DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

厚焼きパンケーキ

140622_top.jpg
本日のブランチ:厚焼きパンケーキ







日曜日はゆっくり寝坊をしたいのに、早起き鶏の相方は
早朝(ヘタすると5時頃)から、ウィークディに録りためた番組録画を
隣でゴロゴロと観ている。はっきり言ってうるさいw

まぁそんな録画番組のひとつである「ガイアの夜明け」を観ていて
思い出したのであろう、以前の特集”デニーズのパンケーキ”。
なんでも消費税増税に伴うメニューの改定で、パンケーキは今までのレシピを
見直した目玉商品として話題なのだそうだ。
さっそく検索した画像には、美味しそうなパンケーキの数々・・・
うーーん、、、食べてみたいけど、残念ながら福井にデニーズはないのであった(涙)

そうとなるともう、すっかりパンケーキ腹。
んじゃあ、いっちょ自分で焼くべーか。
ミックス粉なんてものはないので、オリジナルでこしらえますよ。




140622_1.jpg

デニーズのパンケーキは所謂タワーパンケーキで、なんと6段重ねだそうだ!
(デニーズで提供開始後、すでに一ヶ月以上経過しているようなので
都会の方々にとってはもう語り尽くされているネタなのかもですがw)

でも今日は、前からやってみたかった厚焼きにチャレンジしようと思います。
まぁこの「厚焼き」も、イワタ珈琲店とか、ピノキオなんて店で話題になって
いたのはずいぶん前なので、新鮮味はありませんが。

さっそくいつものように、ネットでレシピを漁ってみると
みなさん、いろいろ工夫されてますよね~
オイシイとこ拾って、適当にアレンジ。






140622_2.jpg
高さ4cm♪


と、いうことで、、、一応覚書。


<厚焼きパンケーキ>
(直径9cm、高さ4cmのセルクル3個分)

薄力粉:120g
強力粉:60g
牛乳:170cc
ベーキングパウダー:小さじ1と1/2
ベーキングソーダ:小さじ1/2
砂糖:大さじ2
はちみつ:大さじ2
塩:少々
卵L玉:1個
溶かしバター:大さじ1
サラダ油:大さじ1
バニラオイル:少々


セルクルにバター(分量外)を塗って敷紙を貼り付けておく。
(※画像では紙がはみ出してますが、はみ出さないようにw)
紙はオーブンシートのようにツルツルしていないもの使用。
(生地の立ち上がりを助けるため)
卵は別立て。卵黄はハチミツと白くもったりするまで泡立て、
最後にメレンゲをサックリと混ぜる工程で。

セルクルの7分目くらいまで生地を流し込む。
熱源は、ホットプレート使用。
130℃~150℃くらいの弱火でじっくり時間をかけて焼成。
(火加減により、片面15~20分くらいはかかるのでは?と)
上部がポコポコとしてきたらひっくり返して、もう片面も焼く。






140622_3.jpg

セルクル持ってないみなさんは、
牛乳パックとかアルミ箔とかで代用したりしているようですが
熱伝導率の関係なんかで苦戦しているようです。
また、パンケーキって、フライパンよりホットプレートで焼くほうが
焼き色もキレイにうまく焼けるんじゃないかと思います。



いや~~、、、味は、食べたことないからわからないけど
ルックスは、イワタ珈琲店にも負けてないんでないの?(自画自賛w)
一個でお腹いっぱい!


スポンサーサイト
  1. 2014/06/22(日) 13:33:33|
  2. 台所
  3. | コメント:0

求む!ローカル情報。

140621_top.jpg
本日のランチ:フォーガーと生春巻き






今日のランチはフォーと生春巻き。
昨日からメニューは決まっていたので、会社帰りにスーパーをハシゴして
フレッシュな香菜を探し回ったのだけど、結局見つけられなかった。
たまーーに見ることもあるのだけれど
田舎のスーパーには、さすがに常備されていることはありません。
仕方がないので、適当な葉モノでお茶を濁すことにしましたが
やっぱりあの香りがないと、一味も二味も物足りないんだよな~
シャンツァイ、、、苦手な人も多いようですが、我が家は二人して好物です。

