DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

厳冬期のしゃくなげ平

130217_top.jpg
樹氷輝く荒島岳のブナ林から覗く白山







2013年2月17日
日曜日、相方は久々の山スキーに出かけると言う。
スキーにはついては行けないけれど、
こんな天気予報を見ちゃうとじっとはしていられないわけで・・・


130217_1.jpg

北陸のこの季節、お日様はもちろん貴重なのだけど
何が驚きかって、「風向 -- 静穏 0」てー!
Yahooの天気予報は一応毎日チェックしているけど
「静穏」なんてカテゴリがあったなんて今まで知らなかった。

これは麓の天気予報なので、お山の上はまたちょっと違うだろうけれど・・・
昨日はちょっと雪も降ったし、気温も低そうだから、
これは樹氷がいいかもしれない!?





130217_2.jpg

というわけで、、、
一人じゃ危ないからやめとけよ、と言う相方に、
しゃくなげ平までだからと約束をして家を出ました。

この季節は基本的に登山者駐車場は除雪されていないので、
下の国道沿いのスペースに車を停めます。
一応百名山なんですけどねぇ・・・
百名山ハンターはわざわざ冬には登らないですからね。

今日はなかなか賑わってます。
登山ボックスに登山届を投函し、8:00 スタート。





130217_3.jpg

遭難事故が全国ニュースになったりして、「冬の荒島岳は危険」と
思われがちなのですが、「しゃくなげ平」まではずっと樹林帯が続きます。
春は新緑、秋はブナ黄葉が素晴らしい、荒島岳の代名詞とも呼べるブナの森。
なかなかタフな急登箇所もありますが、総じて穏やかな樹林帯。
滑落のキケンなどはないでしょう。





130217_4.jpg

前日までのトレースに、夕べ降ったらしい雪が軽く乗っています。
先行する方が何人かはいるようですが、トレースはまだ完成されておらず
ラッセルとまではいかないけど、ゴボゴボと歩きづらく結構シンドい。

ワカンは一応持って来たけれど、慣れないワカン歩行は余計に体力を
使いそうだから、ここはグッと忍耐。





130217_5.jpg

むむむー・・・
期待していた青空は残念ながら拝めずどんより。
だけど真っ白な白山がキレイに見えるのが救い。





130217_6.jpg

歩きづらいことこの上なく、ヘロヘロになっていたら
後ろから力強くワシワシと追いついて来た方々数名にだだだっと抜かれ、
おかげでグンと歩きやすくなる(笑)
スタート時間を、あと30分遅らせるんだったな。ふっ。





130217_7.jpg

しゃくなげ直下から見る大野の街。
雪面の斜度から、なかなか急登なのがわかるでしょうか?





130217_8.jpg

11:05 しゃくなげ平。

しゃくなげ直下のふんばりどころをクリアすると
パッと視界が開けて本日の目的地「しゃくなげ平」到着。

なんだか賑わっているなぁ・・・と思ったら
ここにテントを張ったグループでした。
わたしの到着と入れ替わるように、下山されて行きました。





130217_9.jpg

前後していた方々は、一息入れるとそのまま荒島岳の頂上に向けて出発。
そしてポツンと残ったわたしはしゃくなげ平独り占め!
お湯をわかし、スープとパンでランチ。

それにしても「静穏」。
枯葉をも揺らさぬ無風状態。
汗冷えして少々寒いけど、ダウンを羽織ってしまえば
のんびりしてても問題なし。





130217_10.jpg

しゃくなげ平から見上げる荒島岳頂上付近。
あそこに向かうには、もちろんアイゼン&ピッケル必携です。
残雪期に登ったことはあるけれど、厳冬期は未体験。
相方に止められるまでもなく、とてもじゃないけど一人では怖くて行けません。





130217_11.jpg

山頂付近ズーム。
前荒島に登る人々が見えます。


コーヒー淹れてまったりしていると、それなりに何人かの人々が
入れ代わり立ち代わり通過していきます。
「どちらからですか?」
「地元なんです~」
なんてたわいもないおしゃべりも、ひとりでいるからこそなのかもしれません。


一時間ほどのんびりしちゃいました。
さて、そろそろ下りましょうか。

12:15 下山開始。





130217_12.jpg

まだ登ってくる人が何組かいました。
荒島では初めて見るボーダーも。
若者3人組。うん、カッコイイ!





130217_13.jpg

午後になると、さすがに出来上がったトレース。
でもだいぶ雪が緩んで、これはこれですごく歩きづらい。
下るにはいいけど、これ登るのは嫌だな~~






どんよりした空のせいで、写真で見るとイマイチですが
この場に身を置いてみると、それはもう息を呑む美しさでした。
これが青空だったら、もっともっとキレイだったのだろうけれど
こんな日に登れただけでも、ありがたいと思わなくっちゃ。
下りちゃうのがもったいなくて、なかなか足が前に進まない!


130217_14.jpg

午後になり、うっすらと青空も。




130217_15.jpg

ブナ林越しの荒島岳。




130217_16.jpg

日が差すと、雪面に落ちる影も美しく。




130217_17.jpg

ウサギかな?





13:40 無事下山。

以前、残雪期には、一人で登ったことがあったしゃくなげ平。
でもいつか、樹氷がキレイなときに登りたいなとずっと思っていたのが
ようやく実現出来ました。

みんなで登る雪山はもちろん楽しいけれど
こうして静かに一人登る雪山も、それはそれでとても大好きな時間です。
荒島岳は、しゃくなげ平までならこんな風に一人でも安心して登れる山なんです。
もちろん お天気や体力気力など、条件が整ってこそ ですが
そんなチャンスがあったら、ぜひみなさんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?


あぁ、、、明日は絶対筋肉痛・・・


スポンサーサイト
  1. 2013/02/17(日) 20:28:14|
  2. お山
  3. | コメント:16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。