先には専用の駐車場がないとのことで、送迎(というか留守中の車の管理?)
の任務を仰せつかる。
お昼を挟んだ結構長い時間、相方の用事が済むまで時間を潰さなければ
ならないのだけれど、金沢なら時間を持て余すことはないだろう。
それはそれで楽しそうなので、喜んでお供することにした。

さーて、、、どこでなにして時間を過ごそうか・・・
なんせ土地勘もないので、イマイチいい案が浮かばないまま現地入り。
カメラを持たずに出たので、撮影はスマホ。
ローカルネタですが、わたし的には楽しかったので、まぁ一応、記録ということで。



---
ひとまず、ちょっと探したいものがあり金沢フォーラスに行ってみることにする。
いわゆる駅近のファッションビルです。
朝早く出たので、駐車場にもすんなり入れました。


141109_1.jpg
しばしの別れを惜しんで記念撮影(笑)


ビルに入ってすぐ、をを~こんなところにイルビゾンテがー!
テナントはあんまりよく調べず来たので、知らなかった。
実はわたし、ここのお財布を長年愛用しているのですが
ファスナーが壊れたまま使っていたんです。(だからお金がダダ漏れなのか?w)
以前調べたときに、修理に2~3ヶ月かかる場合もあるとのことで
躊躇していたのです。

「お財布は新しいものを持ったほうがお金が貯まる」という説も聞きますし
買い替え時なのかも、、、と思いつつも、
”ナチュラルな革で職人がハンドメイドで作り上げたバックは
使えば使うほど色が深く、革が柔らかくなり、持つ人に馴染んでいく”
というブランドポリシーに敬意を評し、もう10年近くも使っていてクタクタだけど
大切に使い続けて行くのもいいかな、、、との思いもあって、
なかなか廃棄することが出来ずにいました。
東京を離れるとき、田舎に越したらもうこんな場所でフラフラショッピングなんか
出来なくなるんだろうなぁ~とか思いつつ歩いたタマタカのショップで購入。
まぁ実際今となっちゃ、田舎どんだけ?って感じだったんだけど(笑)

ここでショップと再会したのもいい機会かも・・・?
ということで、思い切ってお願いすることにしました。

いってらっしゃい、わたしの相棒よ。
帰ってくるのを、首を長くして待ってるよ。




さてその後、フォーラス内をしばらくブラブラしたあと、
お腹が空いたので、レストラン街へ。



141109_3.jpg
アジアンカフェ ガルーダ

141109_4.jpg

女子ウケしそうな店はどこも行列が出来ていたので、並ばずすぐに入れそうな
エスニックのお店に。
あまり期待はしていなかったのだけど、これがドンピシャ!
シェフはじめ、スタッフはほとんどが本場の方みたい。
本格的ながらも、日本人向けに多少アレンジされているみたいでとても
美味しかった。ネットでの評判も高いみたいですよ。
福井でなかなか出会えなかった美味しいタイカレーに、こんなところでありつけました。
金沢、やっぱ都会だわーw
お財布、取りに来ることになったらまたここで食べたいな。


探し物は生憎見つからなかったけど、久しぶりのデパブラは楽しいね。
疲れたら、シネマフロアで映画でも観ようと思ってたんだけど
時間が噛み合わない。さーて、、、どうしよう。
相方から連絡が入るかもしれないので、あまり遠くへは行きたくはないのよね。



というわけでしばしの思案の結果、前回勘違いして行きそびれた
石川県立美術館へGO!

141109_5.jpg

言わずと知れた、自由が丘・モンサンクレールの辻口シェフのカフェ
「ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA」。
辻口シェフは石川県七尾市出身で、和倉温泉にもカフェがあります。
以前、牡蠣を食べに行ったついでに立ち寄ってみたのですが
とんでもない待ち時間でお茶するのを断念したほどの人気のカフェです。

美術館の駐車場に駐車するまで20分ほど並び、カフェでも20分ほどウェイティング。
待ち時間を利用して、ケーキのテイクアウト分をチョイス。
今日は基本的に時間を潰すために来ているようなものだったし、
のんびり気分で、待ち時間もまったく苦にはならないのでした(笑)





141109_6.jpg

今日店内でいただくのは、「ミュゼ」。
「玄米ビスキュイとレモングラスの香りをショコラムースで包み込みました。
ショコラの香りとまろやかな口どけをご賞味ください。」とのこと。
これがもうもう、わたし好みで最高に美味でした!
小さなケーキですが、超濃厚でクリーミーなので満足度大。
時間をかけて堪能したくなるようなケーキ、久々にいただきました。

