DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雪山を先取り!

121125_9.jpg
雪煙舞う立山連峰 雄山(標高3,003 m) 峰本社神殿から見下ろす社務所と鳥居








祝日・土曜とふたりともお仕事で、我が家はまたもや連休とは無縁の週末。
待望の日曜日は、全国的に晴天に恵まれるとのこと。
きのこのお山も捨て難かったけれど、こんなチャンスは滅多にないかも
しれない、青と白のコントラスト眩しい白銀の立山に登ってきました。

実は数日前から様子が気になっていて、アルペンルート・オフィシャルページ
ライブカメラを覗いては、一喜一憂していたのでした(笑)

アルペンルートが今月いっぱいでCLOSEされると、立山は一般登山者には
到底立ち入ることの出来ない、雪で閉ざされた厳しい山へと変わります。
ふたたび登れるようになるのは春。
その際の除雪作業で生まれる雪の大岸壁「雪の大谷」は有名ですね。
わたしたちは2008年のGWにこの、雪の立山に登っていますが
今回、春の雪山との違いを体感するのも楽しみのひとつ。
というわけで、、、完全雪山装備で、今シーズン初の雪山へGO!



121125_1.jpg

まだ星の輝く朝5時、我が家を出発。
PAやコンビニに寄り道しつつも、7時半には立山駅Pに到着。
このアクセスの良さはもう、関東の皆さんに申し訳ないくらい(笑)
たとえ3連休であろうとも、帰路の渋滞もまぁないですからね。ほほ。

現在ケーブルカーが整備中とのことで、立山駅から直通バス一本で
室堂まで上がれるとのことで超楽チン。シーズン中もこうならいいのに・・・
バスの始発まではまだ一時間以上ありますがすでに結構な人出。
九割九分スキーヤー&ボーダーで、純粋な登山客はたぶんほんのひとにぎり。





121125_2.jpg

バスに揺られること約一時間で室堂着。
着いてみればそこは、まるで別世界なのでした。
雲ひとつない快晴の空は真っ青で、立山三山が真っ白に輝いています。

空気はとても冷たいけれど、歩けばすぐに温まります。
手早くアイゼンを装着し、
10:45 雄山山頂目指していざ出発!





121125_3.jpg

しばらくはなだらかな斜面。
太陽は照りつけているけれど、気温が低いので雪は程良くしまっています。
スキーやスノーシューで踏み固められた雪面は、アイゼン歩行も問題なし。
春のグズグズ雪に比べたら、うんと歩きやすいように思います。

振り返ると、麓の立山の街が一望です。





121125_4.jpg

雄山を目指すのは、ほとんどが登山客。
最初のうち一緒に歩いていたスキーヤーやボーダーのパーティも
各々気持ちの良さそうな斜面を求めて三々五々と散って行き
一ノ越まで登ってくる人はちらほらです。





121125_5.jpg

一ノ越山荘で、ストックをピッケルに持ち替えいよいよ雄山を目指します。
下部はガレ気味ですが凍結も気になるほどではなく、アイゼンもよく効き歩きやすい。





121125_6.jpg

雪質にも助けられ、順調に高度を稼ぎます。
中盤、結構な斜度でしんどい踏ん張りどころ。





121125_7.jpg

は~・・・それにしても素晴らしい景色。
槍も富士山も白山もくっきり。





121125_8.jpg

室堂側に目を移せば、富山湾、能登半島が一望です。
春は残雪でゼブラ模様の室堂平も、今は滑らかなまでに真っ白。
みくりが池も雪の下。






121125_10.jpg
鳥居も半分雪の中。


山頂直下まで来ると空気が一変。
強風にさらされた山頂が、雪煙を舞い上げています。
とにもかくにも三角点にタッチして、堪らず社務所の影に一旦退避。
バラクラバを被り、強風に煽られフラフラしながら峰本社神殿へ。

神社でお参りを済ませたら、長居無用。





121125_11.jpg

雄山の下りもとくに怖い場所はなし。
午後になるとこのあたりには、スキーヤーたちの姿もほとんどなく
まるで広い雪原を独り占めの様相。

それにしても登りはあんなに大変なのに、下りの早いこと早いこと(^^;
雪山の下り大好きの我ら(笑)。キャッキャ言いながら駆け下り、
14:20 あっという間に室堂帰還。




