DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

久々のキャンプ  前編

121007_top.jpg
無印良品 南乗鞍キャンプ場







この3連休、近年稀に見るという素晴らしい紅葉に包まれる北アルプスは
たくさんの人で賑わっていたようですが
今年はことごとく3連休に恵まれなかった我が家は今回も、山歩きは諦め
人の少ないであろう静かな山中で、久々に火を熾してまったりと
過ごす楽しみを選びました。

3年前、まさにこの季節のこの場所でテントを張ったのを最後に
とんとご無沙汰だったキャンプ場でするキャンプ。
つい最近ネットで知り合ったあるアウトドアラーの、あまりに楽しそうな
キャンプの様子を拝見し、そう言えばキャンプって楽しかったな・・・
などと、ふと思い出していたここ最近でした。

やりたいですね、、、やりましょう、、、と、何度か交わした言葉は
お互い決して社交辞令ではなかった!
そんなbebeさんご夫婦をお誘いし、我が家の定宿・無印良品南乗鞍キャンプ場へ
いつものヨウメイ一家を交えての、ひっさしぶりのキャンプに出かけてきました。



121007_1.jpg

ヨウメイさんちの愛娘・梓嬢(2歳6ヵ月)
3年前のキャンプでは、ワリエママのお腹の中でした。
若干人見知りはあるようですが、ぐずることなく終始ニコニコご機嫌で
良く食べ、良くおしゃべりしておりました。




---

前日から宿泊しているbebe家のサイトに我が家が合流したのはお昼前。
ネットで知り合い意気投合しちゃうお友達というのは、実際に会うことになる
までの過程ですっかり解り合ってしまう部分があって
初めて会ってももはや初めてじゃない不思議な関係ですね。


そんなわけではじめましてのご挨拶もそこそこに、さっそくランチの用意に
とりかかります。
仕込みは出来うる限り家でしてきてしまうので、現場ではちゃちゃっと
仕上げるだけ。
大きな蒸篭を持ち込んで、今回のテーマはスチームフード。
具材も皮も家で仕込んできているので、包む作業をbebeヨメ・ケーコさんに
ヘルプしてもらいながら、自家製チャーシュー入り肉まんと、トマト練り込み
生地のピザまんの2種類を蒸かします。(写真撮り忘れ)



121007_2.jpg

続いておこわ。

出かける前日にタイミング良く、相方の同僚Sさんのお父上(キノコ採り名人)
から、この秋2度目の天然舞茸が届きました。ちょうど良いので舞茸おこわに。
失敗知らずで簡単なのに見栄えがするおこわは、おもてなし料理には最適。

もち米は前日から浸水しておいたものを、朝、水切りして持ってきました。
こちらも具材はすべて家でカットして、現場では炒め合わせるだけ。
干し椎茸で取ったお出汁と各種調味料は、家で調合してひと煮立ちさせた
ものをペットボトルに入れてしまえば、現地にいろいろな調味料を持参する
必要はありません。

お米の水加減も調理の火加減も加熱時間も、シビアに気にする必要がないので
実はアウトドア向きのメニューだったりするのでオススメです。
おこわは冷めても美味しいので残ったとき用にお櫃を用意したけれど、
あっという間に完食してもらえて出番なし。良かったー。





121007_3.jpg

次に、明日のおめざ用にチーズケーキ。
ダッチオーブンで蒸し焼きにする、NYタイプのチーズケーキです。
上火がなかなか熾きなくて、焼き色がうまく入らず見た目イマイチ。

<レシピ覚書き 15cm型用>
クリームチーズ 200g
生クリーム 100cc
水切りヨーグルト 100g
砂糖 130g
全卵 2個
コーンスターチ 大さじ3

これら全部をよーく混ぜて、型に流し入れ、一時間ほど焼くだけ。
アウトドア用の、かなりバックリな配合。
ゆえにそれなりのデキですが致し方あるまい。


実は残した生クリームを使って、プリンを蒸す用意をしてあったのですが
これ以上一人で調理を楽しんでいたら、周りが引くんじゃないか?と、
はたと気がついて、今日はここまでとしました(笑)。




夜の部の、bebe家プレゼンツ・具沢山もつ鍋へバトンタッチ!

121007_4.jpg

この方たち、キャンプ場に3泊とか4泊とかしちゃう本物キャンパー。
いつもあまり手はかけない、とおっしゃるが、調理道具や手際を見れば
いつもどうしてしるのかはすぐわかる。

実はこのもつ鍋、〆にちゃんぽん麺が投入されることを知り
わたしは相当楽しみにしていたのに、星山の焼肉のせいで
そこまでたどり着けなかった・・・痛恨のミス。
ものともせず寝る前にガッツリ食ってる面々、、、どういう胃袋してるんだ。




121007_5.jpg

それにしても、、、
使用しているキャンプ道具がことごとくこだわりのお品でスタイリッシュなおふたり。
そこへなだれ込む炊き出し部隊さながらの我が家が、せっかくのオサレ空間を
台無しにしているようだ。
ゴミ箱にもこだわりを見せるようなbebeさんの目に、うちが持ち込んだこの
ダンボール箱は、いったいどのように映っていたのだろうか?と、今さらですが
写真を見て反省しています。
これじゃ写真を撮るにも邪魔者意外の何者でもない(笑)
ちなみにこのダンボール箱、中身は大量の薪です。





121007_7.jpg

暖取り用に、調理用にと、大活躍する薪ストーブは
我が家のキャンプには欠かせない道具のひとつです。
火の粉も飛ばないので、服に穴が開く心配もありません。
我が家とキャンプをご一緒した方は、ほぼ間違いなくこの薪ストーブに
魅せられて、その後お買い上げと相成るわけで
実はヨウメイさんもそのひとり(笑)
おかげで今回は、うちとヨウメイ家の2台体制で、寒い夜もぬっくぬく。

お酒におしゃべりにと花を咲かせ、火を囲みながらずいぶんと夜更しを
楽しんでしまいました。
これぞキャンプの醍醐味!家呑みともまた違う、久々に味わうひとときでした。





121007_8.jpg

星撮り仲間でもあるbebeさんと、とても楽しみにしていた星空ですが
この夜もまた残念なことに、雲が広がり撮影は叶いませんでした。
ときおり顔を出すお月様もかなり明るかったこともあったので
今夜はスパっと諦めて、二枚重ねのあったかシュラフにそそくさと潜り込みました。




後編につづく



スポンサーサイト
  1. 2012/10/12(金) 22:34:43|
  2. お出かけ
  3. | コメント:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。