DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

残雪期荒島岳

130316_top2.jpg
荒島岳頂上付近を行き交う人々







2013年3月16日(土)
またしても巡ってきた週末のお天気マーク。
こりゃあ行くっきゃないっしょ!!
生憎仕事の相方に、一応お伺いをたてるとあっさり「OK」。
ま、やめとけって言われたって行っちゃうんだけどね。えへへ。

この冬3回目の積雪期の荒島岳。(1回目2/17  2回目2/26
やり残した宿題は「登頂」。
そろそろ雪も締まって歩きやすくなっている頃でしょう。
今日は最初から、ピークを目指して登っちゃいますよ。
ところであたしゃいつからこんな山ヤになったんだ?(笑)



130316_top.jpg

ヘタれのワタクシのこと、
雪の状態次第ではどれだけ時間がかかるかわかりません。
余裕を持って、6:50 出発。

元カドハラスキー場のゲレンデ跡も、だいぶ土が露出してきましたね。
この朝は冷え込みがなく、国道沿いに設置された温度計は+1度でした。





130316_1.jpg

それでもこの時間ならまだ雪は締まっていて、そこそこ歩き安かったので
いつもよりいいペースでゲレンデトップに到着。
先行していた方々が、ここでアイゼンをはいていましたが
わたしはもう少しそのまま進んでみることにして、休憩なしで通過。





130316_2.jpg

8:05
「トトロの木」で、記念撮影をしていた先行のグループに追いつく。
そこに、左下のソロの男性がハイスピードで追いついてきてパス。
おそらくこのソロの男性が、本日のトップ登頂だったと思われます。





130316_3.jpg

毎度の白山撮影ポイント「白山ベンチ」での本日の白山。
3月になってもなお真っ白なお姿は、神々しいばかりでございます。





130316_4.jpg

さっき抜いた2組みと、抜きつ抜かれつで進みます。
前を歩いているアイゼンをはいていたグループは、
シャクナゲ下の林にテントを張っていました。





130316_5.jpg

あの日、あんなに凍てついていたブナの木々も
もう少し経てば葉をわさわさと茂らせて、今度は一面緑に覆われるのです。





130316_6.jpg

9:10
シャクナゲ平直下をトラバースすると、前回プチアイスモンスターが
素晴らしかった場所。
思わずはしゃいでしまうくらい、真っ白に輝いていたのが嘘みたいに
ずいぶん荒々しい姿に変わっておりました。

風がずいぶん冷たくなってきたので、ここでアウターを着用。
アイゼンをはいて、ストックをピッケルに持ち替えます。
そういえば、、、
ソロで登ってアイゼンをはくのは、今日が初めてなのだとふと気付き
思わず改めて気を引き締めました。





130316_7.jpg

冬期、よく人が落ちるポイント「もちが壁」。
階段も鎖も当然まだ雪の下。
確かにしょっぱい場所に違いはないけれど
凍結箇所もなく、ザクザクの雪は程良く締ってアイゼンがよく効きます。
ピッケルもしっかり刺さるので、とても登りやすくて恐怖感はなかったです。





130316_8.jpg

難所のもちが壁を過ぎると、あとはなだらかな斜面が続きます。
なだらかと言ってもそこそこに斜度はあるので、結構キツイのですが。





130316_9.jpg

小ピークのアップダウンを何度か繰り返し、もくもくと歩くと・・・





130316_10.jpg

10:25
山頂の祠が見えて・・・ピークゲッツ!





130316_11.jpg

賽銭泥棒に遭ったり、落雷で倒壊したり、
何かと受難の多い祠です。

方位盤や標柱は、まだ雪の下でした。





130316_12.jpg

知らない方です(笑)
ちょうど同じくらいに到着したので、ちょっとモデルさんお願いしますよ~

朝、あんなに真っ青だった空が、お昼に近づくにつれ
どんどん怪しい色になってきました。
しかも、稜線のモヤモヤはあれ、もしかしたら花粉?(>_<
白山も、残念ながら頂上に着く頃にはすっぽり雲の中。

風があって寒いので、長居無用で即下山。





130316_13.jpg

130316_14.jpg

登ってくる方々と続々すれ違うようになりました。





130316_15.jpg

下りのもちが壁も危なげなくクリアし、ホッと一息。
もうお腹ペコペコ~
アイゼンを外すついでに、シャクナゲ下の林の中でランチタイム。
今日はスープパスタと蒸しパン♪

でもちょっと寒くてあまりゆっくりする気になれず
お腹が満たされたらすぐ出発。





130316_16.jpg

残雪期には、3年前のちょうどこの時期、相方と登っています。
今読み返してみると、相当弱音を吐きまくり、今ではこんなに楽しませて
もらっているブナ林に、悪態までついておりますね~(笑)
記録を見ると、登りには5時間以上かかってヘロヘロになってます(^^;
(シャリバテして途中で食事休憩までしているし!)

あのときはまさか、3年後にこうして冬に一人で登ることになるなんて
想像だにしなかった。
わたしも成長したもんだ・・・(遠い目)





130316_17.jpg

お昼をまわり、ゲレンデ上部の雪はグズグズに緩み踏み抜き地獄。
何度もゴボってもう汗だく。
今日の核心部は、もちが壁よりこのゲレンデだったのでした(笑)



12:50 無事下山。
駐車場、20台以上は停っていましたか・・・今日はなかなかに盛況でした。

この一ヶ月でなんと3回も登ってしまった雪の荒島岳。
もう十分満喫したので悔い無し。
これでしばらくは、晴れても下界でおとなしくしていられそうです(笑)

そして来年はぜひ、厳冬期に登頂を目指してみたいと思います。


スポンサーサイト
  1. 2013/03/16(土) 22:14:01|
  2. お山
  3. | コメント:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。