DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

POWDER遠征

130127_top.jpg
いやはや、お恥ずかしいかぎり・・・(汗)







まさかこんなお天気になるとは思いもせずにキャンセル待ちの
予約を入れていたホテルから、連絡が来たのは月曜日のこと。
そんなわけでこの土日、急遽パウダー求めてお泊り遠征に行ってきました。

北日本と日本海側が大荒れだった土曜。
早朝の北陸道は、積雪と凍結で酷い道路状況。
お陰様で我が家はなんとか無事に目的地にたどり着くことが出来ましたが
道中あちこちで車がクラッシュ、いったい何件の事故を目撃したことか。



130127_1.jpg

今回のゲレンデは、「斑尾高原スキー場」&「タングラムスキーサーカス」。
自然の地形を活かした非圧雪のツリーランコースを楽しめるゲレンデとして
パウダー狙いのスキーヤー・ボーダーに、近年人気のゲレンデだそう。


土曜日は激しく降りしきる雪の中、偵察を兼ねて午後券で3時間ほど。
時間も時間だけにこの日はすでにコースは食い荒らされていましたが
この降りっぷりなら明日にはリセットされているはず。
思いがけずこんな雪のタイミングで来ることが出来、なんてラッキー!
明日の朝イチを想い期待に胸を膨らませます。

上の写真は翌日曜日(ちょっとお天気回復)。




さすがに雪の降る中、一眼レフを持って滑る余裕などないし
写真撮るより滑りたいわけで、
Blogでのスキーレポは難しいのです(^^;

がしかし。

恐るべし斑尾。

POWDERをウリにするだけのことはありました。

野放しっちゅーかなんちゅーか。

コースなんてあってないような。

この雰囲気をぜひお伝えしたいところなのですが
如何せん写真がないのもので・・・
仕方がないので、恥を偲んでチラッと動画を、ば。
スキーもへったくれもない滑りではありますが
パウダーな雰囲気さえ、少しは伝われば、、、と思いますm(_ _)m



だいぶ揺れますので酔わないようにご注意を(笑)





日曜日は早起きをして、朝一番のリフトで上がり
人生初のノートラックパウダーバーンを美味しく頂くことも出来ました。
思えばスキーを再開したばかりの頃、
初めてのパウダーで悪戦苦闘。
思わず心が折れかけたりもしたものですが、道具に助けられたりしながらも
少しずつパウダーの楽しさがわかるようになってきたここ最近。
休日のタイミングと雪のコンディションは運任せ。
今回は、ほんとにラッキーでした。





130127_2.jpg
リフト下、右の林の中ももちろんコースです!


朝から攻めまくって太ももパンパン。
昼にはすっかりゲレンデも荒れてしまったことだし
せっかく出てきた青空に少々後ろ髪をひかれつつ
サックリと引き上げました。
オトナのスキーはガツガツしない(笑)



帰路は道路の雪も溶け、3時間半ほどで帰宅。
「これなら日帰り出来るじゃん」と相方。

日帰りは勘弁してー(>_<)




斑尾高原スキー場。
距離は短くリフトの機動力やレイアウトもイマイチ。
だけどそのマイナス面を、今のムーブメントに対応することで
カバーして行こうとする営業努力が素晴らしいと思います。
労せずしてバックカントリー気分を味わえる面白いゲレンデ。
知らないだけで最近は、こういうゲレンデも増えているのかな。
また行きたいっ!


スポンサーサイト
  1. 2013/01/28(月) 00:40:26|
  2. スキー
  3. | コメント:12

ベリーベリーサワークリームマフィン

130120_5.jpg
ストロベリー×ブルーベリーとサワークリームのマフィン






2013年、最初の焼き菓子はやっぱりマフィン!
高くて手の出なかった(笑)イチゴが、ようやくお値ごろになってきて
さっそくやる気がムクムクと。
イチゴは30%の砂糖で軽く煮て、シロップを切ってから使用。

で、残ったシロップ、ホットミルクで割ったらめちゃめちゃ美味しかった。
実はフローサーで泡立ててカプチーノ仕立てにしてみたのだけれど
シロップの比重が重すぎるためか、ミルクを注ぐもせっかくのイチゴ色が
表面に上がってこなくて画にならず。残念。



