DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キヨミズダイブ

120907_top.jpg
Canon EOS 5D MarkⅡ / Canon EF24mm F2.8








先日の木曽駒星空撮影で、機材及び技術の限界を思い知り
すっかりやる気を喪失していたわけですが
そうなると今度は、ふつふつと沸き上がるのが物欲の心。

今わたしが使用しているカメラは、「Canon EOS 10D」。
こちらに来たばかりの頃だから、もう7年ほど前になりますが
本体価格10万円ほどで購入。
当時は、キヤノン製デジタル一眼レフカメラのハイアマチュア向け
下位シリーズという位置付けで、ライバル機種としてはニコンのD100やD70。

630万画素
ISO100~1600
1.8インチ液晶モニタ

それまでも、フィルム一眼レフやコンパクトデジカメは使っていたけれど
デジタル一眼レフカメラを持ったことで、一気に写欲が膨らんだものです。
被写体はもっぱら、愛犬ベンと、自分で作るパンやお菓子の記録などで、
撮った写真は、ブログでUPするぐらいの自己満足レベルだったから
つい最近までは、このカメラで十分だと思っていました。
けれど昨年から、山で星を撮ることに興味を覚えるようになると、一気に
不満が噴出するようになりました。
表現力はもちろんのこと、タイムラプスで枚数が必要になり、記録メディアを
2GB(今までは512MB!)に増設したら、認識不良でエラー出まくり。
(大容量メディアの対応保証はないのです)
これも大きな脱力原因のひとつ。

昔の人は、不十分な機能でも、技術と知識を駆使し工夫して、素晴らしい
作品を編み出していたのだし、高機能なカメラを持ったところで、
使いこなせなければ意味がないということももちろんわかっているけれど
やっぱりねぇ(笑)
迷っているうちは買い時じゃない。
と、この一年くらいはグダグダ考えていはいたのだけれど・・・

木曽駒のテン場で、満点の星空を見上げながら心は半分決まりました。
日進月歩のデジタル界。そろそろ買い替えたってバチは当たるまい。
はりこんだ、自分への誕生日プレゼント。

候補はもう絞らているも同然です。
「60D」 「7D」 「5D2」
分相応的には60Dでも余りあるのは合点承知之助。

「5万上乗せで買えるなら、あとで後悔したくない」
と言ったら
「あんたその5万稼ぐのに、どんだけ苦労してんのよ」
と呆れ顔の相方。
って、それ言っちゃーお仕舞いよ~。
秋になると、年末に向けて一気に忙しくなるうちの職場。
怒涛の残業の日々にも、今年は俄然身が入りそう(爆)


すでにこのカメラを所有の方々も知る限りでもちらほら見受けられますね。
わたしには、真珠や小判必至ではありますが、
所有出来る喜びも噛みしめながら、日々精進してまいる所存です。
ちなみに、昨年購入したばかりのTAMRONの17-50mmがフルサイズ化により
使用不可となりまして・・・(おーのー)
資金力不足ゆえ当面は、師匠からレンタルの単焦点でがむばります( ´,_ゝ`)



スポンサーサイト
  1. 2012/09/08(土) 13:13:46|
  2. 日々のたわごと
  3. | コメント:16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。