DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ナメコもいいけどチャナメもね!

121111_top.jpg
チャナメツムタケ







このきのこのお山に通い始めて3年。
そもそも一年通してあまり人のいない山道なのですが、それでもこの時期
ごくごく稀に人と出会うこともあります。
ほぼ100%きのこ目当てのその人々は、まぁたいていが熟年カップルか、
軽トラに乗ったじいさんです。
毎日が日曜日の彼らはもはやセミプロみたいなものなので
どうがんばったって勤め人には勝ち目はありません。
でもそんな彼らはいつでも行けるが故に、わざわざ雨降りの日には入りません。
だから雨ばかりのこの時期は、出会う確率もそう高くはないのです。
が、今週はタイミング悪く土曜日に晴れちゃった。
一週間ぶりに晴れ上がった北陸では貴重な青空にきっと誰もが心を躍らせて
いるであろうこんな日に、職場の窓から苦々しい思いで空を見上げるわたし(笑)
根こそぎやられただろうなぁ・・・なめこ。



121111_2.jpg

翌日曜日は朝からどんより。
天気予報では昼ごろから雨とのことなので、早めに家を出ます。
木々はだいぶ落葉が進みましたが、まだ紅葉の名残もあってとてもきれい。





121111_1.jpg

色鮮やかな落ち葉の絨毯。
でも油断は出来ません。もしかしたらどこかにきのこが隠れているかも・・・




121111_3.jpg

倒木にムキタケ発見。
もちろん食べられるきのこですが、今回はスルー。




121111_4.jpg

立ち枯れた木になめこ。
本来、朽ちた倒木に生えるのが普通のなめこが、このあたりではこうして
立ち枯れた木に生えています。
数年前から奥越では木の病気が進んでいて、立ったまま枯れている木が
増えました。
お陰でこうしてなめこがたくさん見つかるようになったのでしょうけれど・・・
ちょっと複雑ではありますね。




121111_5.jpg

なめこのようでもあり、クリタケのようでもあり、、、
でもたぶんこれはニガクリタケ・・・かな?
ニガクリタケは死亡例もある毒キノコ。
少しでも不安があるものには手は出しません。




121111_6.jpg

今日もなめこはイマイチ。
その代り、チャナメツムタケが大爆発してました。

なめこのように傘にヌメリを持つチャナメツムタケは
大型で食べごたえがあって、むしろなめこより美味しいという人もいます。
落ち葉を掻き分けて目をよく凝らすと、面白いように地面からポコポコと
生えていて、気を付けないと踏んづけてしまいそう。





121111_8.jpg

傘の周辺には燐片があり、柄がザラザラとささくれ立っています。
引き抜くと、根元にヒゲ状の根があるのが特徴です。
良く似た毒キノコにカキシメジがあり、同じ場所に生えるので注意が必要。
カキシメジには柄のささくれはなく、ヒゲ状の根っこもないので
引き抜いたら一個一個確認しながら収穫していくほうが良いでしょう。






チャナメツムタケ採取中の動画です。
きのこと落ち葉が同化しちゃってわかり辛いですが、
目を凝らして探してみて下さいね(笑)




チャナメツムタケも成長が早いきのこだそうで
いいタイミングに出会うのはなかなか難しいようです。
ライバルたちは、チャナメツムタケには興味がないのか気付かないのか
このきのこを収穫している様子はありません。




121111_7.jpg

きっと土曜日に、ライバルに根こそぎやられているだろうと覚悟していたのだ
けれど、どうやらそんな感じでもなく・・・
昨年の記録を見ると、チャナメツムタケのピークは11月の上旬だったようだから
やはり今年はお花や紅葉同様に、きのこも1週間から10日ほど遅れているの
かもしれません。
昨年もなめこが多く見られるようになったのは、チャナメが終わったあとだった
ので、まだまだこれからに期待です。



スポンサーサイト
  1. 2012/11/12(月) 22:34:59|
  2. きのこ
  3. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。