DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イソメ克服への四方山

120722_top.jpg
掛け声は「うーやーたーっ!」








ときおり太陽が顔を覗かすものの、総じて厚い雲に覆われた一日でした。
山がダメならあたしらにゃ海がある!
先週に引き続き今週も、浜地海岸へキスを釣りに行ってきました。

強い日差しもなく、気温もそれほど高くないので、浜で過ごすにはいい塩梅。
PM13:00 フィッシュオン!
時間も時間だったので、実のところ釣果はあまり期待していなかったのだけど・・・






120722_1.jpg
じゃん♪

アングルマジックで、えらい大物に見えますが(笑)・・・





120722_2.jpg

まぁ20cm超と言ったところでしょうか。


ところで、、、
キス釣りには、たいがいイソメというエサを使います。
(今日はジャリメでした)
苦手な方も多いと思うので、エサの画像は自粛しますが(笑)
釣りには欠かせないエサなので、これを触れないことには話にならず
わたしも初めは、ベソかきながらおっかなびっくり付けていたものです。

以下そのエサのはなし。苦手な方はスルーして下さい。











ミミズとムカデを足して2で割ったようなニョロニョロ系で
口から何か出てくる感じがまるでエイリアン。しかも噛み付くし。
要は、ものごっっっつ、気色悪い長い虫です。
だけど慣れというのは恐ろしいもので、今ではなんとか素手でも扱える
ようにはなりました。
何よりそんなことでヒャーヒャー言ってたら、
うちの師匠は厳しい方なので、釣りになど連れて行ってはくれません(笑)
が、それでもやはり、気色悪いものは気色悪い。
おまけに、体が切れるとネバネバの変な色の体液が出てくるし、
触ったあとは、独特の生臭い臭いが指からなかなか取れません。

当然、釣り師たちにも苦手な人は多いらしく
イソメを素手で触らなくてもエサが付けられる便利グッズみたいなものが
釣具屋さんへ行くと色々と売っています。
でもやはり、そんなもん使ってチマチマやっていては、魚がかかり始めたら
手返しが重要なときに、時間がかかるばかりでタイミングを逃してしまいます。

結局イライラするばかりで、お陰で開き直って今じゃ思いっきり素手で
エサ付けしてますけど、密かに悪あがきは続いていたのでした。






120722_4.jpg

すでにお気付きの方もいらっしゃると思いますが
画像、2枚目と3枚目のわたしの左指3本。
これ、100均で買った使い捨ての指サックです。

すごく薄いので、素手感覚とあまり変わらない印象です。
思いのほか滑らず、ニュルニュルのイソメも割としっかりつまめます。
ただ薄いが故に、針が引っ掛かると簡単に穴が開きます。
でもそこは100均コスパの魅力。20個入っててもちろん100円。
やべっ!と思ったら即交換です。着脱しやすいのもポイント。
いくつか試したけど、今のところこれが一番使いやすいかも。
たかがゴム一枚ですけど、これ着けてるだけで気分がウンと楽です(笑)






120722_3.jpg

さて、、、
今夜もまたキスの天ぷらで晩酌。
家に帰ったらまず、ビールとコップを冷凍庫に移動することから始めましょうか。





スポンサーサイト
  1. 2012/07/23(月) 21:19:41|
  2. 田舎の風景
  3. | コメント:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。