130120_1.jpg

生地の中にも、イチゴ、冷凍のブルーベリー、そして
バナナマフィンですっかりマイブームのサワークリームをたっぷり
埋め込んでいます。





130120_2.jpg

焼き上がって粗熱がとれたらアイシングをタラタラと。
アイシングには、ストロベリーリキュールで香り付けして
紅こうじ色素でほんのりピンク色に色を付けてみました。





130120_3.jpg

甘酸っぱいベリーとサワークリームのまぁまた絶妙なこと!
その酸味に、あま~いアイシングが更にアクセントになってます。
これはヒット!リピ決定。





130120_4.jpg

次回焼き菓子用に、ドライイチゴを仕込み中。
上手く出来たら何を焼こうかと考えてるだけでワクワクしちゃう(笑)



  1. 2013/01/21(月) 22:20:11|
  2. 台所
  3. | コメント:6

厳冬期亀山にアタック

130119_top.jpg
亀山(標高249M)山頂に建つ 越前大野城







朝起きると本格的な雪。
今日は久々に(!)家事に専念しようと思っていたのだけれど
もりもり降る雪を見ているとなんだかやっぱりソワソワしてしまいます。
コインランドリーに毛布を洗濯しに行くついでに、その待ち時間を利用して
ちょっと体を動かしてこようかな、、、と。


町の中心にそびえる(?)山・亀山(かめやま 標高249M)。
そのお山のてっぺんに、金森長近により築城された越前大野城があります。
ベンがいた頃は、いつもお散歩で歩いていたのですが
そういえばもうずいぶんと登っていないなぁ。

ハードシェルジャケットにもちろん靴は重登山靴。
ラッセルになるかも?→スパッツ装着
凍結してるかも?→アイゼン持参
積雪の状況がわからないので、完全雪山装備で出かけます(笑)



130119_1.jpg

登り口はいくつかあるのですが、今日は正面登山口(笑)からアタック。
鳥居をくぐり、まずは「柳廼(やなぎの)神社」で登山の安全祈願。

上の画像、右端に天守閣がうっすらと見えます。
城下町は標高175Mとのことなので、お城までの標高差は74M。





130119_2.jpg

天守閣ズーム。
雪が降っていたので写真は霞んでしまってますが・・・。




ちなみに・・・
晴れていれば こんな風↓ な眺め。

ono_shiro.jpg
2005年12月15日 撮影

今回アタックする神社側とは反対側から見上げる天守閣。
お城の左に見える山は、経ヶ岳(標高1,625M 日本三百名山)
              ↑改めて実地検証したら荒島岳でしたゴメンナサイ...




さて。



130119_3.jpg

遊歩道に入ってみると、、、あれ?あれれ?
木が鬱蒼と茂っていることもあり、積雪量は思ったほどありません。
しかも、トレースばっちりだし。





130119_4.jpg

のどかなワンコのお散歩足跡。
みなさん、こんな雪でも結構登ってらっしゃるようで・・・(^^;





130119_5.jpg

15分ほども登れば、あっという間にお城の姿が!
でも結構息が切れました。
坂道と階段・・・いい運動になるわ。





130119_6.jpg

お城の周りをウロウロしてみましたが
どこを歩いても、何人もに踏み固められたであろうトレースがついていました。
実際、この数分で何人かとすれ違いましたし。

奥越の人々と云えば、雪を忌み嫌い冬は家に篭っているイメージが強いのですが
こうして雪の中をお散歩するような人もいるのですよね~
なぜだかちょっとホッとしました(笑)





130119_7.jpg

天守下から城下町を望む。
画像手前の広場は小学校の校庭。
このあたりは街中なので、田んぼはさすがに見えません。





130119_8.jpg

校庭の片隅で、雪の降る中、子供たちが元気に雪遊びをしていました。
実は、雪遊びする子供というのもこのあたりではあまり見たことがなかったので
ちょっとホッとする光景でした。


というわけで、のんびり小一時間の雪山散歩。
時折激しく降ったりする中でしたが、思いの外気持ちよく楽しく歩いちゃいました。
今度は早起きをして、面ツル狙います。


  1. 2013/01/20(日) 00:53:07|
  2. お山
  3. | コメント:6

Fat&Rock!