催し物が割と渋めの県立美術館という場所柄か客層は落ち着いていて、
静かに過ごすことが出来るカフェなのでは、と思います。
そぼ降る雨に濡れる緑を眺めながら至福の時間を過ごすことが出来ました。

・・・と絶賛しておいてなんですが、テイクアウトしたケーキのほうは
割と普通な印象で、あれ?という感じだったのはここだけの話(爆)



生憎、現在開催中の展覧会にはあまり興味をそそられるものがなかったので
美術館はスルー。
相方のお迎え時間も迫ってきましたが、もう一軒行きたいと思っていたところを
思い出したので先を急ぎます。


141109_7.jpg
柳宗理記念デザイン研究所


日本の工業デザイナーの草分け的存在で、金沢美術工芸大客員教授だった
故・柳宗理(やなぎそうり)氏のデザインの魅力を堪能できる施設です。
金沢美術工芸大学が、柳宗理に関する資料約7,000点を柳工業デザイン研究会より
寄託されたことをきっかけに、それを中心としたデザインの教育・研究の拠点として
開設したそうで、ショップの類ではないので作品の購入などは出来ません。
余計な知識や先入観なしにモノと向き合い、自らの目で素直に美を感じ取ってもらいたい
とのコンセプトから、作品へのキャプション・説明文は一切ありません。




141109_8.jpg

141109_9.jpg

141109_10.jpg

141109_12.jpg

スタイリッシュでありながらも、とっつきにくさを感じない温かみのあるデザイン。
展示されている家具には腰掛けることも出来ますし、食器などもどんどん手に取り
感触を味わって下さいとのこと。写真撮影も禁止されていません。





141109_11.jpg

実は我が家、一時期宗理作品にハマってまして、
パスタパンはじめ、お玉、ボウル、ホイッパー、、、
これらのキッチンツールを結構持ってます。
道具はあれど、こんなにスッキリしたキッチンとは程遠いですけどね・・・(笑)



ここで、相方よりお呼び出しがありタイムアップ!
いや~~なんやかんやでかなり満喫しちゃいました♪


141109_13.jpg

相方と合流したあとは、いつもの好日山荘へスキー用品の偵察に行って
本日の金沢いきあたりばっ旅は、幕。

それにしても金沢という街は、様々なカルチャーがコンパクトに混在する
非常に効率的な街ですね。
短時間にわずかな移動距離でかなり楽しめるんじゃないかと思います。
ネックは渋滞・・・かな?

今回で多少土地勘もついたので、次回はまた違った楽しみ方も出来そう。
美味しくってアートな休日、、、大満足!



  1. 2014/11/10(月) 23:03:09|
  2. お出かけ
  3. | コメント:4

キャラon角砂糖

141108_top.jpg
ドラえもんアイシング






角砂糖乗せキャラアイシング第二弾♪
アンパンマンに続いて、これまたキャラの王道・ドラえもん。
明日も仕事だってのに、夜な夜な睡眠時間削ってこんなことしてるアホウですw


141108_1.jpg

141108_2.jpg

↑作業過程はこんな感じー。
時間を見計らって途中でやめて続きは明日に・・・とかにすればいいのだけれど
熱中すると、途中でやめられなくなっちゃうのよね。
結局一気に仕上げて、一晩乾燥。





141108_3.jpg

翌朝には固まっているので、シートから剥がして角砂糖の上にオン!





141108_4.jpg

相変わらず胡散臭さ全開のドラえもん・・・
黒のラインは非常に細かいので、だいぶプルってます(笑)
まだまだ修行が足りません。





141108_5.jpg

前回のアンパンマンと比べると、ちょっと大きくなっちゃった。
それになんとゆーか、改めてアンパンマンってカワイイな、と。
こんなにシンプルなデザインなのに、人を惹き付ける力がハンパない。
やなせ先生、やっぱスゴイな。



次はなに作ろうかな、、、そろそろ例のヤツ逝っちゃう?(爆)


  1. 2014/11/08(土) 23:47:05|
  2. 台所
  3. | コメント:12

嵐のキャンプ

141102_top.jpg
この後、悲劇が・・・(笑)






