DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

祝!赤ちゃんパンダ誕生

120708_top.jpg
クリームぱんだ










だいぶ前にハマっていたキャラまん
おとなまん」でネタも落ちた(笑)ところでしばし封印していたのですが
過去記事にコメントを頂いたことで、久々にやる気再燃。
新たなキャラを模索していたところにタイムリーなニュースが!

「上野動物園のジャイアントパンダ「シンシン」に赤ちゃん誕生」

まぁ、国政的には石原都知事の気持ちもわからかないですが(^^;
なんやかんや言うても無条件にカワイイですからねぇ、パンダさん。
幼い頃、叔父から誕生日のプレゼントかなんかで自分の体より大きな
パンダの縫いぐるみをもらって、いつも格闘していたらしいです。
もちろん、上野動物園にもよく連れて行ってもらいました(遠い目)
ま、子供にゃ外交問題など関係ないですから、実物を見られるものなら
見せてあげたいと思うのが親ってもんでしょう(笑)



さてと。



120708_1.jpg

そんなわけでパンダです。
いつものように中華まんでも良かったんですが、「クリームパンだ」
とダジャレてみたい一心で、強力粉100%でパンにすることにしました。
でもせっかくの白黒パンダカラーに、焼き色を入れたくなかったので
今回はちょっと、初めての工程で作ってみようと思います。

今日の色付けは、ブラックココアパウダーと竹炭由来の粉末食用色素
「黒」とのミックス。
真っ黒より少し優しくしようとコゲ茶にしてみました。






120708_2.jpg

カスタードも自作。
包みやすいようにちょっと硬めに炊き上げます。






120708_3.jpg

もっちりフワフワに発酵したパン生地は、中華まん生地に輪をかけ
細工がしづらかったっす。
この生地で「ドラえもん」作れとか言われても絶対無理。
ましてやセント、、、おっといけない。

ちなみに、上野駅にある「HOKUO」というパン屋さんでは
以前からあったパンダパンが、このパンダフィーバーで人気沸騰だそう。
細工パン、量産するの、大変だろうなぁ・・・(^^;






120708_4.jpg

雑誌で見た、「白パン」の工程に倣い
焼く前に一度、蒸籠で軽く3分ほど蒸します。
なんかもう、これだけでいいんじゃ・・・って感じですが・・・






120708_5.jpg

それを更に、170~180度のオーブンで焼き色が入らないよう5分焼成。
でもなんか、あんまり美味しそうじゃないなぁ・・・(苦笑)





120708_6.jpg

でもって、粗熱が取れたところでデコペンで仕上げ。
冷めたら顔シワシワやし。






120708_7.jpg

いやもう、みなまで云わんでも。
耳、デカ過ぎって言いたいんでしょ?(笑)
パッとしないデキだけど、せっかくなのでネタUP。



あー、、、早く梅雨明けしないかなぁ。



スポンサーサイト
  1. 2012/07/08(日) 17:45:38|
  2. 台所
  3. | コメント:12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。