DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

登山部で白山! 後編

130721_3.jpg
朝日に向かって、ばんざーい!\(^o^)/





前編




夕べの消灯時間は、8時半~9時頃とのことでしたが
わたしは電気が消えたのを知りません。どんだけ寝つきがいいねん!(笑)
11時頃目が覚めたので、星の様子を見に、三脚を手にそ~っと外へ。
が、、、空は雲に覆われていて、残念ながら撮影は出来ませんでした。
満天の星空に架かる天の川、みんなに見せてあげたかったのにな。

星がダメだとわかればほかに気になるものはナシ。
再びシュラフに潜り込んでもうひと眠り。
大きなイビキもない静かな小屋内は、暑くもなく寒くもなく。
わたしもずいぶんと図太くなって、こんな条件なら山小屋でも
ちゃんと眠れるようになりました(笑)



130721_1.jpg

3時頃、ガタガタと動き始める人々の気配で目が覚めました。
ご来光にはまったく興味がないので、ひとりだったら寝ているところですが
みんなはとても楽しみにしていたようなので、わたしもとりあえず参加して
みることにしました。
山頂までの登山道に連なるヘッドランプの灯りを撮ってみたかったので
みんなには先に行ってもらいます。
三脚を据えてしばし格闘してみましたが、いや~難しい。結局全ボツでした(涙)
後ろから次々に追い抜いていく登山者が、長時間露光には曲者。
山頂での御来光は諦め、登山者が出払うのを待つのがいいのでしょうね。

さてそろそろわたしも、出発しましょうか。





130721_16.jpg

歩き始めると間もなく、太鼓の音が。
白山では、朝、神社の神職さんが天候を見て、お日の出の1時間前に太鼓を
鳴らします。鳴らなかったら悪天候により神事は中止ということ。

それからしばらくすると、後ろから声をかけながらスゴイ勢いで抜き去って
行く袴に下駄履きの神職さんふたり!
わたしはずっと、下駄は上で履き替えているのだとばかり思っていましたが
まさか下駄のまま登っているとは・・・しかもすげー健脚。
わたしは、渋滞する登山者の列に粛々と並び、50分ほどかけてゆっくりと
山頂を目指して歩を進めました。

山頂に着くと、たくさんの登山者がスタンバイ。
お日の出を待つ間、神主さんが岩の上に立ち、色々なお話をして下さいます。





130721_2.jpg
2013年7月21日のはじまり。オハヨウゴザイマース!

雲があり、顔を出すまでに少々時間がかかりましたが見事なお日の出でした。
神主さんのお話では、7月はずっと悪天候続きで
7月1日に山開きしてからは、今日で5度目のお日の出だったそう。
神主さんの掛け声に合せ、万歳三唱。
同じ景色を見て、その場にいる人全員で感動を共有するひととき。

この日の室堂宿泊者は、630名。
昨日の白山は、今シーズンで一番のひと出だったようです。





130721_4.jpg

まるで大海原に浮かぶ孤島のように、霊峰御嶽山の姿が。
左に目を移せば、乗鞍岳、北アルプスの山塊が続いていました。





130721_5.jpg

朝5時、目覚める室堂と、別山。
そして、後ろに霞む峰々。





130721_6.jpg

山頂の白山神社奥宮での神事にも参加。
代表者が玉串を捧げ、二礼二拍一礼。
その後、供された御神酒も頂き、なんとも清々しく背筋の伸びる思い。
みんながいなかったらきっと、こんな朝を迎えることはなかったと
思います。感謝。


山頂の標柱前は、記念写真を撮りたい人で長い列が出来ていました。
わたしたちはその傍らでさっくりと写真を撮って
大混雑する山頂をあとにしました。





130721_7.jpg

室堂に戻り、お湯を沸かして朝食と珈琲。
改めて準備運動をしっかりとしたら(M係長はラヂオ体操もしっかり笑)、

7:10 下りもトップをmioりんに任せ、下山開始~





130721_10.jpg

130721_11.jpg

130721_12.jpg

お天気はイマイチですが、
せっかくなのでエコーラインで下ってみましょうか。

弥陀ヶ原も、ハクサンコザクラがいっぱーい!





