DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

平日休みの過ごし方

240228_top.jpg
まずはとりあえず、ボヌる。










職場でちょっとしたイベントがあり、先週末は休日出勤。
怒涛の8連勤を乗り切って、今日は待望の代休。
平日に休むなんて、体調崩すか何か特別な理由があるときくらいなもんだから
なんでもない日バンザイ\(^^)/みたいで、そりゃもう楽しみだったのです。
とはいへ、こういうときに限って空回りしがち。
今回も直前まで、何しようかな~、、、なんて決めかねていて、危うく無駄に
過ごすところだった・・・。

キッチンに籠るってのも非常に魅力的な一日ではあるのだけれど
どうせなら、平日だからこその過ごし方をしたいな、、、ということで
静かにまったり過ごせてこそ、その魅力を実感出来るあのカフェへ。





240228_1.jpg
鶴仙渓 黒谷橋


平日の山中温泉は、案の定閑散としていました。
観光客もまばらで、無料Pにも簡単に駐車出来ました。

ちょっと散策してみるか、、、と、川沿いの遊歩道に下りてはみたけれど
まだ雪が残っていて、足元が滑ってちょっと怖かった。






240228_2.jpg

東山ボヌール。
以前来たのは、新緑のしっとりした季節でした。






240228_3.jpg

今日は2F席で、ガトーショコラとロイヤルミルクティをチョイス。
2F席はカフェのみで、食事は出来ないのでご注意を。






240228_4.jpg

入ったとき、1Fにいたひと組みのお客さんも途中で帰り
あとは貸し切りでした。なんと静かで、なんと贅沢な。
ここまでは計画通り(ふっふっ)。






240228_5.jpg

店内のディスプレイなどを見ていて、ふと目についた一枚のチラシ。






「陶芸体験工房」
電動ろくろ体験コース ¥3,000 所要時間約30分。
九谷焼の器作りを体験出来るとのこと。







(゚◇゚)ハッ!!







240228_6.jpg

電話してみると、いつでもどうぞ、と。






240228_7.jpg

結局ここも、わたし独りで独占なわけで。
注:写真の手は、先生の手です。







240228_8.jpg

ろくろの前に座って粘土に触れたのは、もちろん初めての体験です。
まぁほとんど先生が、手直ししてくれちゃったわけですが。
注:「ゴースト」のパトリック・スウェイジばりの密着指導はありません(爆)







240228_9.jpg

左奥に見えるのが、わたくしの茶碗。
一応、カフェオレボウルのイメージなんですがなにか?
出来上がるのは、約2ヶ月後だそうです。



良い季節の頃は大変混雑するそうなので、
事前に予約をして行かれたほうが良いようです。

山中温泉バスターミナル前 きぬや2階
シルクロ陶芸体験工房






---

さてと、、、
思いがけない寄り道のあとは・・・



240228_10.jpg

山中温泉から、さらに車で走ること30分。
金津創作の森のアートコア・ミュージアムで行われている
「レイモン・サヴィニャック展」へ。







240228_11.jpg

美術館もやはり、ぜひ平日に訪れたい場所のひとつではないでしょうか。

あのサヴィニャックの、ポスター原画約20点と
オリジナルポスター・クリスマスカード約160点が一堂に展示。
こんな田舎で、こんな規模の展示会に出会えるなんて!


会期は、3月4日(日)までなので、見ておきたい方は急げ!!





---
毎日のお勤めがあるからこそ、休日が充実するのかな、、、とも思いますが
変則業務や、サービス業などでない限り、
普通に会社勤めしていると、なかなか味わえない平日休み。
どこも空いていて、何をするにも効率が良く本当に羨ましい限り。
ただし、お友達とは遊べないだろうから、独り遊びが楽しめる人じゃないと
ちょっと淋しいかもね。

わたしは「おひとりさま」大好物なのでぜんぜんオッケーだけど
相方と休みが合わなくなるのはなにかと問題か・・・な?(苦笑)




スポンサーサイト
  1. 2012/02/28(火) 21:48:08|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。