DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リノベーション

140515_top.jpg
こちらはリフォーム中@製作中の我が家のトイレ(笑)







相方の職場の近くに、
「新しいカフェが出来た」
らしい。
さっそく日曜日、ポタの途中で立ち寄ってみると
思いがけず、とてもいい雰囲気でテンションが上がる。
だって正直、あまり期待はしていなかったから。
片田舎の小さなこの街には、喫茶店はあるけどカフェは、ない。
いや、あるのかもしれないけどわたしはカフェとは認めたくはない。

この週末は地元でちょっとしたイベントがあり、それに合わせたのか(?)
プレオープンだった模様。(※本日5/15 正式オープンだそうです)
結構混み合っていたので、珈琲をいただくのは後日にすることにする。
窓際のカウンター席のお客さんが、ズラリとこちらに顔を向けて座っていたので
外観の撮影も控えることにした。

家に帰って、さっそくネットで情報収集。
目にとまったその記事は、この店舗を手がけた建築士さんのページでした。
さてこのカフェ、「モモンガコーヒー」さんについでは
後日、実際に訪問してから改めてレポしたいと思います。
というわけで今日はこの、建築士さんのお話。



※meirinsyaさんのサイトより、許可をいただき画像をお借りしましたm(_ _)m
140515_1.jpg
モモンガコーヒー@大野市元町

所謂リノベーションというやつですね。
サイトで紹介されているbefore・afterの画像を拝見し、感嘆。
そもそもの物件の良いところを残しつつ、新たな息吹を吹き込む、みたいな。
これがプロのセンスってやつなんだなー。
古民家再生型カフェとかも、それはそれでいいな、、、とは思うけど、
わたし的には断然こっちのほうが好み。
ここなら男性がひとりで本読んでても何ら違和感はないだろう。
わたし、女子で埋め尽くされるようなカフェはあまり好きではないので。


設計・施工を請け負われたのは、地元の明倫舎建築事務所さん。

「大野市にある空き店舗で良いポテンシャル持った物件てまだまだ眠っているので、
それを見つけてどんどん発信していきたい。MMCができたことでここの建築の価値も
上がったし、このエリアの価値も上がった。これから1つでも多くの空き店舗のシャッター
上げるのが明倫舎建築事務所の目標であり使命です。」


ご多分に漏れず、ここ大野も高齢化が進んで街は寂れる一方です。
大野の街を、大野びとの手でリノベーション。
これからが楽しみです!


実は相方が、仕事先で何度かお見かけしているとのことだったり、
近年仲良くさせてもらっている悪友が、設計士さんだったということもあったりで、
勝手に親近感を感じてしまい、思わずコンタクトw
わたしが知らないだけで、こんな田舎にも、センスあふるるステキな人が
まだまだいっぱいいるんだろうな~


スポンサーサイト
  1. 2014/05/15(木) 22:50:01|
  2. 日々のたわごと
  3. | コメント:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。