またも悪天候に見舞われたこの三連休でしたが
我ら福井チームは日月と一泊で、雨の中でのキャンプを楽しんできました。
アウトドアでの遊びとはいえ、そのほとんどはタープの下での宴会がメインに
なるキャンプは、多少の雨でもまぁそれはそれで楽しめるものです。
というわけで、覚悟の上で臨んだ雨中のキャンプではありましたが
我々の想像を上回る猛烈な暴風雨に見舞われ、現場はとんでもないことに!(笑)
でもそこはほれ、基本山ヤ集団ですから気持ち的余裕も装備も対処も慣れたもの。
後々の話のネタとしては非常にオイシく、却って記憶に残るイベントとなったに
違いありません。

メンバーはいつものヨウメイファミリーと、モッチー父息に、ハラヘッ太ファミリー。
大人6名に子供5名の総勢11名。
数年前、福井にヨメに来たとき福井にまったく知り合いのいなかったわたしが、
福井の仲間たちと今こうして楽しんでいるということに改めて感慨もひとしおです。



141102_1.jpg

141102_2.jpg

141102_4.jpg

場所は我が家からもほど近い、永平寺町にある浄法寺山青少年旅行村。
永平寺町が管理する公共の施設なので利用料は格安で
施設は古めながらもとても綺麗で管理が行き届いています。

現地に着いて早々、降り出す前にと急いでテントやらタープやらの設営を
済ませると同時にポツポツと雨が・・・
ギリギリセーフ!とホッとしたのも束の間、見る見る間に雨足が強くなり
あっという間に凄まじい暴風雨に。
タープは天井に水が溜まり使い物にならない状況。
吹き込む雨で足元はおろかイスもテーブルもグチャグチャ。
おまけに我が家のテントが強風に煽られ転倒、中に入れてあった衣類や
シュラフがビッチョビチョ!(涙)




141102_3.jpg

せっかく設営したけど結局それらはすべて使用を諦め、
急遽屋根のある炊事場に民族大移動と相成りました。
とても広く綺麗な炊事場で、流しや調理台が便利で結果的にはとても快適でした。





141102_5.jpg

テントも使い物にならなくなり、宿泊は避難小屋を使用させて頂きとても助かりました。
広くて立派な避難小屋、実は事前に管理人さんから、なにかあったら使用して構わない
と、許可をいただいていたのでした。

炊事場に移動してからは快適で、何事もなく予定通りに進行。
いつものごとく2台の薪ストーブがフル稼働で暖はバッチリ。
こんな天気ですから広いキャンプ場は貸切で、周りを気にすることなく
夜が更けるのも忘れ日付が変わっても尚、宴会を楽しみましたよ。
おでんにとんちゃん焼きにと、調理に奮闘してくれたワリエさん@ヨウメイヨメですが
残念ながらこんな状況ゆえ、料理の写真を撮ってる余裕はありませんでしたorz
ってか、水没の危機でカメラは車中に避難したため降雨後の写真は一枚もありません。
ちなみにわたしは、ヨウメイ家が用意してくれた食材と、大野上庄里芋で
芋煮汁を作っただけでお茶を濁しました。すまぬw





---
こんな風にたくさんの子供たちに囲まれて過ごすなんてことは滅多にないこと。
本当に賑やかな夜で新鮮でした。
それにしても子供たちは強いわ。
悪天候なんてものともせず、とても楽しそうに過ごしている姿は頼もしくさえもあり
このキャンプがいい思い出として残ってくれたなら、親たちはそれが一番嬉しいこと
なのかな、、、とも思えました。
また一緒にキャンプしようねー!と、最後はしっかり約束をして別れました。
そうそう、モッチーとハラヘッ太さん、これからの山スキー(!?)のほうもヨロシクです♪


メンバー間の取りまとめから施設の手配、買い出しから当日の調理全般まで
ヨウメイ夫婦にすべてオンブにダッコで大変お世話になりました。
仕事が繁忙期に突入したわたしには心身ともにあまり余裕がなくて
今回はほんとに役立たずで申し訳ないばかり・・・(汗)
貧乏性ゆえいつも欲張ってバタバタと動き回ってることが多いけど
こうしてのんびりまったり過ごすキャンプも悪くないねーw

最後に、
この悪天候はわたしのせいかもしれないということをここに懺悔します。
今年のわたしはほんとに、ダメよ~ダメダメ。



  1. 2014/11/03(月) 22:22:33|
  2. 田舎の風景
  3. | コメント:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。