ちなみに麺とスープは、都会に出た(笑)ときに立ち寄る「カルディ」などの
輸入食材を扱う店で、大人買いしてストックしてあります。


140621_2.jpg

苦肉の策で、乾燥スパイスをトッピング。
ついでに、乾燥スープも購入。
お湯を入れるだけなので、なんなら山にも持っていけるしね。

シャンツァイも、K'sファームで育ててもらおうかな。




140621_1.jpg

こうしてフォーは、ときどき自分で作るのだけど
やっぱりたまには、プロの作る本場の味が食べたくなります。
東京にいた頃は、お気に入りの店がいくつかあったので
味に飢えることはなかったのですが・・・
ここ福井には、美味しいフォーが食べられる店、あるのでしょうか?
ちょっと調べた感じでは、いまいちピンとくる店がないんですよね。
オススメの店、ご存知の方はご一報を!
ちなみに、Asian Kitchen chanoma は行ったことがあるのでそこ以外で。



---
なんか、ビールが飲みたくなるよなぁ~ という相方に
ドヤ顔でビールを差し出すデキたヨメ。
ちなみに相方、仕事の昼休みのランチですw



  1. 2014/06/21(土) 21:26:15|
  2. 日々のたわごと
  3. | コメント:6

三ノ峰から別山  後編

140615_18.jpg
別山に咲く、ハクサンイチゲ





前編




三ノ峰の山頂で、遥か遠くの別山を眺めながらしばし思案。
別山へは、わたしの足なら「ここから往復4時間」と相方は言う。
うへ~ そりゃさすがに体力気力的に無理だな。
でも実は、この山を選んだ時点であわよくばと思っていたのは
別山は無理としても手前の別山平で、ハクサンイチゲを見たいということ。
別山平はその名の通りなだらかに広がる平原で、
雪解けの頃のハクサンイチゲはもちろんのこと
もう少しするとニッコウキスゲが咲き乱れることでも有名なのです。




140615_13.jpg
三ノ峰から別山(標高2,399 m)を望む。

現在10:50。
帰路の時間を逆算し、12時をリミットにして
行けるところまで行ってみようと、気合を入れなおします。

遥か彼方のようでもあり、歩いちゃいえば意外と近そうでもあり。
別山山頂手前、雪渓が多く残るなだらかな丘が別山平。
よし、まずはあそこが目標だ!





140615_14.jpg

まずは一旦、ぐーーーーんと標高を下げます。
帰りの登り返しを想うと、涙が出そうです。

緩やかなアップダウンを繰り返しながら尾根道を進むと
思いのほかあっけなく別山平に到着してしまいました。
すると、、、前方から来るのは、山スキー界のレジェンド・YAMAさん
アルキタガール((c)相方)のみっちゃんコンビではないですか♪
いつも相方がお世話になっております~

記念にみっちゃんポーズで写真を撮っていただき、お花情報を入手。





140615_15.jpg
ハクサンコザクラ

いや~、、、びっくり!
この時期に、ハクサンコザクラに会えるとは思ってもいなかったです(>_<)

時期が来れば、白山ではたーーーっくさん見られるハクサンコザクラですが
初物はやっぱり嬉しいものですね。
今日はこの子たちが見られただけでも、ここまで足を伸ばした甲斐があったかな。






140615_16.jpg
御手洗池で沐浴する(え?)相方

せっかくだから池も見て行こうと更に先へ。
池周辺も、お花にはまだちょっと早かったよう。
通りかかった別山から下山中の方々に、ハクサンイチゲ情報を尋ねると
もう少し行くと、いっぱい咲いてますよ、とのこと。
うーーん、、、もうちょっと行ってみるか。






140615_17.jpg

気付けば花に釣られて、だいぶ上まで来てしまったのでした。
相方:「ここまで来ちゃったら、うつらうつらしてるうちに着いちゃうよ」(笑)






140615_20.jpg
二礼二拍手一礼(-人-)

12:10
はい。
というわけで来ちゃいました。





140615_21.jpg
別山山頂から望む白山

いつも白山から眺めていた別山に、今こうして立っているということが
なんとなく不思議な感じ。
今度はあっち(チブリ尾根)から、また来よう。





140615_19.jpg

いつの間にか、空は嫌な色の雲で覆われてしまいました。
降られる前に、とっとと下山開始。



懸案事項だった三ノ峰の登り返しを、あっけなくクリア。
登り返しがあまりに調子が良かったので、
「ブランクなんてさぁ、あんまカンケーないもんだねー♪」
と、調子に乗るわたしに相方がひとこと・・・