130721_9.jpg

雲がちではありますが、御岳・乗鞍・北アが確認出来ます。
昨日はエコーラインから、富士山も見えていたそうです。※注

※追記
この記事を見て下さったある方から
「白山から富士山は見えません。それは空木岳では?」
とのご指摘を頂きました。(ありがとうございます~m(._.)m)
気になってちょっと調べたところ、こんな興味深い記事を発見!

わたしたちは前日、すれ違った方に「富士山が見えたよ」と教えてもらった
のだけど、確かにこの文献を見ると、空木岳のことを見て富士山と勘違いした
のかもしれませんね~・・・その方も。
ある意味、次回のお楽しみが増えました(笑)
今度登るときは、富士山のように見える空木岳を、探してみようと思います。






130721_8.jpg

ほんのちょっとだけ雪渓。





130721_13.jpg

眼下に広がる南竜のテント群を眺めながら、スタスタと歩を進めるみんな。

甚之助避難小屋で長めの休憩をとって再出発すると
ちょうどバスの時間との関係か
砂防新道分岐あたりから急激に登ってくる人が増えました。
あとからあとから、凄まじい数の人々とすれ違うようになり
ときには下山者の渋滞も。
登ってくる人に道を開け、後ろから迫ってくる人に道を譲り、
ずいぶんと時間はかかってしまいましたが、みな淡々とがんばります。





130721_14.jpg

吊り橋が見えたら、ゴールもすぐそこ!





130721_15.jpg

11:25 ゴーーーーール!!


正直、小学生に、山の魅力を理解する子はなかなか少ないのではないか?
と、思いますが、何年後かには必ず、良い思い出として蘇るときが来るはず。
福井奥越でも学校登山は行われなくなって久しいと聞きます。
親の行動力次第でこんな経験が出来る子供は、とても幸せなのではと思います。

そして、微妙なお年頃のyoucaちゃん、よくぞ参加してくれました!
おばちゃんおねえさんは本当にうれしかったです。
あなたの若さはとても眩しく、さすがの体力には脱帽でした。
勉強も部活も大変だと思いますが、ぜひぜひまた、お母さんやなっちゃんと一緒に
遊びにきてね。今度はおねえさんが、お山の上でスイーツをご馳走しましょう。




さてみなさん、本当にお疲れ様でした。
山では、職場では見ることの出来ない姿を垣間見るのも楽しみのひとつ。
翌日、筋肉痛で苦しむみなさんの姿を見るのも楽しいですし(笑)
来年はさらに、お仲間も増えそうで今から楽しみです。

次回は秋の紅葉シーズンでしょうか?
おっとその前に、白山登山反省会&新入部員歓迎会をしないとですな!


スポンサーサイト
  1. 2013/07/27(土) 12:19:48|
  2. お山
  3. | コメント:6

登山部で白山! 前編

130720_9.jpg
黒ボコ岩地点から手を振るみんな








まだ岩手の旅の余韻も冷めやらぬ先週末、
今度は職場の仲間みんなで、室堂泊での白山に登ってきました。

まだ部員が3人だった2年前、日帰りで登って以来の登山部での白山。
今回は夏休み中ということもあり、ファミリーでの参加があり
小学生を含め総勢6名のパーティ。
他にも参加したいと言ってくれていた人が数名いたのだけど
日程の都合により、今回のメンバーとなりました。

ついに、我が社の登山部(注:非公式のお遊び部活動です)にも、
男子部員が入部!
わたしの草の根勧誘活動の賜物か、じりじりと部員も増えつつあり
部長としてはうれしい限りでございます。



130720_1.jpg
いってきまーす!


2013年7月20日(土)
まだ梅雨の明けない北陸地方はジメジメとしたお天気が続いていました。
でも今日は、素晴らしいお天気に恵まれました。ミラクル!

メンバーは
出席率優秀・成長著しいmioりん、
S主任と、まるで姉妹のような娘のyoucaちゃん(高2・現役テニス部(!))、
M係長と、その係長が目に入れても痛くない愛娘のみゆうちゃん(小4)。


別当出合 7:40 出発
さぁがんばりましょう!





130720_2.jpg
は~、、、それにしても良い天気!