八ヶ岳のように、樹氷の森の中を歩くのはもちろん楽しいけれど
こんな風にダイナミックな景観の中、山々の稜線を眺めながら歩くのも
やっぱり魅力的。
冬山シーズンインには最高の、とても気持ちの良い雪山歩きとなった一日でした。

バス一本で、こんな別世界に来ることが出来る立山。
来年もぜひこの時期に、今度はスキーで訪れてみたいな・・・と、思います。




スポンサーサイト
  1. 2012/11/26(月) 22:43:26|
  2. お山
  3. | コメント:12

なめこ 2012

121118_top.jpg
ようやくまとまった収穫がありました♪








今週も、楽しい楽しいナメコ採り。
木曜日に結構まとまった雪が降り、見上げる山々はだいぶ白くなっていたので
いつものキノコのお山がどうなっているのかちょっぴり心配でした。
今日も朝から雨降り。
気温もめっきり低くなり、里山ももうすっかり冬に片足を入れている感じ。
今日はしっかり防寒をして出かけましょう。


121118_1.jpg

雪のあと、お天気の良い日があったので、融けたかな~と思っていた雪も
上部にはまだ、しっかりと残っていました。
靴の選択ミス。今日は長靴で来てしまったので、雪の上では滑ってしまい
歩き辛いことこの上なし。





121118_2.jpg

落葉が進み下草もだいぶ沈んだので、とても見通しが良くなりました。
なめこ採りももう3年目。
遠目で見ても、なめこのなっていそうな木はすぐわかります。
ターゲットの木をロックオンしたら、そこに向かって藪を漕ぐ!





121118_3.jpg

うほほ~~!
まだちょっと小粒かな、、、という感じだけれど
久々の群生にテンションUP。





121118_4.jpg

121118_5.jpg

本来なめこはこうやって、朽ちた倒木にはえるのが正しい姿。
でもこのお山では、あまりこんな風にはえているのは見かけません。







---

今日は結構、良いサイズのものをたくさん見つけたけれど
どうも一昨日の晴れの日あたりに、手強いライバルに根こそぎやられた様子。
残っているのは手の届かない高いところばかり。

なめこの成長具合と、お天気と、ライバルの動向と、、、
いくつものタイミングがうまくかみ合わなければ、大収穫は望めないのです。
労せず出会えた昨年や一昨年が、ただラッキーだけだったのかもしれません。


そうこうしているうちに、幸い雨も上がったので
今日はもうちょっと奥まで進んでみることにします。
GPSで位置を確認しながら、初めての場所へ突入です。






少々険しくなった山道を、徘徊し始めて間もなく・・・






うひょ~~~!






121118_6.jpg

121118_7.jpg

今年もなんとか、こんな群生に出会うことが出来ました!
やはり足で稼がねば、、、ということを実感します。






121118_8.jpg

121118_9.jpg

少々サイズが小さいのが残念ではありますが、
まるまるぷりぷりトゥルトゥルっぷりは二重丸の極上品です!





121118_10.jpg

思いっきり後ろ髪をひかれつつ、小さ過ぎるサイズは残してきましたので
今後もし、誰かに発見されることがあれば、この子たちはその方に託します(笑)


この後もちょろちょろと収穫があり、なんやかんやで結構な量になりました。
家に帰って計ったら、約3kg弱。
背負って行った大きなザックは狸の皮算用に終わったけれど
今日も楽しい山歩きとなりました。

キレイに処理したナメコは、小分けパックで冷凍保存。
これからちょこちょこと、食卓を彩る一品になってくれることでしょう。





121118_11.jpg

まだ幼菌もそれなりに発見しましたが、お山はもうずいぶんと寒くなりました。
お天気次第では、今年は今日が最後になるかもしれません。

きのこ散策もしばらくお休みです。
雪が融けたら、また会いましょう!



  1. 2012/11/18(日) 23:01:03|
  2. きのこ
  3. | コメント:12

除雪車初出動!

241115_top.jpg
2012年11月15日 11:50  大野市南六呂師(大野勝山線)






三日三晩、ゴロゴロと雷が鳴り続けるここ奥越地方。
さらに夕べから急激に冷え込んできたので、もしや?と思っていたら・・・
キタ━(゚∀゚)━!
もうなんか、そわそわしちゃって仕事にならず・・・
(※ちゃんと仕事しています笑)

お昼のNHK福井放送では、
「勝山市北谷に、この冬初めての除雪車出動」
という、この時期の風物詩的ニュースも流れました。
昨年より10日早いとのこと。

今回の画像は、福井県の道路保全課が運営する
雪みち情報ネットふくい」のサイトで情報提供されている
ライブカメラの画像を拝借しています。




241115_1.jpg
2012年11月15日 12:10  勝山市五所ヶ原(国道157号)


ちなみに、この写真の場所は山沿いなのでちょっと大袈裟です(^^:
街ではほとんど雪は降っていませんのであしからず(笑)

しかも、明日は久々にお日様も出るようなので
根雪になることもないでしょう。
明日の朝、冠雪した真っ白な山々を眺めながらの出勤が楽しみです!


