DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

POWDER遠征

130127_top.jpg
いやはや、お恥ずかしいかぎり・・・(汗)







まさかこんなお天気になるとは思いもせずにキャンセル待ちの
予約を入れていたホテルから、連絡が来たのは月曜日のこと。
そんなわけでこの土日、急遽パウダー求めてお泊り遠征に行ってきました。

北日本と日本海側が大荒れだった土曜。
早朝の北陸道は、積雪と凍結で酷い道路状況。
お陰様で我が家はなんとか無事に目的地にたどり着くことが出来ましたが
道中あちこちで車がクラッシュ、いったい何件の事故を目撃したことか。



130127_1.jpg

今回のゲレンデは、「斑尾高原スキー場」&「タングラムスキーサーカス」。
自然の地形を活かした非圧雪のツリーランコースを楽しめるゲレンデとして
パウダー狙いのスキーヤー・ボーダーに、近年人気のゲレンデだそう。


土曜日は激しく降りしきる雪の中、偵察を兼ねて午後券で3時間ほど。
時間も時間だけにこの日はすでにコースは食い荒らされていましたが
この降りっぷりなら明日にはリセットされているはず。
思いがけずこんな雪のタイミングで来ることが出来、なんてラッキー!
明日の朝イチを想い期待に胸を膨らませます。

上の写真は翌日曜日(ちょっとお天気回復)。




さすがに雪の降る中、一眼レフを持って滑る余裕などないし
写真撮るより滑りたいわけで、
Blogでのスキーレポは難しいのです(^^;

がしかし。

恐るべし斑尾。

POWDERをウリにするだけのことはありました。

野放しっちゅーかなんちゅーか。

コースなんてあってないような。

この雰囲気をぜひお伝えしたいところなのですが
如何せん写真がないのもので・・・
仕方がないので、恥を偲んでチラッと動画を、ば。
スキーもへったくれもない滑りではありますが
パウダーな雰囲気さえ、少しは伝われば、、、と思いますm(_ _)m



だいぶ揺れますので酔わないようにご注意を(笑)





日曜日は早起きをして、朝一番のリフトで上がり
人生初のノートラックパウダーバーンを美味しく頂くことも出来ました。
思えばスキーを再開したばかりの頃、
初めてのパウダーで悪戦苦闘。
思わず心が折れかけたりもしたものですが、道具に助けられたりしながらも
少しずつパウダーの楽しさがわかるようになってきたここ最近。
休日のタイミングと雪のコンディションは運任せ。
今回は、ほんとにラッキーでした。





130127_2.jpg
リフト下、右の林の中ももちろんコースです!


朝から攻めまくって太ももパンパン。
昼にはすっかりゲレンデも荒れてしまったことだし
せっかく出てきた青空に少々後ろ髪をひかれつつ
サックリと引き上げました。
オトナのスキーはガツガツしない(笑)



帰路は道路の雪も溶け、3時間半ほどで帰宅。
「これなら日帰り出来るじゃん」と相方。

日帰りは勘弁してー(>_<)




斑尾高原スキー場。
距離は短くリフトの機動力やレイアウトもイマイチ。
だけどそのマイナス面を、今のムーブメントに対応することで
カバーして行こうとする営業努力が素晴らしいと思います。
労せずしてバックカントリー気分を味わえる面白いゲレンデ。
知らないだけで最近は、こういうゲレンデも増えているのかな。
また行きたいっ!


スポンサーサイト
  1. 2013/01/28(月) 00:40:26|
  2. スキー
  3. | コメント:12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。