DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドライブ加賀ふたたび 前編

120303_top.jpg
もく遊りんの石窯   石川県白山市









先日に引き続き、またまたぐるっと加賀エリア巡りに出かけて来ました。
まぁ要は、平日だろうと休日だろうと遊び歩いちゃうわけです。
今回は、前回行こうと思っていたのに行けなかった場所に改めて足を運ぶ旅。
そして、そこから繋がった新しい場所との出合いの旅でもありました。

加賀に向かう前に、まずは白山市の鶴来にある「もく遊(ゆう)りん」へ。



120303_1.jpg
もく遊りん エントランス


そもそも前回、ほんとはココに来たかったのです。
久々に、ここのピザが食べたいなぁ~、、、と。
なんせココ、日曜のお昼時なんかに来ても大混雑でウェイティング必至。
平日ならゆっくり食べることも出来るだろうと思ったのですが
なんと、行こうと思った火曜日が定休日だったのでした。がっくり。
気持ちはすっかりピザ腹だったので、さっそくリベンジ。







120303_2.jpg

木材の製材・加工、建築設計・施工などを本業とする会社が
食部門として営業するイタリアンレストラン。
さすが木造りのデザイン設計が、なんとも言えない味のある構え。






120303_3.jpg

120303_4.jpg

中庭を挟んだ反対側の棟には工房があり、自然雑貨の販売や
オーダー家具の製造などをしています。
こちらにお世話になることはまぁ一生ないでしょうが(苦笑)、目の保養~

レストランOPEN前に到着してしまったので、こちらを覗いて時間調整。
ヒノキチップの入浴剤などをお買い上げ。






120303_5.jpg

いい味醸しまくりの石窯。
イタリアからの直輸入だそうで、大・小、二つの窯を併せ持つのが自慢。
ガスは使用せず、燃料は薪オンリー。
大きい方の窯は、一度に10枚のピッツァが焼けるのだとか。
小さい方の窯は、お肉や野菜を焼くためのオーブン用。






120303_6.jpg

一番乗り(笑)の店内。
アーチ状に並ぶテーブル席は、ステップフロアを利用した創り。
内装・家具はもちろんすべて木工房オリジナルで、アンテナショップ的な
役割もあるのでしょうね。






120303_7.jpg

ロフトがカウンター席になっていて、ここから見下ろしたのがTOPの写真。
スタッフさんが、手際よくピッツァを焼く姿などを眺めるのも楽しいものです。






120303_8.jpg

その名も、「おひとりさまセット」(^^;
ピッツァかパスタをチョイスし、サラダ・デザート・ドリンクがセットで ¥1,380也。
ちなみに、一枚全部食べきれなかったのですが
テイクアウトをお願いすると、気持ちよく対応して下さいました◎


続々と、お客さんがやってきます。
一人で4人席を占領するのも気がひけるので、お腹が満たされたら長居無用!

お次へGO!!







またまた来ました、YOSHITA BAKERY。

120303_9.jpg

まだ、お昼を少し過ぎた程度の時間だったにも関わらず
またパンはほぼ完売状態(泣)
本気で食べたいなら、ぜひ午前中の早い時間に行きましょうね。とほ。






120303_10.jpg

今日はひとりなので、思う存分店周りを怪しくうろつきます。
勝手口まで画になってるし・・・






120303_11.jpg

何度も行っているのに、知らなかった裏手の風景。
なんか、日本じゃないみたい。
右手の小屋は、マサオくんの家。






120303_12.jpg

そう、マサオくんは山羊。
マサオくん、裏庭で放し飼いされています。(もちろん、柵アリ)
人懐こくて、人影を見ると寄って来てくれますよ。






120303_13.jpg

歳月を経て、来る度に味わいを増していく「YOSHITA BAKERY」。
なかなかパンは食べられないけれど、懲りずにまた来ます(笑)







さて今日一日、充実し過ぎて長くなってしまったので
このあとは後編に続きます




スポンサーサイト
  1. 2012/03/03(土) 23:33:05|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。