  1. 2012/11/15(木) 12:58:52|
  2. 田舎の風景
  3. | コメント:10

ナメコもいいけどチャナメもね!

121111_top.jpg
チャナメツムタケ







このきのこのお山に通い始めて3年。
そもそも一年通してあまり人のいない山道なのですが、それでもこの時期
ごくごく稀に人と出会うこともあります。
ほぼ100%きのこ目当てのその人々は、まぁたいていが熟年カップルか、
軽トラに乗ったじいさんです。
毎日が日曜日の彼らはもはやセミプロみたいなものなので
どうがんばったって勤め人には勝ち目はありません。
でもそんな彼らはいつでも行けるが故に、わざわざ雨降りの日には入りません。
だから雨ばかりのこの時期は、出会う確率もそう高くはないのです。
が、今週はタイミング悪く土曜日に晴れちゃった。
一週間ぶりに晴れ上がった北陸では貴重な青空にきっと誰もが心を躍らせて
いるであろうこんな日に、職場の窓から苦々しい思いで空を見上げるわたし(笑)
根こそぎやられただろうなぁ・・・なめこ。



121111_2.jpg

翌日曜日は朝からどんより。
天気予報では昼ごろから雨とのことなので、早めに家を出ます。
木々はだいぶ落葉が進みましたが、まだ紅葉の名残もあってとてもきれい。





121111_1.jpg

色鮮やかな落ち葉の絨毯。
でも油断は出来ません。もしかしたらどこかにきのこが隠れているかも・・・




121111_3.jpg

倒木にムキタケ発見。
もちろん食べられるきのこですが、今回はスルー。




121111_4.jpg

立ち枯れた木になめこ。
本来、朽ちた倒木に生えるのが普通のなめこが、このあたりではこうして
立ち枯れた木に生えています。
数年前から奥越では木の病気が進んでいて、立ったまま枯れている木が
増えました。
お陰でこうしてなめこがたくさん見つかるようになったのでしょうけれど・・・
ちょっと複雑ではありますね。




121111_5.jpg

なめこのようでもあり、クリタケのようでもあり、、、
でもたぶんこれはニガクリタケ・・・かな?
ニガクリタケは死亡例もある毒キノコ。
少しでも不安があるものには手は出しません。




121111_6.jpg

今日もなめこはイマイチ。
その代り、チャナメツムタケが大爆発してました。

なめこのように傘にヌメリを持つチャナメツムタケは
大型で食べごたえがあって、むしろなめこより美味しいという人もいます。
落ち葉を掻き分けて目をよく凝らすと、面白いように地面からポコポコと
生えていて、気を付けないと踏んづけてしまいそう。





121111_8.jpg

傘の周辺には燐片があり、柄がザラザラとささくれ立っています。
引き抜くと、根元にヒゲ状の根があるのが特徴です。
良く似た毒キノコにカキシメジがあり、同じ場所に生えるので注意が必要。
カキシメジには柄のささくれはなく、ヒゲ状の根っこもないので
引き抜いたら一個一個確認しながら収穫していくほうが良いでしょう。






チャナメツムタケ採取中の動画です。
きのこと落ち葉が同化しちゃってわかり辛いですが、
目を凝らして探してみて下さいね(笑)




チャナメツムタケも成長が早いきのこだそうで
いいタイミングに出会うのはなかなか難しいようです。
ライバルたちは、チャナメツムタケには興味がないのか気付かないのか
このきのこを収穫している様子はありません。




121111_7.jpg

きっと土曜日に、ライバルに根こそぎやられているだろうと覚悟していたのだ
けれど、どうやらそんな感じでもなく・・・
昨年の記録を見ると、チャナメツムタケのピークは11月の上旬だったようだから
やはり今年はお花や紅葉同様に、きのこも1週間から10日ほど遅れているの
かもしれません。
昨年もなめこが多く見られるようになったのは、チャナメが終わったあとだった
ので、まだまだこれからに期待です。