「家に帰るまでが遠足です」




140615_22.jpg
13:30 三ノ峰避難小屋

まさかその言葉を、しみじみ実感することになろうとは。
三ノ峰避難小屋からの下りの、まぁ長いこと長いこと。
最後は膝が痛くてヘロヘロでした。ほんとに長くて辛かった!
ブランクというのは、筋力の低下に大きく影響するもので、
その衰えは、下りでこそ実感するものなのですねぇ~





15:35 登山口無事到着

標高差1500m。
歩行距離17km。
相方曰く「福井で一番過酷なコース(当社比)」だそうで。
なんだかリハビリハイクのつもりが、本格的登山になってしまいました。
おかげで木曜日まで筋肉痛w
お天気はちょっと残念だったけど、涼しかったおかげで
過酷な登りには助かりました。


でもこれで、ようやく長い冬眠から目覚めた感じ。
また今年も歩きまっせー!





---
おまけ

140615_23.jpg

相変わらず休業中の今現在の鳩ヶ湯。
本当にもう、復活はないのだろうか・・・



  1. 2014/06/20(金) 22:19:30|
  2. お山
  3. | コメント:10

三ノ峰から別山  前編

140615_11.jpg
越前三ノ峰より、三ノ峰(手前)と別山を望む。







トイレも無事完成し、また山へ行く気になったらしい相方と
久しぶりにふたりで山登り。
何度か計画してはタイミングが合わず、わたしはまだ未登だった三ノ峰。
何を隠そう三ノ峰は福井県最高峰。
福井県民山のぼらーだったら、やっぱり一度は登っておかなくてはなるまいて。
ちなみに三ノ峰と呼ばれるピークは二つあって、
福井県と岐阜県の境にあり福井県の最高峰となるのが「越前三ノ峰(標高2,095 m)」。
そのすぐそばにあるもう一つの「三ノ峰」は、
石川県と岐阜県の境にある標高2,128 mの山。
そうここは、福井県と岐阜県と石川県の三国境となる山なんですね。

先日の取立山に続き、わたし的にはリハビリハイク第二弾のつもりだったのですが
まぁ相方と一緒に歩いて、そう簡単に終わるはずもなく・・・



140615_1.jpg
7:05 登山口スタート!

2014年6月15日
もうほんとに久々のマジ登山。(取立山は所詮ゆるハイク)
わたしってば、たどり着けるのかしら?三ノ峰。





140615_2.jpg

8:05 とりあえずの目標だった六本檜を無事クリアすると
稜線に顔を出し視界が広がります。
うーーん、空真っ青!
空気もひんやりしていてとても登りやすい気候ですが
例年にも増して虫(小バエ?)が大量発生しているいようです。
まとわりつかれて発狂一歩手前(笑)





140615_3.jpg
ハクサンチドリ

なんたって花の白山エリア。
お花が咲き乱れるのはまだまだこれからですが、今日がんばれるのは、
上には、今まさに咲き始めたであろうお花たちが待っているからなのです。





140615_4.jpg

そしてもうひとつ。
今回見たかった景色がコレ、刈込池。

ブナやミズナラなどの原生林に囲まれた森の中にぽっかりとあく、
周囲400m、水深最大4.5mの池。

いつも池から見上げていた場所に、今わたしは立っているんだなぁ。




090621_2.jpg
刈込池  2009年6月21日

山を始める前から、何度も行っていた刈込池へは、
5年前の今頃、ベンと一緒に行ったのが最後。
とくに紅葉時期は、とても混雑する人気のハイキングスポットです。




140615_5.jpg

この池に流れ込む小川はあるけれど、池の水が流れ出るところはない。
しかしながら池の水位は一定なのだそうで、こうして見下ろしてみると益々
神秘的な森だなぁと思います。






さて話を戻しましょうか。

140615_6.jpg

虫さえいなけりゃ最高の稜線歩き。
左手に、白山が顔を出しました♪
でも目標の三ノ峰までは、まだまだ小さなピークをいくつか越えなければなりません。





140615_8.jpg

10:05
とりあえずの目標だった三ノ峰避難小屋に到着~!





140615_10.jpg

小屋の裏手をひと登りすると・・・
福井県最高地点「越前三ノ峰」ピークゲッツ!





