DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

登山部初遠征

120929_top.jpg
目指すは西穂ラーメン!!   西穂高岳・西穂山荘







久々の登山部山行。
(注:登山部とは、勤めている会社で勝手にそう呼んで遊んでいる
山好き仲間の私設部活動。
僭越ながら、一番下っ端であるわたくしが部長を務めております。)

当初は、白山でお泊り山行の予定だったのですが
日曜日、まさかの台風がらみの雨予報。
新入部員もおり、日帰り白山には体力的に若干不安もあったため
お天気の良い土曜日に、日帰りで楽しめそうな山ということで、
西穂山荘にラーメンを食べに行こうと言うことに急遽変更。
いつもは、白山はじめ地元の里山を手軽に楽しんでいる我が登山部。
長距離ドライブでの遠征登山は初めての上、ロープウェイに乗っちゃったりと
ちょっとした観光要素もプラスされて、みな遠足気分でテンションUP。



120929_1.jpg

余裕をもった早め早めの行動を心がけようと、朝4時に出発したら、
ロープウェイPに、7時に着いてしまった! さすがに早過ぎ(笑)
ロープウェイの始発(8:30)まで、車内で待機。
でもま、女3人集まれば、一時間などあっちゅーま。

早朝の空はどんより。
雲が切れてくれれば良いのだけれど・・・





120929_2.jpg

相変わらず大盛況のロープウェイ、2便目に乗って山頂駅へ。
準備運動をして、9時出発。
上がってみれば雲はあるものの、空気は澄んでいて視界は遠景もバッチリです。
まだまだ早いと思っていた紅葉が、うっすらと気配を漂わせています。





120929_3.jpg

途中で、30名近くいそうな中高年団体ツアーに追いついてしまい大渋滞。
イライラしつつも、西穂なら仕方ないのかな・・・と自分をなだめ観念。

それでもあっという間に一時間で山荘到着。
まだ時間も早いし、二人も元気なので小屋はスルーでそのまま丸山へGO。





120929_4.jpg

西穂へ続く稜線と、
余裕のふたりは、すっかり山女のY村さんと新入部員のmioりん。





120929_5.jpg

穏やかな丸山手前の広場。秋空の雲がきれい。
西穂をバックに写真を撮って、今日来られなかった他のメンバーに写メ。
なかなか難しいけれど、いつかは全員揃って登りたい。

ぜんぜん歩き足りない感じのY村さん(笑)。
予定では丸山までの計画だったけど、もう少し進んでみますか!





120929_7.jpg

我らが山・白山も見える素晴らしい景色。
あとで聞いた話によると、富士山も見えていたとのこと。

稜線はさすがにちょっと風が出てきたけれど、歩くのには支障のない程度。





120929_6.jpg

独標手前のザレた急登を見上げ
「結構大変そうですね~~(汗)」と、ちょっと自信なさげなmioりん。
あんなに遠くに見えるけど、ここから、一時間もあれば登れるよ。





120929_8.jpg

独標が近付いてきましたよ。
ポールをザックにしまって岩歩きの準備。
怖かったら無理はしないで、さっくりと引き返しましょうね。





120929_9.jpg

120929_10.jpg

本格的な岩陵帯は初めてのふたりを、
入門コースとはいえこんな所に連れて来ていいものか?
と、正直思ったりもしていたのだけれど、
足取りや表情を見る限りはとても落ち着いた様子。

mioりん曰く、勝山の子供たちはみな地元の山でこんな風に遊んだりも
していたそうで、やはり都会のもやしっ子とは土台が違います(笑)





120929_11.jpg

イェイ!\(^o^)/
危なげなく、無事独標登頂です。





120929_12.jpg
独標からピラミッドピークを望む。


120929_13.jpg
振り返って上高地。


120929_14.jpg

それにしてもこのふたり、もしもわたしが行こうと言えば
たぶん西穂山頂まででもチャレンジしたんじゃなかろうか・・・(^^;
でもここから先はもう少し経験を積んでから。
とてもじゃないけどわたしには、ふたりの命を預かる責任は重すぎます(苦笑)

写真を撮ったり、おやつを食べたりと、景色を満喫しながら
マッタリとしていると、なんとあのツアー団体御一行がずらずらと、
丸山方向からこちらに向かって登ってくるのが見えました。
しょっぱい場所ですれ違うことになると面倒なので
今のうちに危険地帯は下りてしまいましょう。





120929_15.jpg

上りより下りのほうが怖いのだから、今まで以上に慎重に。
独標直下を難なく無事クリアし、ひとまずホッと一息。
でもここからのガレ場もまだまだ緊張が続きます。
とにかく、石を落とさないよう、スリップしないよう注意しながら、
一歩一歩確実に下って行きましょう。





120929_16.jpg

丸山あたりの上高地側の斜面、だいぶ色付いてきてますね~



120929_17.jpg

ピーク時はさぞキレイなことと思いますが、紅葉シーズンは
ロープウェイに乗るための整理券が出されるとか。
そんな時期に来ることはたぶんないでしょうねぇ・・・






120929_18.jpg

ここまで来ればもう安心。
さぁ!あとはラーメンの待つ山荘へ。





120929_19.jpg

わたしはすっかり「豚骨」気分になっていたのですが、
メニューは「みそ」と「しょうゆ」になっていました。
あれ? 豚骨ラーメン、やめちゃったの?


そして山荘ではまたミラクルな出来事がっ!
なんとヨウメイファミリーに、登山部での取立山に続きまたまたバッタリ。
先週末は、滅多に行くことのないショッピングセンターで、
ワリエ婦人にバッタリしたばかり。
なんだかもうここまでくると、どこへ行ってもヨウメイ一家の姿を探して
しまいそう(笑)
チビちゃん背負って来たヨウメイさんたちは、山荘までのお散歩でした。


食事が済んだら小屋の外に移動して、ポカポカ日和の空の下
コーヒーを淹れてもうひと休み。
あとはゆっくり下山するのみ。





120929_20.jpg

ロープウェイ山頂駅の展望デッキで、360度の展望を楽しんだあと
15:15発のロープウェイで下山。
我が家御用達の「ひがくの湯」でお風呂に入り、帰路につきました。

実は帰りの道中で、バッテリー不良による車のアクシデント!があったりして、
おふたりにはご心配をおかけしたりもしましたが
結果的には上手く切り抜けられたので、まぁヨシとしましょう。
(ひがくの湯のスタッフさん、ありがとうございましたm(_ _)m)
・・・白川郷に逝っちゃったのはここだけのはなし爆



わたしはドライバーでもあったので、そちらの責任もあり
なにげに、緊張していたのかもしれません。
珍しく、前の晩はあまり眠れなかったのでした(笑)
だけど、おしゃべりしっぱなしの車中はとても賑やかで楽しくて
眠気など感じる隙もなく・・・(爆)
事故・怪我なく、無事に遠征登山を終えることが出来、ホッとしています。
Y村さん、mioりん、楽しい山旅をありがとうございました。

次回こそは全員揃って、ぜひお泊り山行に出かけたいものです。


スポンサーサイト
  1. 2012/09/30(日) 18:46:41|
  2. お山
  3. | コメント:16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。