  1. 2012/11/12(月) 22:34:59|
  2. きのこ
  3. | コメント:4

赤兎山は冬支度

121104_top.jpg
2012年11月4日  赤兎はもう、冬へと向かっておりました。







土曜日とはうってかわって朝から素晴らしいお天気。
朝は寝坊を楽しんで、ブランチのあとのコーヒーをのんびり飲んでいて
「このコーヒーを、真っ白な白山を眺めながら飲んだらもっと美味しいよねぇ?」
という話になって、相方と珍しく(笑)意見が一致。
そこから大急ぎでバタバタと準備を始め、車に飛び乗りました。
家を出たのはすでに11時近く。もっと早く思いつけっての。


121104_1.jpg

小原のゲートを過ぎ、登山口まで向かう道すがらの色づきが素晴らしい。
でも紅葉のピークは過ぎているし、、、と甘く見ていたら
登山口駐車場は、林道まで溢れる車で凄いことになっていました。

車を降りて準備をしていると、下山してきた方が言うには
「上は積雪10cmはありますよ。かなり滑るので気を付けて」
とのこと。ひゃ~!





121104_2.jpg

11:50 登山口出発
歩き始めこそ、晩秋の装いだったのですが・・・





121104_3.jpg

しばらく進むと、すぐに雪が現れました。
たいていの方は、上でお昼を食べて下山という感じになるので
このあたりではほとんど人とすれ違うこともなくとても静か。





121104_4.jpg

ふっふっふ・・・なめこ発見。
おそらく昨日今日で何百人もの人がここを通ったはずですが
雪をかぶっていたせいか、見落とされていたようです。
みなの目は騙せても、このわたしの目は騙せまい。むん。

実は一昨年の秋、このなめこの木に出会ったことが、
今のわたしたちのきのこ熱の発端です。
あとで知ったことですが、小原地区は私有地なのだそうで
林産物の採取は禁止だそうだから、もちろん採ってなどいませんよ( ̄ー ̄)





121104_5.jpg

山頂直下の急登あたりが、中途半端な残雪で少々厄介だったけど
まぁ、あっという間にピーク到着。
混み合うピークを華麗にパスし、そのまま避難小屋へ進みます。

真っ白な白山を期待していたけれど、残念ながらまだハゲハゲでした。
朝イチはもう少し白かったそうですが、このお天気でだいぶ溶けてしまった
ようです。

途中、大野親岳会の方々とすれ違いました。
福井県山岳連盟所属の大野市の山の会の皆さんです。
赤兎避難小屋の清掃など、ボランティアで維持管理をして下さっています。
おかげでトイレなど、いつも気持ちよく使わせて頂いています。感謝。





121104_6.jpg

山頂から小屋に向かう道で、ちょうどお昼ご飯を終え下山する
凄まじい人の数とすれ違いました。
おかげで小屋に着く頃には、ほとんど人影もなくなっていて
いつもの一等席をキープ。

簡単な食事(相方はうどん、わたしは菓子パン)のあと
お楽しみのコーヒータイム。
なんたって今日は、このコーヒーが飲みたくて登ってきたようなものですから。

まずはエスプレッソを抽出し・・・





121104_7.jpg

温めたミルクをフローサーで泡立てて・・・




121104_8.jpg

カップに注げば、簡単カプチーノの出来上がり♪

直火式のエスプレッソマシンを新たに購入したので、さっそく山で使って
飲んでみたかったというのがホントのところ(笑)

実はわたくし、一時エスプレッソにハマっていたことがありまして。
ミルクフォーム作りに興味が募るあまりに、シアトル系カフェでバイト
までしてしまったという(笑)
当時はスチームミルクも手動で立てていて、一応ラテアートも、
簡単なリーフくらいは作れるようになりましたよ(^^;

家で長年愛用していたデロンギのエスプレッソマシンが、
先日久々に使ってみたら壊れていることが発覚。
直火タイプもだいぶ前に壊れてしまっていたので、これが2代目です。
ミルクフローサーも、もっと簡単な電動のものも持っているけれど
なぜかこのシュコシュコする行為も楽しかったりしますよね。

