DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

なめこ偵察 2012

121028_top.jpg
まだまだ幼菌でした。







紅葉前線もぼちぼち標高を下げ、地元の里山もだいぶ色付いてきたここ最近。
晴天が次く太平洋側と相反するように、日本海側の天気予報に雨マークが
並ぶようになると、奥越ではついにナメコの季節到来です!
度重なる冷たい雨は干からびていたお山に潤いをもたせ、眠っていたナメコたち
の目覚めを促します。

2週間前、偵察に出かけた相方の報告によると
山は乾いていて、まだまだ先になりそうだとのことでした。
今年はお花も紅葉もそうですが、きのこも幾分遅れているようです。


121028_1.jpg

あれから何度か雨も降ったので、そろそろ幼菌の様子も気になります。
まぁまだ収穫はあまり期待出来ませんが、地道な捜索で木にあたりを
付けて、成長を見守るのもなかなか楽しいものです。

今日は朝から、かなり本格的な雨降りだったのだけど
きのこのためなら、カッパ山行もなんのその(笑)





121028_2.jpg

顔を出すタイミングを間違ってしまったナメコ (/・_・\)
こんな風に干からびてしまったものは、カビ臭くて食べられたもんじゃ
ないんです。残念。




121028_4.jpg

121028_3.jpg

これらも残念ながらダメ。
でも次の幼菌が確認出来たので、次回の収穫のために
傷んだ分を削ぎ落として木をお掃除しておきましょうか。

やはり今回は、持ち帰られるナメコには出会えず。
でも、あと1~2週間もすれば、今回見つけた幼菌が成長し
食べごろサイズとなってくれていることでしょう。
あとは、冷たい雨が続くことを祈るのみ。
晴れろだの降れだの、
わたしもいい加減ワガママだけど(笑)






そして今日は、すごいキノコに出会っちゃった。
キヌガサタケ キタ━(゚∀゚)━!

121028_5.jpg

121028_6.jpg

残念ながら冷たくそぼ降る雨に濡れ、すっかり朽ちかけていたので
女王の如く広げる優雅なマント姿を拝むことは出来なかったけれど
このレースのマントを見られただけでも今日は充分満足です。
2週間前には相方が、同じく朽ちかけていたようだけど
この近くでスッポンタケを見ています。
奥越にも出るのねー・・・

ちなみにこのキヌガサタケ、成長のスピードが早いことで有名です。
タマゴが地表に顔を出してから、最終的にマントが完成するまでは
たったの3~4時間。

※「きのこ雑記」というサイト内で紹介されているキヌガサタケの成長記録

一番美しい姿に出会うのは、本当に貴重なことなのですね。






相方の本日のあたま手ぬぐい

121028_7.jpg

きのこダチbebeさんより贈られた
国立科学博物館 筑波実験博物園にて開催された「きのこ展」で
販売された、限定1/200きのこ手ぬぐい。 うほ!



スポンサーサイト
  1. 2012/10/28(日) 19:17:19|
  2. きのこ
  3. | コメント:14
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。