DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

梅シロップ備忘録2012

ume120721_top.jpg
左:完成したシロップ8リットル!  右:今年の梅酒 熟成中









梅酒・梅シロップ作りも3年目。
年々仕込み量が増えて行き、今年はついに梅10kg分!
昨年、色々実験してみたけれど、シロップに関して言えば
使うのはリーズナブルな梅で十分だし、砂糖はシンプルに氷砂糖が一番。
今年は特筆すべきことは何もしていないけれど
翌年参考になるので、自分への備忘録として残しておこうと思います。




6/16 仕込み

<梅シロップ>
福井梅 剣先@498/kg:7kg
氷砂糖@398/kg:7kg

<梅酒>
福井梅 剣先@498/kg:1kg
氷砂糖@398/kg:700g
ホワイトリカー35度@980/1パック:1.8L


7/19 梅上げ
80度で15分火入れ サラシで濾して瓶詰め。

※容量が大きかったせいか、氷砂糖がなかなか溶け切らず
漬け込みがいつもより長期化。(→とくに問題なし)


この8kg分の梅で完成したのが、TOPの写真。
シロップは、3本の瓶で漬け込んだものを、最終的にひと瓶に合わせました。
この他に、冷蔵庫にシロップ2L入っています。
梅7kgで、実に10L近いシロップが抽出されたことになります。
単純に考えて、実の半分は水分として抽出された計算か。果実の力ってスゴイ。




---
・・・と、今年は8kgでいくつもりでした。

実はこの仕込みが終わった頃、さらにY村さんから上質な梅のお裾分け。
なんでも、梅の名産地・福井三方での、梅もぎイベントに参加してきたとのこと。
うちだけでは消費し切れないからと、袋にどーんといっぱい2.5kgありました。
品種は紅映。本来なら、京都などの料理屋さんに流される梅とのことで
市場価格で1000円/kgはくだらない高級品とのこと。
肉厚で種が小さいのが特徴で、本当だったら、梅干しや梅の実菓子などに
使われるものなのでしょう。
シロップにしてしまうのはもったいないくらい。でもしちゃうけど(笑)
1.5kgをシロップ用、1kgを梅酒用に。 こちらはまだ漬け込み中。

というわけで、、、正確には10.5kgの梅仕事でした。



<過去の備忘録>
 梅仕事2010
 梅仕事2011


スポンサーサイト
  1. 2012/07/24(火) 21:32:27|
  2. 台所
  3. | コメント:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。