130102_top.jpg
靖国通り 駿河台下交差点   千代田区神田神保町







東京はぁ、なんたおっとろしい(注:恐ろしい)街なんやって!(福井弁)

というわけで、、、
買う気なんかこれっぽっちもなかったスキー板を
久々の都会に浮き足立って思わず衝動買いしてしまった今年のお正月。
余談ですが、学生時代、TOPの写真に写っているどこかで、
バイトしていたことがあります。さてどこでしょう?





まさかのなか卯?





まぁそんな話はおいといて。



130106_1.jpg

お正月休み最終日。
さっそく買ったばかりの板を持って、ゲレンデへGO!
今日は久々の「和泉スキー場」。
福井へ移住するずいぶん前に、相方と初めて一緒に滑った思ひ出のスキー場。
でも記憶はほとんどありません(爆)
そのときはわたくし、スノボでした。(※一応、スキー・スノボ両刀遣いです)





130106_2.jpg

前日にあらかた食い尽くされた上に
朝ダラダラしてたら着くのが遅くなっちゃって
オイシイ斜面は残っていない感じではあったけど、雪は軽そうで良い感じ。




で、今回買った板がコレ↓


130106_5.jpg
Line  Sir Francis Bacon


LINEの「サー・フランシス・ベーコン」です。
ジュニア用のショーティで長さは165cm。
シェイプは133-107-129mm。
最近のスキー事情を知らない人にはピンとこないかもですが
もうめちゃめちゃぶっといです。
そしていわゆる、ロッカースキーといふヤツです。

「抜群の浮力とグリップ力。山を制覇したい、
山を楽しみたいスキーヤーにとって最高のスキー。」

だそうです。
わたしはいったい、どこに向かおうというのか。



山なんか、登れないのに。




130106_3.jpg

買ったのは板だけ。
ビンディングは、スキーを再開するきっかけになった
みれさんから頂いた板に付いていたものを、相方に移植してもらいました。

後から気付いて履き替えましたが
この時点ではどうやら左右履き間違えているようです(^^;





130106_4.jpg

表とは対照的な、裏のカラーがまたちょっといい感じでしょう?
わたしはよく派手にコケるので、
「目立っていいじゃん」 by相方
とのこと。





130106_6.jpg
※これオレオレ(σ・∀・)


乗り味なんてものは、あたしにゃじぇんじぇんわかりまへん(爆)
ただやっぱり、新雪では確かに浮きます!
山で滑ることは出来そうもないけど(笑)
ゲレンデのパウダーゾーンを狙って、地味に練習に励もうと思います。


いやー、、、それにしても。
こんなにたくさんの種類を比較検討でき、実際に見て触って選べるというのは
田舎に暮らしている者にしかわからないであろうありがたさ。
しかもこのご時世、ネットショップより安いって・・・
神田のスポ-ツショップ街、やっぱスゲー。
そりゃさすがのあたしも浮き足立つわ。




  1. 2013/01/11(金) 00:40:32|
  2. スキー
  3. | コメント:6

冬休み2012-2013

121231_top.jpg
2012年12月31日  八ヶ岳 北横岳ヒュッテ







すっかり出遅れましたが
あけましておめでとうございます。

いや~~~もう、今年の冬休み、ガッツリ満喫しちゃいました。
基本的に連休はあまり長くならない職場なもんで、
例年なら暮れは30日までみっちり、そして4日には仕事始めなのだけれど
今年はカレンダーに助けられ、なんと会社始まって以来か?という8連休。
(お休み中もお仕事している社員もおりますが・・・m(_ _)m)

相方が仕事始めで出勤だった土曜日以外、ひとたびも家で大人しくして
いることなく、連日遊び呆けておりました。
12月は本当に仕事がハードだったから、やり切った感も相まって
この休みは、心底開放感を味わいました。