140615_9.jpg
小屋前に、ニッコウキスゲが一輪。

避難小屋のある越前三ノ峰と三ノ峰のコルは、
風の通り道なのか、じっとしているとめっちゃ寒いので
休憩もそこそこに、ひとまずもうひとつの三ノ峰に向かいます!





140615_12.jpg
これが噂の”みっちゃんポーズ”(超内輪ネタw)

本日の目標達成!
あら?でもなぜかしら・・・?
いまいち消化不良のような気がするのは脳内麻薬のせいなのか?




長くなったので後編へ


  1. 2014/06/18(水) 23:13:58|
  2. お山
  3. | コメント:6

トイレ、できた。

140612_top.jpg
トイレをセルフビルド!






ちょっといろいろバタバタしておりまして、すっかり更新サボっておりました。
レポが遅くなりましたが、相方がコツコツと作っていた我が家のDIYトイレ、
無事完成いたしました~♪
いや~もうほんと、素人でもやれば出来るもんなんですね・・・
仕事から帰った夜にコツコツ、、、休日は山も忘れてコツコツ、、、
相方はそれはもう、日々とても熱中して楽しんでおりました。

配管ももちろん自分でやってますが
電気関係は火事も怖いので、キモの部分だけはプロの方にお願いしました。

珪藻土の壁、半分だけわたしも塗りましたYO!(わたくし唯一の出番)。
トイレ周りはINAXと迷った結果、TOTOをチョイス。
カタログから定番の商品を取り寄せた奇をてらわぬいたってシンプルな造りです。




写真とかあまり撮らなかったのですが、簡単にレポなど。
ではさっそく、before/afterから。
まずはこちらの曲をBGMにどうぞ♪


140612_1.jpg
左がbefore、右がafter。

この写真ではちょっと解りづらいかもですが
まぁそれだけしっくり馴染んでいるということでしょうか。





140612_2.jpg

施工スタート!
まずは壁をぶち抜きます。
壁の向こう側は、写真左手にある部屋の押入れ。
廊下の突き当たりと押入れ部分を繋いでトイレスペースにするという計画です。





140612_3.jpg

解体も結構大変ですねー。
しなっと窓ガラスが磨ガラスにw





140612_4.jpg

わたしはチンプンカンプンなんで、あまり観察とかしてなかったのですが
どうやら設備関係に、やはり時間がかかっていたようですね。
水漏れなんかしたら、嫌よねー(笑)
ちなみに、この真下あたりに1階の既存のトイレがあります。





140612_5.jpg

大工仕事に励んでいた頃だな。
ドア枠が出来て、ちょっとイメージが沸くようになってきました。





140612_6.jpg

電気関係はプロの方にお願いしていますが、なるべく手を煩わさぬよう
出来ることは自分でするべく、天井裏に潜って配線仕事も。





140612_7.jpg

内装に取り掛かり始めました。
まずは天井にPB。
開いている穴は、ダウンライトと換気扇設置位置。





140612_8.jpg

壁も取り付けて、下地塗りなう。
このあと、珪藻土で左官仕事。
わたしは途中から参戦。
最初はやる気なしなしだったのだけど、コツを掴んだら楽しくなってきて
夢中になってしまった。壁塗りって楽しー!もっと塗りたい(笑)





140612_10.jpg

角とか隙間とか、それ専用のコテ(?)みたいなのがあるらしいけど
うちはそんなもん使わず、テキトー。
こんな塗りムラも、我が家じゃ「南仏プロヴァンス」風と呼びます(笑)






壁が乾いたら、便器やら流し台やらを取り付けて・・・






140612_11.jpg






なんてことでしょう♪
(↑しつこいw)





140612_9.jpg

これで、豪雪地・奥越の極寒の冬、たとえ夜中にトイレに行きたくなっても
1階のトイレまで上着を羽織って遥々出かける必要もありません。

TOTOの元祖ウォシュレット(登録商標 日本第1665963号)、
ウォッシュ機能もやっぱりどんどん進化してるんじゃないですか?
お尻に優しいムーブ機能が堪りませんな。うほ。
なにより新しいトイレは気持ちイイ(・∀・)!!
これからは当然、立ちション派の相方も座りション厳守です(爆)



  1. 2014/06/14(土) 01:01:32|
  2. 日々のたわごと
  3. | コメント:18
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。