DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

炊飯鍋とビビンバ

120616_top.jpg
自家製ナムルで作るビビンバ









まぁ狙ったかのように週末の雨ですよ。
そしてまた、予定していた山行が中止になりました・・・(がっくり)
相方が、わたしのせいだって言うんですよ。雨女さすがだなって。
梅雨の真っ只中、全国的な悪天候をわたしのせいだと言われてもねぇ・・・。
ってかわたし、そもそも雨女じゃないし。


そんなわけで、また家でまったりしております。
先日、山菜おこわ用にと使った乾燥ぜんまいが、まだ残っていたので
これをナムルにしてビビンバを作ることにしました。
またまた、前日から水に戻して下準備。
こんなことになるなら、前回一気にやっておけばよかった・・・(^^;

そこで、、、実は、山用にと思って新たなブツをゲットしていたので
せっかくなのでさっそくそれも使ってみようかな、と。 練習、練習。




120616_1.jpg
じゃーん♪ 丸川荘さんの炊飯鍋。


丸川荘さんとは、山梨県は大菩薩嶺にある小さな山小屋のこと。
ところでなんで山小屋で炊飯鍋?
要は小屋番さんのお知り合いの職人さんが作られている手作りの鍋だそうで
今は会社をたたんで店舗などとの取引もなくなったため、残る在庫を処分する
意味もあってか、知り合いだったこの小屋に格安で置いている、、、
というようなことのようです。よって、材の在庫限りで販売は終了とのこと。

ところが、、、美味しいご飯が炊けるという使い勝手の良さもさることながら、
このなんともワケアリな希少感が一部ギアマニアの心をくすぐったのか
ある方のブログを発信源として、じわじわとしかし着実に販売数を増やして
いるとかいないとか。
鍋を買うために山に登る・・・という方々まで現れる人気ぶり。

ピークに興味はないけれど(笑)、こういうテヘヘな山登りなら大好物な
わたしが黙っていられるハズもなく・・・
とはいへ、奥秩父山塊などここ福井からでは簡単に行ける距離ではなく、
未知なる山域。 でもなんと、電話での発注で郵送して頂けるとのことで
無事、お鍋を送って頂くことが出来ました。

ご多分に漏れず、この小屋も物資は人力ボッカ。
小屋に置くために下界からボッカで荷揚げしたものを、郵送するためにまた
ボッカして下界に下ろす、、、という、なんとも申し訳ないことになるわけ
ですが、小屋番さんはそれを快く引き受けて下さっているようです。
たぶん儲けなど、出ていないのでしょうに。ほんとにすみません。






120616_2.jpg

さてこのお鍋、要は文化鍋の簡易版。
重量は580gとそこそこありますし、実物は結構大きくて存在感があるので
ULとは程遠く縦走登山には無理がありそうですが、ザックにある程度余裕の
ある夏場など、一泊のまったり山行なら十分出番もあるでしょう。

ところでちょっと感心したのがこの持ち手の細工。
横のビスをスライドさせて持ち手を下に下ろすと、持ち手のカーブが
フタのツマミにピタリと合って、フタが蒸気圧でパカパカ持ち上がるのを
押さえる働きをしてくれます。これ、飯盒だと石を乗せたりしますよね。






120616_3.jpg

内側のフッ素加工により、米粒のこびり着きはありません。
これ、山で使うには大原則じゃないですか?

やはり火加減は、何度かやってデータをとってみないとダメですね・・・
今日はちょっと焦がしてしまいましたが、底のお焦げも、少し水に
浸けておいたら、キレイに剥がれました。






120616_4.jpg

さて、前置きが長くなりましたがようやくビビンバの話です。
これまでレトルトを使って作ったことはありましたけど、
具材から仕込むのは初めてです。
もちろん焼肉屋さんなんかでは食べたこともありますが、韓流でもないですし、
実は本当に美味しいビビンバというものがどういうものなのかは
よくわかりません(笑)






120616_5.jpg

具材は、上の写真のものと合挽肉の肉味噌そぼろで、計6種類。
ひと品ひと品、面倒っちゃあ面倒だけど、どれも同じ様な味付けなので
簡単っちゃあ簡単です(^^;

左上から時計回りに、、、
大根、ほうれん草、にんじん、豆もやし、ぜんまい。
基本は、ごま油、塩、コチュジャン、すりゴマ。 +α・・・
本場は、隠し味とかそれなりの調味料とかあるんでしょうけどね。






120616_6.jpg

最後に、卵黄と韓国海苔。
そして、「ビビンバの素」とかいう、こってりしたコチュジャンベースの
調味料をスプーンに一杯タラリ。

本当は、ダッヂオーブン温めて、石焼風にしようと思ってたんだけど
面倒になって断念(笑)
残った具材は、また別口でご飯と混ぜて、お弁当にしても美味しいかも?




あーあーあー、、、
食べてばっかで太る一方(遠い目)



スポンサーサイト
  1. 2012/06/16(土) 16:26:36|
  2. 台所
  3. | コメント:10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。