121231_3.jpg

というわけで、今年は東京にも余裕を持って帰れそうということで
帰路寄り道をしてどこかでスキーでもして行こうかと話していると
タイミング良く、bebeさんから雪山へのお誘いが。
これが雪山デビューとなるbebe家に、急遽お供することになりました。
何を隠そう5年前、我が家が初めて登ってすっかり雪山の虜となる
きっかけになったのがこのお山。
雪山入門には最適と言われる、八ヶ岳は北横岳です。


で、良い機会なので我が家はちゃっかり麓のホテルに前泊。
前日は、北横岳登山のアクセスにも使用するロープウェイが架かる
ピラタス蓼科スノーリゾートでスキーも楽しみました。
お天気がダメダメだったので、ほとんど滑れなかったのだけど
テントや山小屋以外でのお泊り(笑)が久々だったわたしは
もうそれだけでウキウキですよ。
蓼科の森を見渡す高台にあるホテルのお部屋はとても快適だったし、
ディナーをと飛び込みで入ったイタリアンのお店は雰囲気もお味も大当たり。
幸先良いバケーションのスタートとなりました。





121231_1.jpg

翌朝はbebe家にホテルまでご足労頂き、ビュッフェで朝食をとりながら
久々の再会のおしゃべりを楽しんだあと、ピラタスのロープウェイへ。
事前の天気予報ではまずまずだったんですけどねぇ・・・
残念ながら八ヶ岳界隈はすっぽり雲の中で真っ白。

雪もまだまだ少ないし、展望はまったく望めなかったけれど、風は心配した
ほど強くもなく、標高2480mの南峰・北峰両ピークはしっかりとゲットして、
極寒の稜線、冬山気分はしっかり体感出来たのではないかと思います。





121231_5.jpg
ケーコさん(手前)を、あっちからファインダーで狙うbebeさん。


それにしても、デビュー戦だというのにこのお二方のバッチリ決まりよう。
装備はどれも一級品(!)だし、家での予習が相当万端だったと見えて
歩き始めの準備もまったく手こずることなくご立派でした。
借り物で急ごしらえだったあたしのデビュー時とはエライ違いだわ!(苦笑)





121231_4.jpg
下山途中、一瞬顔をのぞかせた坪庭と麓の街。


冷え込みは結構キツかったので、小屋でコーヒーを頂いたらサックリと下山。
お二人にはぜひ、真っ青な空の下を歩いて頂きたかったのだけれど
この年末は、全国的にお天気芳しくなく山岳事故も多発したようなので
何事も無く順調に登頂出来ただけでも、ヨシとしましょうか。






121231_6.jpg

121231_8.jpg

下山後は、女神湖そば、東京ドーム45個分の牧草地を有するという長門牧場へ。
ここはソフトクリームが有名らしいのだけど、石窯で焼いてくれる
ピッツァもなかなかのものでした。
わたしはここで作られているチーズやらソーセージやらをしこたまお買い物。

ここでbebe家とは別れ、わたしたちは一路我が実家へ向かいました。






---
東京には今年はのんびりと3泊。
寛永寺の初詣から始まり、まぁ毎度のことですが
連日、上野・秋葉原・神田界隈をうろうろ。
秋葉原のディープゾーンで目を輝かせる相方を久々に眺めたり
わたしはなんだか雰囲気にのまれ(笑)、買うつもりなんて微塵もなかった
スキー板を血迷って衝動買いしてしまいました。
は~、、、またがんばって働かねば(^^;

ピラタスで消化不良だったスキーを仕切り直そうと
帰省最終日は朝5時に東京を出発して白馬八方尾根に回り道。
よせばいいのに一日券で張り切ったもんだから
帰路の運転はさすがの相方も睡魔との戦いだったようです。
わたしは隣りで船漕ぐのが仕事ですが何か?



この休みの上げ膳据え膳で、相方のポニョがまた急成長。
わたしも気付けばジーンズがパッツパツ。
板も新調したことだし、せっせと雪山に通って緩んだお肉をなんとかせねば!
ってなわけで、冬休み最終日はおニューの板を持ってまたまたゲレンデへGO!
その板のお話はまたそのうち。


温かな食卓、都会の空気、アクティブな雪山遊び。
アレもコレもと欲張ったとにかく中身の濃かった今年の冬休みでした。


  1. 2013/01/08(火) 23:39:19|
  2. お山
  3. | コメント:12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。