DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お山deピッツァ 試作編

120609_top.jpg
ストーブとフライパンで焼く、ピッツァ・マルゲリータ。









とうとう全国的に梅雨に突入しちゃいましたね。
ようやく雪が消え、新緑だぁ~などと喜んでいたのもつかの間でした。
こちら北陸地方も、シトシトシトシト・・・とよく降ります。
今週末は、割と大人数でのお山予定だったのですが
あっけなく中止となりました。

代替え案が何も浮かばず、ひたすら家でダラダラ過ごす週末。
なんだかすごく時間を無駄にしたような気もするのだけれど
まぁたまにはいいかなー。


あまりに暇だったので、お山で出来そうな山ゴハンの新メニューの試作
などしてみました。
いつもは思いつくままに、ぶっつけ本番でやっちゃうんだけど
今回はそれなりに手間もかかるし、山で失敗したら凹みそうなので(笑)



120609_1.jpg

というわけで、、、
本日のメニューは、ピザ。

いつものトランギアのアルミパンとガスストーブで、どの程度の
クオリティでピザが焼けるのか・・・のテストです。


ピザ生地は、強力粉100%。吸水65~70%。
ドライイーストで常温発酵。
生トマトがあったので、ピザソースも自作しました。
フレッシュバジルは相方の菜園(名付けて「K'sファーム」)で収穫。

生地はなるべく薄く伸ばしましょう。
吸水高めの柔らかい生地なので、重力に従い手伸ばしで広がります。
腕に覚えのある方は、投げ回して頂くと気分も一層盛り上がることでしょう。
モッツァレラチーズをたっぷり乗せて、ハーブミックスソルトと
EXバージンオリーブオイルをタラリと回しかけたら、ストーブへ!






120609_2.jpg

アルミホイルでぴっちりとフタをして、半蒸し焼き状態に。
火加減は最弱。
火力が強いと、生地に火が通る前に焦げちゃいます。
生地の焼ける芳ばしい香りがしてきたら焼き上がり。
3分から5分といったところでしょうか?
とにかくあっという間に焼けるので、要注意です。






120609_3.jpg

生地がひと回りふっくらとして、チーズが溶けていればOK。
でもこれでは、ちょっと物足りない感じでしょう?






120609_4.jpg

そこで必殺、ガストーチの登場です。
表面を、まんべんなくバーナーで炙り焼き。






120609_5.jpg

w( 'o')w<wow...
なんかいい感じじゃね?






120609_6.jpg

生地もふっくら。
チーズもトロリでバッチグー!






120609_7.jpg

ついでに、具沢山ピザも焼いてみました。
トッピングは、、、タマネギ、マッシュルーム、ピーマン、プチトマト。
たぶん、生地が先に焼け、トッピングが生焼けになる恐れがあるので
トッピングは先に電子レンジでチンして、軽く火を通しておきました。






120609_8.jpg

思っていた以上に簡単で美味しく出来ました。
これ、山の上で食べたらさらに美味しいだろうなぁ~・・・
具材にアレコレ凝らなければ、下準備は割と楽そうです。
短時間で焼き上がるのも、枚数かせげて良さそうです。

ただ、膨らんで嵩張るパン生地を、ザックに入れて持ち上げるのが
ちょっと大変かな? 重くはないんだけどね(笑)






#登山部業務連絡
というわけで、次回山行のランチはピザでどうでしょう?


スポンサーサイト
  1. 2012/06/10(日) 17:59:41|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。