DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スモークベーコンのポトフ

131215_top.jpg
ポトフに自家製スモークベーコンを投入♪







さてさて、、、
先週のスモークサーモンに引き続き、今度はスモークベーコン作りに
勤しんでいた相方です。
ベーコンを燻すのは2度目。
そもそもは、ベーコンを燻すために作った燻製器でもありました。




ではふたたび、相方のつぶやきから見てみましょう。
写真は相方のスマホ撮影。原文ママです。

131208_11.jpg

豚バラが安かったんで、久しぶりにベーコン作ってみる。





131215_3.jpg

自家製ピックル液、ヒト煮立ちさせて冷まして肉液にぶちこんで3日後。





131215_4.jpg

いい具合にピックル液が染み込んでいますよ。
ピックル液のレシピは、
適当にググって出てきたページの塩分濃度(塩60gに水200cc)をパクり、
それにハウスの香りソルトイタリアンミックスを混ぜ混ぜ。
土曜日、ケムケム予定。




サイズが合わないジップロックに適当に放り込まれ(B型)、口のチャックの
締めが不完全だったため(B型)、冷蔵庫内に液が漏れていました。
せっかく作ってくれようとしているのだから・・・
と、わなわなと怒りに震える気持ちを抑え、夜中に庫内を掃除し、
黙って新たなジップロックに入れ替え口をキッチリと閉じる出来たヨメ。(←オレオレ)





131215_5.jpg

塩抜いて、3時間。





131215_6.jpg

キッチンペーパーに包んで冷蔵庫で乾燥。
明日の昼、ケムケム予定。






131215_7.jpg

ずっと火の番して外出てない。

ベーコンは温燻で、燻製器内はある程度の温度(60度程度?)を
キープしないとなりません。
温度管理のため、放置が出来ないんですね。




やっとこさケムケム終了。
後はそのままほったらかしで、明日のお昼には、、、。





131215_8.jpg

ベーコン切ってみる。





131215_9.jpg

取り敢えずソテーで味見。

目が無くなる位にショッパイ。塩抜き甘かったな。
ポトフ行き。






というわけで、、、
自由に使ってヨシとの了解がおりたので、休日にさっそくポトフに。


131215_1.jpg

そのままでは塩辛すぎるくらいのベーコンなので、
スープに加えたのはコンソメひとかけだけ。
味付けは、ベーコンと野菜の旨味にお任せです。

あとは40~50分煮込んで出来上がり♪





131215_2.jpg

燻製香が際立ち、ほんのりとした酸味を感じるポトフになりました。
思わず昼からワインを飲んでいる相方・・・困った人ですねぇ。

というわけで。
クリスマスには、スモークチキン(丸鶏)が食べられるハズ、、、
と、大いに期待してみるテスト。(ニヤリ)




---
仕事は相変わらず忙しいのですが、
(忙しすぎて、予定していた職場の忘年会が流れました苦笑)
今週でなんとなーく大きな山場を越えたような気もうっすらしています。
ここ数日の寒波で雪もだいぶ増えて、とても寒い毎日。
体調を崩さぬよう更に気を引き締めて、
あと2週間、なんとか乗り切りたいと思います!


スポンサーサイト
  1. 2013/12/15(日) 13:14:52|
  2. 台所
  3. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。