DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

春をフラゲ!

130309_top.jpg
手摘み!紅ほっぺ。







土曜日は福井も良いお天気でした。
お山に行きたい気持ちもあれど、今日は野暮用があり出かけることになって
いたので、腹をくくって(笑)久々に朝寝坊を満喫。
それにしても今日は、頭上には青空もみられるものの
稜線は黄砂により酷い霞みようでした。
そこにあるはずの荒島岳さえ霞んでよく見えないくらい。
ま、山に行けない身としてはちょっとホッとしたりして(爆)


用事はサクサクっと午前中で終了。
海の方へ出たついでに、そのまま北上して本日は芦原へ遊びに行きました。


まずは腹ごしらえ。

130309_1.jpg
coniglia(コニーリャ)  あわら市二面(えちぜん鉄道 あわら湯のまち駅 裏手) 


隣接するお豆腐屋さんの娘さんが、一部を改築して営んでおられるようです。
娘さんが手打ちする生パスタが評判の、小さなかわいいお店です。
パスタ専門店・・・というか、位置付け的にはカフェという感じ?
当然、家業であるお豆腐を使ったデザートなんかもメニューに並びます。

パスタマシンを購入して、自分でパスタを打ってみたはいいけれど
果たしてこれで正解なのか?
一般的に生パスタってどんなもん?
と気になっていたこともあって、参考にさせてもらおうかな、と。





130309_2.jpg

パスタは7種類。
セットの組み合わせもいろいろありましたが
今回は、2種類のパスタをハーフサイズで頂けるセットにしました。
自家製パンとスープが付いて、1,250円也。
プラス100円でドリンクを付けることが出来ます。

わたしは、とろーり温泉玉子が乗ったカルボナーラと・・・




トマトソースのパスタを頂きました。

130309_3.jpg

2種類のパスタは、茹でたてが時間差で提供されます。
相方は辛いものが好きなので、ペペロンチーノと辛いトマトソース。
そこにさらに、ハバネロソースをちゃっちゃして食べていました。

このモチモチっとした太麺のパスタ・・・なんとゆーか、、、
きしめんっぽくもあり、フェットチーネとも違うし、なんとも言えない食感でした。
やはり太麺にはスープがよく絡みますね。スープパスタがよく合います。

最近すっかりサボっていた麺打ちを、またやりたくなりました。





130309_4.jpg

130309_5.jpg

座席は全部で16席。
こじんまりとしているけれど狭すぎず、居心地はなかなかGOODです。
古い木材を使った床、漆喰の壁、手編みのイスマットもかわいい
チャーチチェア。 だけどすっきり甘すぎず、程良くシンプルなので、
男性でも入りやすいのではないでしょうか?

汗かいてるショーケースの中には、、、
ケーキではなくお豆腐や油揚げなどが並んでいましたよ(笑)

コーヒーも味わってみたかったし、お豆腐のデザートも気になりましたが
今日は次があるのでガマンして・・・






あわら湯のまち駅からもほど近く
嶺北縦貫道と坂井丘陵フルーツラインの交差点のそばにある
あわら農楽ファーム 農楽里(のらり)」へ。


130309_6.jpg

実は、、、金曜日のお昼休み、職場の食堂のテレビで観た
「本日より いちご摘み園 開園!」のニュースにまんまと釣られました(笑)
なんたって、いちごはわたしの大好きベスト3に入るフルーツですもの。

受付を済ませると、さっそくハウスに案内されます。
こうやって見ても壮観なのですが・・・





130309_7.jpg

かがんで下から覗くとこの景色!きゃ→!!テンション上がるわ~

いちご狩りなんて何年ぶりかしらん?
東京にいた頃は、何度か房総半島まで摘みに行ったことがありましたが。

いちごの種類は「紅ほっぺ」。
高設栽培とやらで空中にぶら下がっているため、衛生面でも良いのだとか。





130309_8.jpg

コンデンスミルク入りのプラ皿を渡されて、いちご摘みスタートッ!





130309_9.jpg

でもね、ウロウロする必要なんてないんです。
だってこの鈴生りだもの。
ひととこにしゃがみ込んで、手の届く範囲で貪り食ったら
あっという間に満腹ですよ(笑)
相方なんて、10分ほどでギブアップしてました。





130309_10.jpg

完熟で摘むのだから、スーパーに並ぶいちごとは甘味が違います。
ちなみに、、、いちごは先っぽの方が甘いから
ヘタの方から食べたほうが美味しく食べられるって知ってました?





130309_11.jpg

30分食べ放題で大人ひとり 1,800円也。
言うてもね、、、2パック分くらいも食べたらもうお腹ぱんぱんですよ。
実際、元は取れないと思いますけど、こういうのはそういうこと超越する
ワクワクがありますね。あはは。

完全予約制で、かなりゆとりをもって人を入れるようなので
のんびりゆっくりといちごを堪能することが出来ます。
そのための予約制なので、行ってみたら
「いちごがない!(萎)」
なんてことも有り得ないとのこと。
わたしたちが摘んでいるとき敷地内にいたのは、子供を入れても
10人ほどでした。





130309_12.jpg

帰りに聞くと、3月の土・日はもう予約がいっぱいなんだそうですが(驚)
いちごの成長具合などにより、受付出来る人数も変動するかもなので
直前にダメモトでアタックしてみるのもアリかもです。

ハウスは棟により収穫期をずらしているので5月くらいまでは摘めるそう。
いちご好きならぜひ!





---

もともと雪が好きだから、今までも冬は楽しめていたけれど
雪山登山にしろスキーにしろ、今年は天候やタイミングにも恵まれて
例年にも増して楽しんで過ごした冬でした。
なぜか、「寒かった」という印象があまりないんですよね(笑)
冷蔵庫みたいに寒い職場で仕事してたりもするんですけどね。

気付けば雪解けもどんどん進み、冬ももう終わりを迎えようとしていている
けれど、なんだか今年はとくに淋しく感じます。
というかここ数年、冬に限らず季節が行ってしまうのが寂しくて(笑)。
でもそれは、四季それぞれを満喫出来ているということなわけで
とても幸せな環境だな、と思います。
四季がある日本って素晴らしい。

冬が行ってしまうのは寂しいけれど、春には春の楽しさが溢れています。
そんな春の楽しさを、フラゲした気分の本日でした。



スポンサーサイト
  1. 2013/03/10(日) 00:55:27|
  2. お出かけ
  3. | コメント:14
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。