DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

持って歩けるソースカツ丼

130622_top.jpg
ミート&デリカ ささき(鯖江市本町) のサバエドッグ








先週に引き続き、またまた鯖江までGO!
本当は先週、ボルガライスを食べたあとココにハシゴする予定だったのに
店まで行ったら痛恨の定休日!ちゃんと事前にチェックしておけっての。
てなわけで、あらためて出直してきました。ちなみに日曜日がお休みですよ。


130622_1.jpg

「ミート&デリカ ささき」さん。
ほんと、なんの変哲もないいたって普通の街のお肉屋さんです。

店内に入り、さっそくサバエドッグを注文。
「5分ほどお待ち下さい~」
注文があってから調理にかかり、揚げたてを提供するスタイルですね。

※お店の方の許可を頂き、撮影させていただいております。





130622_2.jpg

サイン色紙ならぬ、サイン紙コップ。
福井の人にしかわからないであろうが福井ではお馴染みの
福井地方局アナウンサーなどのサインがズラリ。

ショーケースには、精肉のほかに、惣菜や、下拵え済みのカツなどが
並んでおります。
お弁当用にでも買って帰ろうかしら?(主婦の顔がちらり)




店内をキョロキョロしていると、「お待ちどうさまです~」とお声がかかり・・・

130622_3.jpg

じゃん♪
これが、秘密のケンミンSHOWでも取り上げられ、局地的ブームを巻き起こした
とも言われる福井県鯖江市発信ご当地グルメ、「サバエドッグ」でございます。
一本、250円也。

コンセプトは、「持って歩けるソースカツ丼」。
ご存知福井県民のソウルフード・ソースカツ丼を携帯できる様に考案された、
新発想の食べ物なのです。
ちなみに、福井のソースカツ丼とは、関東などで一般的に知られる”卵とじ”では
なく、極薄のカツを甘辛いソースにどぶ浸けして、蓋も閉まらぬほど丼から溢れん
ばかりに何枚も乗せたカツ丼です。
それはそれで美味しいですけどね・・・
好きか嫌いかっちゅーたら、あたしゃやっぱ卵とじのほうが好きです。
それ言っちゃあオシマイ(爆)





130622_4.jpg

きりたんぽ状に割り箸に刺したご飯に、豚肉を巻き付けて
パン粉をまぶして揚げています。
米は福井県産コシヒカリ、豚肉は国産豚の肩ロース肉を使用。





130622_5.jpg

かぶりつくと、肉汁とたっぷり染み込んだソースが口の中にほとばしります。
ハンパなくジューシー!
溢れたエキスで服汚さないようにご注意を。

美味しいです。美味しいんだけど・・・
めちゃくちゃ喉が乾いて、そのあとコメダに直行してコーヒーがぶ飲みです(笑)



お店の方にうかがうと、このミート&デリカ ささきさんの他に
北陸自動車道北鯖江PAと、サンドーム福井近くのコンビニでも購入することが
出来るそう。
ネットで検索すれば、通販もしているところもあるようなので、興味のある方は
この機会にぜひ、福井のB級グルメを味わってみて下さい。

武生&鯖江、がんばってますな。
奥越も負けてられません。
越前おおのB級グルメ・醤油カツ丼(通称:SK)も、
そのうちご紹介出来れば、、、と思います~



スポンサーサイト
  1. 2013/06/22(土) 17:47:35|
  2. お出かけ
  3. | コメント:8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。