DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

春待ちうどん

120407_top.jpg
春色3色うどん(とまと・かぼちゃ・抹茶)









4/7(土)、朝起きたら、外にはうっすら雪が積もってました。
そして午前中ずっと、降ったりやんだり。
なんてこった。

東京では桜の満開宣言が、、、というニュースにため息が出る。
いくら雪が好きだと言ったって、春の雪はまた別物。
こちら福井県奥越地方、桜どころか、梅の花すらまだ3分咲きといったところ。
未だにダウンジャケットが手放せません。

今日も一日、とても寒かったので、夕食はしゃぶしゃぶ。
と、なればまた、〆のうどんはわたくしにお任せを!



120407_1.jpg

そしてまた、遊んじゃうわけですはい。
気分だけでも、春を感じましょうか。
パン生地と違ってコネが楽なので、何種類だって案外簡単に
仕込めちゃうのがいいところ。
ただし、練り込む具材によっての加水調整が難しく、今回ちょっと失敗。



---
<覚書き>

いずれも、粉(麺たくみ)200g  塩11g

とまと: カゴメ 6倍濃縮ペースト18g  水80cc(次回、減)
かぼちゃ: チンして裏ごし50g  水70cc(次回、減)
抹茶: お抹茶4g(溶け残りあり)  水86cc(次回、増)

パスタマシン  厚みダイヤル6 巾4mm
---



打ち立てを少し取り分けて
鍋の〆用に、硬めに茹で上げ冷水でしめておく。
それぞれなんとなく風味は違うけど、食材自体の特徴は感じない。
残りは寝かせて熟成。

こんな風に、具材をいろいろ練り込む楽しさは手打ちならでは。
生麺のままなら、冷凍保存が利くそうなので
少し多めに打って、いざというときのストックにいいかも。




120407_4.jpg
翌日、日曜日のブランチは、ひと晩寝かせた麺でざるうどん。









以下、先週の写真です。

120407_2.jpg

某所にて無事、ふきのとう大量ゲット。
さっそくふき味噌を作りました。
ちなみに、上のように花が開いてしまったものは使いません。
ふき味噌にするなら、つぼみか、少し開きかけくらいまでのものがいいのです。





120407_3.jpg

さて、、、
こんな寒い日も、ようやく今日で一段落となりそうです。
明日から一気に春めくらしいので、桜のつぼみも少しは膨らむかしら・・・

次なる楽しみは山菜。
どこまでもイヤシイ系。




スポンサーサイト
  1. 2012/04/07(土) 23:11:31|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。