今日はみんな、初のお泊り山行。
事前にミーティングをして、最低限のものは揃えてもらいました。
昼と朝は自炊だし、ザックはみなそれなりに重量があるはず。
わたしも久々のお泊りボッカでかなりヘバってます(笑)
甚之助避難小屋までが踏ん張りどころ。

トップをお願いしたmioりんが今日は絶好調。
結構デカいザック背負ってるんだけどねぇ。





130720_3.jpg
娘にデレデレのM係長(トラキチ)。

みゆうちゃん、か細い体でがんばってます。
たくさんの人に、声をかけられていましたね~
でもあれですね、、、子供ってのは体力的にはぜんぜん問題ないですね。
肝はモチベーションの維持でしょうか・・・

日頃だいぶ不摂生していそうで(笑)心配だった係長もさすが男。
かなり頼もしいパパでした。

甚之助で、たっぷりと長めの休憩。





130720_4.jpg

甚之助を過ぎると植生にも変化が表れ、気分的にもちょっぴり楽に
なりますね。
さっきまで死んでた(笑)S主任も、復活?
それに引き換え娘のyoucaちゃん、、、息切れもせず涼しい顔。
これが若さってヤツなのね・・・(遠い目)





130720_5.jpg

130720_6.jpg

130720_7.jpg

130720_8.jpg

130720_11.jpg
延命水の水飲み場が、新しくキレイになっていました。


十二曲がりは、今まさに百花繚乱。
お花が気になって、脚がぜんぜん前に進まなーい。
何度も立ち止まっては写真を撮っていたら
みんなからだいぶ遅れをとってしまっていたようです。






130720_28.jpg
ふと見上げると、岩の上からみんなが手を振っていました。

ここ十二曲がりはなかなかキツいところなのですが
みんなは割とあっさりクリアしていたようです。





130720_10.jpg

黒ボコ地点から下を眺めると、たくさんの人が登ってくるのが見えます。





130720_12.jpg
黒ボコボルダー。

無駄に体力を消耗するみゆうちゃん、華麗なムーブでオンサイト(笑)
元気に岩の上を飛び回っておりました。
見ているこっちがヒヤヒヤします。





130720_13.jpg

弥陀ヶ原にも、まだあんなに雪が残っていました。
さぁもうひと頑張り!





130720_14.jpg

12:40 ジャスト5時間で室堂着。
ひとまずみなさん、よく頑張りました~!





130720_15.jpg

何はなくとも、まずは生ビールでカンパーイ!





からの~





130720_16.jpg

さらにお酒でもカンパーイ\(^o^)/♪ ノミマッセw

みんなで白山に登るということを、我が社の社長に事前にお話したところ
「上で美味い酒でも飲んで来い」
と、お小遣いを戴いちゃったのです~♪
おかげさまで最高のひとときでした。ありがとうございますm(_ _)m

だいぶガスもわいてきて、生憎頂上には雲がかかっています。
明朝には御来光を見るために登頂するんだし、今日はもういいか!的な
ムードが流れ、お湯を沸かしてのんびりランチ(笑)





130720_18.jpg

でもせっかくなので、室堂平を軽くお散歩してみましょうか。
前回来たのは、6/23。
一ヶ月で、室堂平の雪はすべて溶けてなくなりました。





130720_19.jpg

130720_20.jpg

130720_21.jpg

室堂平では、黒百合、満開一歩手前といったところ。
今年はやはり残雪が多かったのか、お花は少し遅れているような・・・?
お花松原の開花状況も気になるところ。






130720_22.jpg

130720_23.jpg

130720_24.jpg

130720_25.jpg

ハクサンコザクラも、一歩手前かな?
それにしても、なんて可愛らしいお花なんでしょう~(>_<
写すのは難しいけどね・・・(涙)






さて、本日のお宿。

130720_17.jpg

一昨年、ひとりで泊まったときの印象がとても良かったので
今回も自炊部屋をお願いしました。
本来は8名分のスペースを、6名で使用してヨシとのこと。
お隣グループとの間隔も広めに取ってあるので、ゆったりとした感じ。
食事付きのほうの部屋の混雑状況はわかりませんが
この最盛期でも、こちらはかなりゆとりがありました。