ほぼ無風のぽかぽか日和の空の下、
カプチーノみたいな白山を眺めなが飲むカプチーノのうまいことうまいこと。





121104_10.jpg

さて、、、
2時を廻って、本格的にまわりに人がいなくなりました。
わたしたちもそろそろ帰らねば。

溶けた雪で足元ぐちゃぐちゃ。残雪で滑る下りに少々手こずりつつも、
ドンドコ行っちゃう相方を追いかけながら、3:30 無事下山。
午前中は真っ青な空に真っ白な白山が、きっと素晴らしかったことでしょう。
午後はだいぶ薄雲が広がってしまいましたが
それでもとても気持ちの良い山歩きが堪能出来ました。


なんやかんや言いつつも、それなりに紅葉を満喫しちゃった今年の秋。
赤兎も来週で、登山口ゲートが閉鎖となるようです。
奥越のお山もそろそろ、冬支度を初めているようです。
今年こそ、山スキーも少しはがんばってみたいなぁ・・・


  1. 2012/11/05(月) 12:49:59|
  2. お山
  3. | コメント:8

本日も きのパト

121103_top.jpg
紅葉も終盤。







今年最後の土曜日休み。
本当は、登山部で荒島岳のブナ黄葉でも、、、と思っていたのだけれど
生憎の悪天候で残念ながら中止となりました。
そして今朝見た荒島は、なんと山頂付近が真っ白でした!
今年初冠雪になるのかな?
強行しても、お山の上ではのんびりお茶を楽しんでいる場合でもなかった
ことでしょう。

が!
雨と言えば・・・うふふ♪
本当は日曜日に行こうと思っていたきのこパトロールだけど
待ちきれずに、カッパを着込んで急遽本日出動です。



121103_2.jpg

ところが、、、
いつものお山に到着してみると、すでに先客の車が3台も停っていました。
こりゃアカン。
今更入っても、もうライバルに先を越されているに違いない。
仕方がないので今日は、前から気になっていた別のお山に
新規開拓に行ってみることにしました。

思いがけず紅葉が素晴らしかったのですが、今週の悪天候でだいぶ葉っぱは
散ってしまったようです。
ここ2週間の週末は悪天候が続いていたので、今年の奥越低山の紅葉は
土日休みの勤め人にはちょっと残念なお天気のめぐりとなってしまいました。






121103_3.jpg
Special Thanks by bebe

今日のあたま手ぬぐい
つくば きのこ展 限定1/200きのこ手ぬぐい 藍バージョン。





121103_4.jpg

倒木にびっしり・・・



121103_5.jpg

迂闊に持ったら、めっちゃ臭かった!(手に臭いが移ってもた)





いつもと違うお山では、新しいきのこにもそこそこ出会えましたが
なめこのなの字もない感じで・・・
かなり消化不良だったので、帰りにまたいつものお山に寄ってみると
登山口にあったライバルたちの車はすでにいなくなっていました。

根こそぎやられているかもだけど、様子だけでも見ておこうと
とりあえず入山。





121103_6.jpg
左:11月3日  右:10月28日


角度がちょっと違うので判り辛いかもですが、
前回の記事で、TOPに使っていた画像の木を比較してみましょう。
一週間でこれだけ成長するんですね~
・・・ってこれ、ライバルにやられたあとでしたー!
先週大きめだったの、今日はいい感じになってたんでしょうね。
まんまと持っていかれました(涙)





121103_7.jpg

でもでも!
こんな風に、びっしり幼菌抱えた木もいっぱい見つけたので
なめこはこれからが本番です。楽しみ~





121103_8.jpg

クリタケ
まだ小さかったのでスルー。




121103_9.jpg

チャナメツムタケ
昨年見つけた場所で、今年もまたまた大発生。
昨年、初めて見つけたときは、恐る恐る食べたものだけど
今年は自信を持ってお持ち帰り決定。





121103_10.jpg

ということで、、、
今夜の食卓は、収穫したなめことチャナメツムタケを投入した
味噌味ちゃんこ鍋。

どちらもトゥルトゥルネバネバ系なので
ネバトロエキスが滲み出て、トロトロ味噌スープとなりました。





121103_1.jpg


さて来週も、ウィークディは雨マーク一色の超北陸気候。
普通ジモティは、このお天気でこれからの季節はどんどん憂鬱で暗い気分に
なるわけですよ(笑)
いや実際笑い事ではなく、県外(特に太平洋側)から移って来た方の中には
この気候に馴染めず「冬季うつ病」などという病を発症する方もいるとか。

雨でほくそ笑んでるのはここにいるアフォ夫婦だけですがなにか?
今年も11月のエントリーは、きのこ一色になりそうですがごめんあそばせ!




  1. 2012/11/03(土) 22:51:10|
  2. きのこ
  3. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。