DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハイクアップ!木曽駒  前編

120825_13.jpg
シンクロナイズド丸川鍋








当初は、阿曽原温泉へのまったり温泉山行の予定だったわけですが
前夜になって、まさかの富山方面天候悪化予報。
水平歩道も星空も、晴れてこそのお楽しみなのに~~
ってなわけで慌てて代替え案を模索し、お天気の良さそうな中アをチョイス。
福井も未だに35度超えの暑い毎日が続いています。
露天風呂は残念だけど、3000mで避暑るのもそれはそれで魅力的。

わたしとしては、ロープウェイでらくらくばびゅーんと2000m超♪
と目論んでいたわけですが
そんなユル旅、スパルタンな相方が許してくれるはずもなく・・・
標高差1600m。文明の利器を敢えて放棄して、
麓からハイクアップで木曽駒ヶ岳山頂を目指します!



120825_1.jpg

今回登りに使うのは、「福島Bコース」。
木曽駒ヶ岳のテン場で一泊、翌日稜線散歩を楽しみながら
「茶臼コース」で下山のぐるり周回コースです。
急転直下で決まった山行ゆえ、わたしは予習が追いつかず。
不安を訴えるも、ここはups_downsさんが日帰りで歩いているコースだから、と。
距離はざっと20km弱。
白山お花松原で日帰り20km歩けたんだから、そこを一泊なら余裕っしょ・・・
ってあなた結果的にはそんなに甘いもんじゃないわけよ。騙された(笑)。

旧木曽駒高原スキー場跡のゲレンデトップに車を停めて
7:40 熊鈴も賑やかに出発!






120825_2.jpg

七合目の避難小屋までは、樹林帯の急登が続きます。
汗が吹き出ますが、標高があるので空気がひんやりしていて助かります。
七合目まで、標準コースタイムにして約4時間。
ガマンの登りも、キノコたちに励まされながらワイワイと歩くことが出来ます。






120825_3.jpg

120825_4.jpg

120825_5.jpg
ギンリョウソウの実


キノコを見つけるたびに、立ち止まってあーでもないこーでもない。
とりあえず写真に収め、あとで同定するのも楽しみのひとつなんですよね。





120825_6.jpg

避難小屋を過ぎると、しばらくは平坦な道のトラバースになりますが
それでもジリジリと登り坂なので、結構身体に堪えます。

登山道自体はしっかりとしていますが、やはりマイナールート。
草が生い茂っていたり、木道が朽ちかけていたり。
それにしても、本当に人に会いません。






120825_7.jpg

標高を上げるにつれ、植生がどんどん変わっていきます。
こんな尾根道を越えたり・・・





120825_8.jpg

お花も少しだけ。





120825_9.jpg

八合目を過ぎるとパッと空が開け、ここからガレ場へ。
玉ノ窪山荘に向かう登り、、、このあたりからが本当に辛かった!

このあとガスが上がってきて、あっという間に真っ白に。
これじゃあ景色も見えないし、ピークは明日にして今は巻いて行こう・・・
そんな後ろ向きなことばかりを考えながらトボトボ歩いていたけれど
通りかかったとき、たまたま出ていらした頂上木曽小屋の小屋番さんに
「もう少しだから頑張って行ってらっしゃい」と励まされ
なんだか成り行きでそのままピークへふらふらと(笑)






120825_10.jpg

15:15 はからずもピークげっつ。





120825_11.jpg

ガスガスなので長居無用。
三角点にタッチしたら、休む間もなくテン場へ向かいます。
そんなガスの切れ間から、カラフルなテント群が見えれば元気も復活!






120825_12.jpg

終わりかけのコマクサが、静かに出迎えてくれました。






テン場にはまだ若干の余裕があり、場所を選ぶ余地もありそうです。
どこに張ろうかとキョロキョロしながら歩き始めてすぐ
見覚えのあるお二人の顔が目に飛び込んできました・・・

「もしかして、矢車草さんじゃないですか?」

思い切って声をかけてみると、やはりビンゴでした!
知り合ってからまだ日は浅いのですが
お顔はネットでちらりと拝見していたのですぐわかりました。
何を隠そう、丸川鍋を最初に知ったのは矢車草さんのブログです。
丸鍋が繋いでくれたご縁です(笑)
まさか、ここで丸鍋仲間にお初にお目にかかるとは!

しかも、今日は両家ともしっかりと、丸鍋持参だったのでした!ミラクル~
丸鍋のツーショットにお付き合い頂き、その後ひとこっぱおしゃべり。
とても初めてお会いしたとは思えない親近感を感じられるのは
同じものを見て同じように楽しいと思える趣味を共有しているからなのでしょうか。
そのうちまた、今度はゆっくりお会いしましょうと約束をして
お腹を空かしているであろう相方の待つ我が家へ戻りました。





120825_14.jpg

さて、、、今日の丸鍋ご飯はサフランライスです。
メニューは定番のレトルト手抜きカレーですが
アルファ米じゃないってだけで、なんだかちょっとご馳走になっちゃいます。

それだけでは寂しいので、今日はタンドリーチキンをプラスします。






120825_15.jpg

漬けダレに漬け込んだチキンを、ジップロックに入れて冷凍。
いつものように冷凍ゼリーの保冷剤で持ち上げました。
タンドリーチキンといえば、いつもは手羽元で作るのですが
山では食べるときに手が汚れるのは面倒なので、今日はもも肉です。

まずはアルミホイルに包んで、蒸し焼きに。





120825_16.jpg

八割方火が通ったところで、ホイルから出して直火で炙り焼きに。
めっちゃいい匂い~





120825_17.jpg

上からカレーをかけたら出来上がり♪
もも肉のタンドリーも美味しいねぇ。今度家でももも肉で作ろう。





お腹いっぱいになって、ホットワインを飲んだ相方は
いつものように早々にオネムのようです。
3時起きで運転してきてくれているわけですからまぁ仕方ありません。


120825_18.jpg

それに引き換え、車で爆睡のわたしは元気です(笑)
染まり始めた空が気になって、カメラを持ってうろうろと散歩。
だけど相変わらずガスが湧いていて、山が焼けることはありませんでした。

先ほどお話した頂上木曽小屋の小屋番さんによると
ここ数日は、星がとてもキレイだったそう。
今日の月没は10時過ぎ。
それまでひと眠りしましょうか。





後編へ続く



スポンサーサイト
  1. 2012/08/29(水) 00:06:17|
  2. お山
  3. | コメント:10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。