荷物の負担を少しでも軽くするため
今回夕食だけは、室堂でいただくことにしました。






130720_26.jpg

130720_27.jpg

夕食のあとのサンセットタイム。
たくさんの人が見守る中、夕日は雲の中へと沈んでいきました。

さぁ明日は3時起き。
果たしてご来光は拝めるのでしょうか・・・

後編へ続く



  1. 2013/07/25(木) 22:39:30|
  2. お山
  3. | コメント:10

岩手へ 後編

130715_top.jpg
ミヤマヤマブキショウマ/ハヤチネウスユキソウ(早池峰山固有種)




前編




今回の岩手の旅の大きなテーマ、二つ目は、、、
北上山地の最高峰で、日本百名山でもある
早池峰山(はやちねさん 標高1,917m)に登ること。

ハヤチネウスユキソウやナンブトラノオ、ナンブイヌナズナ、
ナンブトウウチソウなど、山域での花の固有種率が非常に高く、
高山植物好きには堪らないお山でもあります。

今回は都合が悪く山登りには参加出来なかったY田さんに至っては、
学生時代は山岳部という、親方はもちろん岩手チームの面々は山男揃い。
福井にいるときは仕事が忙しく、なかなかお付き合い頂くことは叶わない
のだけれど、この時期ならなんとか都合をつけて頂けるとのことなので
一緒に登ることが出来るこの日を、とても楽しみにしていました。





130715_1.jpg

朝、またまたT山さんの車でピックアップしていただく。
早池峰もまた、白山同様マイカー規制がかかっているので
麓の駐車場でシャトルバスに乗り換えます。
天気予報は悪くなかったんですがねぇ、、、空はなんだかドンヨリ。





130715_2.jpg

今日は、最短ルートの小田越登山口よりスタート。(CT:2h20m)
「高齢者は先頭」とか言いながら、自らトップを行く親方のハイペースなこと!
お花の写真が撮りたいわたしは、結局みなさんをずいぶん待たせる
ことになりました・・・(汗)





130715_3.jpg

そうそう、早池峰は携帯トイレの推奨に力を入れています。
登山口で、わたしも万が一のために購入しておいたのだけど
なんと山頂で、初使用となりました。何事も経験ってことで(^^;
このテントは、途中にあったトイレブース。

ちなみに以前は、し尿はボランティアの方々で担ぎおろしていたそうです。





130715_4.jpg

「お花の山」なんて言うから、メルヘンなイメージがあるかもしれませんが
早池峰山は全山が主に蛇紋岩で形成された岩また岩の山。
北海道のアポイ岳や尾瀬の至仏山などが、同じような蛇紋岩地帯の植生だそう。





130715_5.jpg

ハヤチネウスユキソウ(゜∀゜)キター!!!!
いやまてよ?オオヒラウスユキソウか?
ウスユキソウにも種類がいっぱいあって、わたしにはいまいち
見分けがつきません。





130715_6.jpg
ミヤマオダマキ


130715_14.jpg
ミヤマシオガマ/ミヤマアズマギク


130715_7.jpg
ハヤチネウスユキソウ



この他にも、初めて見るような花ばかりで何が何やらサッパリ・・・



130715_8.jpg

こんなときは、この腕章が目印の
「早池峰グリーンボランティア」の方を捕まえて、質問を浴びせかけます。
でも花の名前・・・教えてもらうそばから忘れて行きます。とほ。





130715_9.jpg

それにしても、、、ガスで山容はさっぱりわかりません(涙)





130715_10.jpg

が、一瞬こんな景色も!チラリズム。
晴れていたら、どんな展望が待っていたのだろう・・・無念なり。





130715_12.jpg

130715_13.jpg

ガイドブックには必ず載っている、早池峰名物のハシゴ場。
混雑しているときは、渋滞になったりするようです。





130715_15.jpg

山頂直下。
木道が続くのどかな雰囲気。
今年はどの山域も、コバイケイソウがアタリ年のようですね。





130715_16.jpg

山頂到着~!
さすが人気のお山。こんなお天気なのにどうですか、この混雑っぷり。
到着後間もなく、雨がパラついてきたので避難小屋へ。





130715_17.jpg

ここで、T山さんのザックから冷え冷えのビールが飛び出しびっくり。
こんなものボッカしてたなんて知らなかった(笑)
ABさんが朝作って持たせてくれたオニギリとお弁当を食べながら乾杯~♪

