DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コンプリート! その1

130815_top.jpg
五竜岳の下り、鎖場スタート!






2013年8月15~17日
今年の夏休み、ずっと心に引っかかっていた念願のルートを、
ついに踏破することが出来きました。
4年前、五竜岳で終わった後立山の稜線を、さらに先へ繋げること。
そして、、、
日本三大キレットの、コンプリートを達成する目的でもあったこの山旅は
お天気にも恵まれて、久々のガッツリ歩きも堪能するとても充実した
三日間となりました。


日本三大キレット
 不帰キレット(白馬岳~唐松岳)
 大キレット(槍ヶ岳~穂高岳)
 八峰キレット(五竜岳~鹿島槍ヶ岳)



130815_1.jpg

最終日下山予定の扇沢Pに車をデポし、
扇沢駅前発アルピコバス(扇沢線)7時の始発でまずは大町温泉郷へ。
アルペンライナー(白馬扇沢線)に乗り換え、
バスに揺られること30分で国道沿いの五竜のバス停。
そこから炎天下をテクテク25分歩いて五竜スキー場のゴンドラ駅。

ようやくゴンドラに乗れたのは、すでに9時15分を回った頃でした。
車の回収問題は、縦走登山の懸念材料でもあるけれど
うちの場合は相方が、プラン練り(空想旅行?)好きのようなので助かります(笑)





130815_2.jpg

ゴンドラを降りたらもう一本リフトに乗ってさらに上へ。
あら?さっきまで真っ青だった空にもくもくと雲が・・・





130815_3.jpg

4年前、不帰からの下山で歩いた遠見尾根。
視界のあまりよくない長い樹林帯を、登り返しを繰り返しながら
黙々と下りたイメージがあまり良くなくて、こんな道は登りでは
使いたくないなぁ・・・などと思っていたものです。
実際こうして今回登ってみても、あのときのイメージ通りに
やはり辛い登りでした。
ほぼ無風。久々のテン泊ザックの重さと、蒸し暑さにやられてバテバテ・・・





130815_4.jpg

ようやく小屋が見えてきて、あともうちょっとというところで無情にも
雨がポツポツと・・・雨粒が大粒だったので、わたしはカッパを着用。





130815_5.jpg

2:30 五竜山荘着
以前来たときはテン場がいっぱいいっぱいで、通路に張るよう指示されたほどの
混雑だったので心配していたのですが、今日はまだずいぶんと余裕がありました。
小屋泊者も、ここ最近はずっと一畳に一人程度だそう。ちょっと拍子抜け。

小屋に着く頃には、雨足もだいぶ強くなってきて、雨の中バタバタでテントの設営。
岩が濡れると明日は大変だなぁ~





130815_6.jpg

我が家は中段真ん中の黄色いテント。
こう見ると、だいぶ斜めってるな(笑)
結局今日は、通路に溢れることもなくこの程度のテント数でした。

雨が降ってて暇なので、テントの中でゴロゴロしていたら
いつの間にか眠ってしまいました。






130815_7.jpg

夜中に目を覚ますと、そこそこの星空。
今回は岩歩きが目的だったので、ザックは出来るだけコンパクトにしようと
三脚は持って来ていません。
トイレに出たついでに、小屋前のテーブルにカメラを乗せて数枚。
天の川も確認出来たけど、なんとなくモヤっていてクリア感はイマイチ。
外に出て来た女性が、星空を見上げてため息をついている。
「すごい星ですね~」と。
わたしはずいぶんと、感覚が贅沢になってしまっているようだ(苦笑)

寒がりのわたしもシュラフを開けたまま寝られるほどの穏やかな夜でした。





130815_8.jpg

5:20
いよいよ本番。
空が明るくなり始めた中を、まずは五竜岳に向けて出発。






130815_9.jpg

稜線上は若干モヤっているものの、雲ひとつない空。
朝いちの登りは辛いけど、見る見る間に小屋が小さくなって行く~





130815_10.jpg

それにしても相方のザックのデカイこと。
軽くわたしの倍はありますね。
わたしが不甲斐ないばかりに、いつもお世話になっておりますm(_ _)m

だけど今回のルート上では、もっともっとデカいザックを担いでいる
若い子たちがいっぱいいました。
きっと、何日もかけて歩いていたりするのだろうな・・・若いって素晴らしい。





130815_11.jpg

実はわたし、前回山荘まで来ておいて五竜岳には登頂していなかったという・・・
今回のために、ピークはとっておいたのよ。はっは。

先を急ぐので長居無用。





130815_12.jpg

いよいよキレットに向け出発!
まずはザレザレの下りでもったいないほど標高を下げ・・・





130815_13.jpg

大迫力の双耳峰・鹿島槍ヶ岳。
そして、そこに続く稜線。いろいろな意味で溜め息が出る景観。





130815_14.jpg

さっそく鎖につかまりーの、、、





130815_15.jpg

どんどん下りーの、、、






130815_16.jpg

下ったら登りーの、、、





130815_17.jpg

ハシゴもありーの、、、





130815_18.jpg

せっせと歩きーの、、、





130815_19.jpg

鹿島槍がどんどん迫ってきーの、、、





130815_20.jpg

とにかくひたすらに登りーの下りーの繰り返しーの、、、





130815_21.jpg

130815_22.jpg

130815_23.jpg

前半は、ほとんど人とすれ違うこともなく静かな山歩きを堪能。
鎖やハシゴなんかはもちろんありますが、まぁそれほど難しくは
ないと思います。





130815_24.jpg

9:45
キレット小屋到着。ふ~

まぁそれにしても、スゴイところに建てたものです。
トイレをお借りして、ひと休み。
売店で、冷たいポンジュース(500円)を発見。
500mlをほぼ一気飲みして生き返りました(笑)





130815_25.jpg

今日のルートでは、ここがちょうど中間地点といったところ。
キレット小屋を出発すると、いよいよ核心部に突入です。
さぁ気合を入れて行きましょー!




その2に続く。


スポンサーサイト
  1. 2013/08/19(月) 20:55:09|
  2. お山
  3. | コメント:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。