DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

残雪期西穂独標

130317_top.jpg
クンバカ修業中(怪しすぎ)







2013年3月17日(日)
ただ今 膝故障中のbebeさんが、思うように山歩きが出来ずに
悶々としているようなので(笑)、リハビリ兼ねた軽い山歩きをしつつ
ラーメンでも食べに行きましょうかと西穂へ行ってきました。

がしかし、蓋を開けてみればもうこれ以上ないほどのド・ピーカンで
いつもゴーゴー風が吹いてる稜線が何やらとても穏やか。
お天気を味方に付け気を良くしたらしいbebeさん、
山荘までの軽いリハビリ山行のはずだったのに、結局は独標の岩登り
までやっちゃうんだからもう、膝、大丈夫なのかしら?と
わたくし内心冷や冷やしておりました。

それにしてもこんなコンディション、滅多にないのでは?
だから言ったでしょ?今年のわたしはツイてるんだってば。
えぇ。わたくし前日の荒島岳に続き二連荘しちゃう山ヤですが何か?




130317_1.jpg
野趣溢れる「荒神の湯」。ある意味野晒し(外から丸見え的な 笑)


我が家は朝4時に家を出て、現地で車中泊したbebe家と
登山者用ロープウェイ無料Pで8時に待ち合わせの予定。
でも早く着きすぎたので時間調整も兼ねて、誰もいない貸切の荒神の湯で
早朝からひとっ風呂浴びる我が家のオハラショウスケ氏。






130317_2.jpg

bebe家と合流後、ロープウェイ乗り場へ。
一時間前には並びはじめていたこともあり、無事始発をゲット。
バスでやって来る観光客も多く、本日も大盛況のようです。
とにかくもう、朝から超快晴。






130317_3.jpg

9:30
歩き始めからこの景色だもの!やっぱり北アルプスは別格。
まだまだ豊富な雪は雪質も良く、とても歩きやすい快適な登山道。






130317_4.jpg

55分で山荘着。
更に上を目指す人、スノーシューツアーに出かけるグループ、
斜面で滑落停止の訓練をする人々、デポされたたくさんのザック、、、
穏やかな気候の小屋前はカラフルで、とても賑やかなムード。

我らはトイレをお借りし、行動食を摂りながら30分ほど休憩。






130317_5.jpg

bebeさんの膝の調子も良いようなので、
次なる目標である「丸山」を目指し出発。

さすがに稜線上はそれなりに風がありますが、ノープロブレム。






130317_6.jpg

でも丸山なんてあっという間。
ここで引き返すなんてもったいない!
せっかくだから独標の取り付きまで行ってみようよと
どんどん目的地が先へ先へとなって行きます(笑)

焼岳も、迫ってくるような迫力ですよ。






130317_7.jpg

しんどい登りを黙々とクリアすると・・・
独標が目前に見えてきてテンションUP!
幸い雪質も良く、岩の凍結もないようなので
このぶんなら初心者でもなんとか登れそう。

「怖かったらロープ出すからね~」
相方のデカザックの中には、
万が一のためにとお助けロープが隠されていたのでした。






130317_8.jpg

岩歩きが苦手と言うケーコちんのフォローにまわる相方。
ゆえにわたしのことは放置プレー。

だけど実は、あのときとは比べ物にならないくらいに登りやすい
岩の状態にホッとして、ちょっと有頂天になっていたアテクシでした(笑)






130317_11.jpg
2010年2月14日撮影


3年前の2月
厳冬期に登って、凍結した独標の下りでチビって以来、
冬の独標はわたしにとって、トラウマであり鬼門だったんです。
それにしても今日はずいぶんとあっけなく登れてしまったな~などと
思っていたけれど、後から写真を見返してみてビックリ。
あの日はこんな状態だったんだ・・・
あぁ今思い出しても恐ろしや(( ;゚Д゚))ガクプル






130317_10.jpg

今回は、ところどころに雪が残る程度で凍結箇所もなし。
ホールドもしっかりあるので三点支持も取りやすく
むしろアイゼンやピッケルが邪魔に感じるくらい。






130317_9.jpg

ひとり先に登って、みんなが登ってくるのを見守ります。



12:15
全員無事に独標到着!




130317_14.jpg

喜びのジャ~ンプ♪(※「山と野と」@矢車家に捧げるオマージュ)
でも相方が飛ぶとなぜかそれは空中浮揚、みたいな?(爆)

足元に広がるのは我らが白山。
今日は一日中、その神々しい姿を見ることが出来ました。






130317_13.jpg

西穂高岳本峰と、そこに続く峰々。
今日のコンディションなら行けたかな~・・・
思わずそんな気持ちにもなったりしちゃうってもんです。






130317_12.jpg

15分ほどゆっくりし、さぁ緊張の下山です!
途中、ルートを間違えヒヤリとしたりもしましたが
まぁ危なげなく核心部を通過。






130317_18.jpg

あとはラーメン目指してとっとと下っちゃいましょう~






130317_16.jpg

昨年9月、登山部で食べに来た以来の西穂ラーメン♪
今日は味噌をチョイス。
トロトロの半熟卵が、味噌スープと絡んで(゚Д゚)ウマー!!






130317_17.jpg

下山時ずっと前方に広がる笠ヶ岳も輝いています。
それにしてもこの日は、早朝から夕方まで
終日本当に良いお天気でした。
季節を通し、西穂には何度も来ているけれど、
今回は、文句無くナンバーワンの快晴だったと思います。

混雑が苦手とのことで、いつも渋い山域を歩いているbebe家。
最高の北アルプスデビュー戦となったのではないかと思います。



今回のGoodコンディションでは、トラウマ解消にはならなかったけれど
いつかは冬の西穂高岳にも、チャレンジしてみたいかな~・・・
なんて思わず思えてしまうほど、気持ちの良い山行となりました。
雪山は、やっぱり楽しいね!



スポンサーサイト
  1. 2013/03/20(水) 21:15:48|
  2. お山
  3. | コメント:18
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。