プハー!
本当は、雄大な景色を眺めながら飲みたかったけどね。




130715_18.jpg

小屋も混雑していることだし、長居無用ということで下山に取り掛かります。

このままピストンではつまらないということで、
帰りは河原の坊へ下りることに。





130715_19.jpg

130715_20.jpg

130715_21.jpg

いや~、、、結構急峻で侮れないコースです。
スリッピーだし、浮き石ばかりだし、なかなか神経使いました。
普通は逆パターンで周回する方が多いようですね。
でもこれ、下るのは確かに大変だけど、登るのもタフでしょうねぇ。



しかも、、、


130715_22.jpg

こちらのコースは、こんな沢を4回ほど渡ります。
前日までの雨で水かさが増していて、かなり怖かった。
なんとか靴の中は濡らさず渡り切りましたけども。
わたし、高いところはぜんぜん平気なのに、ヌルヌルツルツルしていそうな
岩の上が苦手なのです。





130715_23.jpg

標高差900M弱を、2時間ちょっとで無事下山。
左下に見えるのが、携帯トイレの回収ボックス。
わたしもココに投函させて頂きました(爆)

ほどなくやってきた、激混みのシャトルバスに乗り込んで
駐車場へ戻りました。



終始ガスガスで、ときには小雨もパラつきお天気は残念だったけれど、
まだ梅雨の明けない東北地方に於いては、カッパを着ることなく
こうして歩けただけでもまだ良かったほうなのかもしれません。
会いたかったハヤチネウスユキソウには無事会えたけれども
早池峰山の花が本当に良い時期は6月なのだそうで
来年(!)はぜひ、6月にリベンジにやってきたいと思います(え?笑)

とにもかくにも、
親方と一緒に早池峰を歩けたということが何よりもの収穫。
いつか、登山部みんなで歩けたらそれもまた楽しいだろうなぁ~



一旦家に帰り汗を流したあと、
夜は本場の盛岡冷麺を食べに焼肉屋さんへ連れて行って頂きました。
飲んで、食べて、しゃべって、笑って、、、
最後の最後まで、岩手チームのスキのないエスコートぶり。
何から何まで、本当にお世話になりましたm(_ _)m

このご恩は、また福井でお返ししたいと思います!
(お返し出来ると良いのだけれど・・・)






---
おまけ。

翌朝、ABさん宅を発ったあとは、、、

130715_26.jpg

130715_27.jpg

130715_29.jpg

道の駅「石鳥谷」にある「南部杜氏伝承館」を見学したり、、、





130715_28.jpg

中尊寺の金色堂を、駆け足ながらも見学。

それでも夜8時には帰宅出来たのだから、岩手なんか近い近い~~(爆)
岩手って見所がいっぱいあって、一度や二度じゃ遊び切れない。

また行きます、必ず。



  1. 2013/07/24(水) 00:06:55|
  2. お山
  3. | コメント:10

岩手へ 前編

130714_8.jpg
生ウニとイクラたっぷりの「リアス丼」  丸藤 釜石市








この時期は故郷に帰っている職場の親方を訪ねて
海の日の三連休は、遥々東北岩手へ相方共々お邪魔してきました。
今の職場に勤め親方と出会ってもうすぐ5年。
毎年この時期になると遊びに行こうと計画を立てるのだけれど
なかなかタイミングが合わず、ようやくついに今回、念願が叶いました。

親方はじめ、同じ職場の岩手チームの完璧なるバックアップを受けて
内容の濃い、とても贅沢な三日間となりました。

金曜の夜8時に福井を発って、一晩高速道路をひた走り(わたしは船漕ぎ係)
途中のPAで仮眠をとりつつ岩手入りしたのは午前7時。
今回居候を決め込むABさん(女子)のお家でちゃっかり朝食を頂いたあと
そこからは、チームの若手・T山さんの運転するワゴン車にみんなで乗りこみ、
あっちへこっちへと2日間みっちりお付き合い頂きました。





