DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

白山初めは平瀬道

130623_top.jpg
6/23現在の室堂周辺の残雪状況







相方に珍しく山の予定がないというので、久々に一緒に登ることに。
「どこでもいいよ」と言われて迷った挙句、ここはやっぱり白山かな。
ようやくアイゼンがなくても歩けるくらいに雪解けも進んだようだし
そろそろお花たちも咲き始めていることだろうから。


130623_1.jpg

そして今日は、初めての平瀬道でアタックします。
登山口までちょっぴり遠い(それでも2時間ほどだけど)のがネックに
なって、今までなかなかタイミングが合わなくて。
相方は登山を始めたばかりの頃に登っているそうなのだけど
6年も前のことで記憶はすっかり薄れているようです。

6:35 駐車場を出発





130623_4.jpg
ハクサンチドリ、白花みーっけ♪



130623_5.jpg

歩き始めるとのっけから花・花・花・・・のオンパレード。
とくに今はアカモノ、マイヅルソウ、コイワカガミが、
花道の如く登山道を埋め尽くしています。

”花の白山”の本領発揮ももう間もなくですよ。





130623_6.jpg

木々の間から見える山容が、なんだか白山じゃないみたい。
別当出合から登るのとも、またちょっと雰囲気が違います。





130623_7.jpg

8:40 大倉山分岐
大倉山の山頂はすぐそこのようなのだけどもちろん華麗にスルー。





130623_8.jpg

大倉山避難小屋。
小屋の向こうに御前峰と剣ヶ峰が見えます。

この大倉山避難小屋、トイレはないのだけれど
携帯トイレが用意されているそうです。
トイレブースがあって、そこで携帯トイレに用を足すことが出来ます。
泊利用を考えている方や、よんどころない方(爆)にはとても助かる
システムなのではないでしょうか?
携帯トイレ協力金は200円。使用済みトイレはもちろん自己責任で持ち帰り。





130623_9.jpg

滑ったらアウトな感じの雪渓を、何度かトラバース。
雪はグズグズだけど、ステップは不明瞭なので要注意。
まぁでも、あと1~2週間もすればもう少し歩きやすくなるでしょう。




130623_10.jpg

9:45 カンクラ雪渓

室堂まで1.3km とあります。あともうちょっと~
ガスが出てきちゃいました。





130623_11.jpg

ハイマツ帯を抜けると、、、室堂が見えた!
雪渓を吹き降ろす風が冷たくて寒いくらい。

10:30 室堂着





130623_12.jpg

室堂でトイレをお借りして、そのまま御前峰へ向け再出発。
この頃は、こんな青空も見えていたんですが・・・





130623_13.jpg

う~~ん、、、クロユリはもうひと息!
いつも一番に咲き出す辺りを注意深く観察してみましたが
開花しているものは見つけられませんでした。
でもあと数日で開きそう。





130623_14.jpg

11:25 山頂着。
残念ながら、空は雲に覆われてしまいました。

空は真っ白だったけど、風は穏やかで暖かかったので
山頂でランチをとりました。
そんな雲の間から、ときおり青空も覗くぽかぽか日和。
考えてみたら、山頂でこんな風にのんびりしたのは初めてかも。





130623_15.jpg
大汝峰、剣ヶ峰、翠ヶ池。




130623_16.jpg
2013年6月23日


120630_10.jpg
2012年6月30日

昨年は、この一週あとに登っているのですが、その時の記録と見比べて
残雪状況は、昨年並みといったところでしょうか?
ということは、、、お花の開花も昨年並みなのかな?

それにしても、残雪の形って毎年同じなのね(笑)
あたりまえっちゃああたりまえなんだけど面白い。





130623_17.jpg

さーて、、、のんびりしたし、あとはちゃっちゃと下りちゃいますか。

12:35 室堂出発




130623_18.jpg

登りはなんとも思わなかった雪渓のトラバースですが
下りはめっちゃ怖かった!
調子に乗ってあばさけ気味にグリセードかましてた相方は、
見事にズッコケてトレッキングポールをポキリ(-人-)

いや~~それにしても下りの長いこと長いこと。
最後は脚が棒でした(泣)
途中、雨に降られてカッパ着用したりと、なかなか難儀しましたが
想定していたより早く下りてくることが出来ました。


15:10 無事下山




130623_19.jpg
白水湖畔ロッジ

ところで登山口に、こんなステキなロッヂがありました。
相方が7年前に来たときは、古い小屋だったらしいので
比較的新しい営業なのかしら。




130623_20.jpg

130623_21.jpg

珈琲は、自家焙煎のようですよ。
アイスコーヒーと、思わずクロワッサンを注文。

このロッヂで、大白川露天風呂の受付もしてくれます。
野趣溢れる掛け流しの露天風呂にもココロ惹かれましたが
石鹸使用が不可とのことで、後ろ髪をひかれつつパスしました。





---
標高差1,450m 往復距離約15km
急登もとくになかったし、
数字で見ると、そんなに大変なこともないと思うのだけれど
なんかすごくキツかった感じだな~
やっぱりまだ、身体が慣れていないということなのかしらん。

別当側に比べれば、やはりこちらはマイナールートということなのでしょう。
とにかく人が少なくて静か。
稀に出会った(抜かれる笑)のは、健脚なソロの方がほとんどでした。

終始雲がちで、帰りは雨にまで降られてしまいつつも
今は梅雨真っ只中なんだということを思えば、青空も見ることも出来たし
なかなか貴重な一日だったのではないかと思います。
最後はかなりヘバって、ヘロヘロになってしまったけれど
これからコンスタントに歩いていって、また今年もお花松原へ行けるくらい
には、鍛えていきたいなと思っています。

今年の白山は、7月1日が山開き。
みなさんもぜひ、花の白山においで下さいませ~



スポンサーサイト
  1. 2013/06/25(火) 01:02:08|
  2. お山
  3. | コメント:8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。