DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Lomography

120911_top.jpg
camera:LOMO LC-A








フィルムカメラの話をしていて、懐かしいことを思い出したので
懐かしついでにブログネタにしてみようと思います。

かれこれ10年以上前、一部マニアの間で流行ったトイカメラ。
その代表が、ロシアの光学機器メーカー・ロモ社が製造する
カメラのひとつ、「LC-A」。
すでにデジタルカメラもすっかり浸透していた日進月歩のその時代、
わたしもご多分に漏れずデジタルカメラを所有していたにも関わらず
すこぶるアナログで、ちょっと不思議なこのおもちゃカメラに、
すっかり魅了されてしまった者の一人です。

ピント合せは手動で4段階。
被写体までの距離を目測で測り、大体の距離をレバーで設定。
だから目測を誤ると、ピンボケ写真のオンパレードということに。
一コマずつ手動で巻き上げて、フィルムを最後まで撮りきったら、
巻き戻しクランクを回してやっぱり手動で巻き取ります。


「現像してみるまではどんな風に写っているのかわからない偶然性は、
通常のカメラと写真に対するアンチテーゼと受け止められた。
単に「写りが悪い」とは片付けられない、その味のある描写には、
多くの愛好者が生まれた。」(wikipediaより抜粋)


旧HP時代にUPしていたデータが残っていたので、ピックアップして再公開。
当時、仲間内で異様に盛り上がり、パルコのギャラリースペースを借りて
グループ展まで開いてしまったほどだったのでした(^^;




以下、写真が脈絡なくずらずらずら~~っと並びます。

[Lomography]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2012/09/10(月) 23:08:08|
  2. 日々のたわごと
  3. | コメント:12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。