---
今回の岩手の旅の大きなテーマはふたつ。
まず一つ目は、、、



東日本大震災の爪痕を、自分の目で確かめ記憶に残すこと。

130714_1.jpg
現在の 陸前高田 高田松原


Takata-matsubara.jpg
震災被害を受ける前の高田松原(2007年6月3日撮影) wikipediaより


震災が起きたとき、わたしは福井で親方と共に仕事をしていました。
TVやネットで繰り返し流される故郷の悲惨な状況を、遠く離れた福井で
岩手チームのみんなは、いったいどんな気持ちで観ていたことだろう。
家族全員無事の確認が出来たのは、震災から翌々日のこと。
親方は立派な方だから、わたしたちに動揺する素振りなどは一切見せず、
いつも通りに仕事をこなしていたけれど、心中を想うと居たたまれず
この震災は、わたしにとってもある意味とても身近に感じる出来事でも
あったのです。





130714_7.jpg
車窓を流れる被災地の景色


あれから2年。
沿岸の町はだだっ広い空き地の様相でした。
このあたりは住宅地で家がぎっしりと建ち並んでいたとのこと。
以前の姿を知らないわたしたちはピンとこないのだけれど
この土地に暮らしていた方々には信じられない光景なのだろう。
山を切り崩し、その土砂で土地の高さを5Mほどかさ上げしようという
計画だそうで、大きな工事車両がひっきりなしに行き交っていました。





130714_3.jpg
奇跡の一本松


130714_4.jpg
震災直後の一本松(ヘリコプターより 彦野公太朗カメラマン撮影)


あまりにも有名になってしまった一億五千万円のレプリカ松。
この松の木を整備するにあたっては、ずいぶんと反対の声も上がって
いたようだけれど、シンボルというのはときに人を助ける大きな力も
持っているわけで、語り継ぐためのアイテムのひとつとしては
あってもいいのかもなと、この松を見上げながらわたしは思いました。





130714_5.jpg

130714_6.jpg
被害を受けたままの建物がそこかしこに。


陸前高田から、大船渡を抜け釜石まで。
沿岸の町で暮らしていた、親方の息子さんの家も、ABさんの息子さんの家も
みんなみんな、流されてしまった。
「ここに家があったんだよ」なんて、親方は笑っていたけれど
わたしはもうなんというか、言葉が見つからず、ただ唖然とするばかり。

まだまだ問題は山積のようですが、わたしたちにいったい何が出来るのか。
こうして被災地に出向くなどして、微力ながらも現地の経済活動に貢献する
ことくらいしか思い浮かばない。






130714_9.jpg

海鮮が食べたいと言うわたしのリクエストで、お昼は釜石の和食処「丸藤」さんへ。
こちらのお店も当然津波の被害を受けて、店舗一階部分が損傷、ご自宅は全壊。
それでも今はこうして、被災前と同じ場所で営業を再開されています。
大好きなウニとイクラたっぷりの丼と、昼間っから生ビールを満喫♪
ドライバーのT山さん、ごめんなさい(笑)


店を後にし、釜石の生鮮市場「サン・フィッシュ釜石」でお買い物を楽しんだあと、
帰りは遠野に寄り道して伝承園の南部曲り家を見学。
雨足が強くなってきて、残念だけどカッパ淵見学は諦めました。




---
ABさん宅に送り届けていただいたあとも、親方を引き止めまた一杯。
いつも思います。なんという贅沢なお酒・・・



さぁ、明日は早起きですよ!
後編に続く

  1. 2013/07/19(金) 21:48:02|
  2. お出かけ
  3. | コメント:6

キヨミズダイブ2013

130712_top.jpg
今年もまた、飛び込みましたm(_ _)m







呆れる相方の忠告を、ぐっと右から左に受け流し
とうとう思い切ってしまいました。
わたしにはもったいないと、だいぶ迷いましたが
非力をカバーするためこそなんだ、と言い聞かせ・・・。




---
いや~~暑いです。
昨日今日、わたしが働いている場所は、36度です。(室内です)
連日の猛暑で、さすがのわたしも少々バテ気味。(でも元気だけど)
今週の長かったこと長かったこと・・・

でも今週末は、楽しみにしていた3連休♪
ここ何年、ずっとずっと行きたかったかの地へ行ってきます。

tenki.jpg

金曜日午前11時現在の現地の天気予報。
お忘れ?
今年のわたしは、ツイているんです。

暑さに負けず、みなさまも良い連休を♪


  1. 2013/07/12(金) 12:54:13|
  2. 日々のたわごと
  3. | コメント:10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。