DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

たかが綿棒、されど綿棒。

120205_top.jpg
「大阪でつくっためんぼう」   製造:(株)山洋




2年くらい前から、イライラしたり、悩み事を考えこんだりすると
耳が痛むようになったんです。
なぜかわたし、どうも悩み事なんかないように見えるらしいんだけど
一応人並みに、日々ストレスと戦っているんです。こう見えて(爆)


鎮痛剤を飲んでも、いまいち効かない。
その頃、突発性難聴で苦しんでいる知人がいたりして
すわわたしも、何かストレス性の病か!?なんて思ったりもしていて
花粉症の薬を処方してもらうために耳鼻科に行ったついでに
相談してみたんです。

耳の中を覗いた先生
「あぁ~炎症起こしてますねぇ」

耳かきの際にでも傷付けたところに、バイ菌が入ったのかもしれません、と。
しかも、治っては炎症を慢性的に繰り返している様子、と。
わたし、耳垢採取的いわゆる耳かき棒での耳かきはしないんだけど、
お風呂上がりに綿棒でクチュクチュっとやるのがどーもマズかったみたい。
湿気取り程度だから、決してグリグリしているわけじゃないんだけど
粘膜が弱い人は、それでもキズが付きやすいそう。
体調やストレスで免疫力が弱っている場合なんかには、傷ついた粘膜は
イチコロなんでしょうね。



しかも綿棒って、なにげに雑菌の温床だそう。
100円ショップなんかで売ってるやっすい綿棒なんて、どんな所で作られてるか
わかんないですもんねぇ・・・そう考えると、確かに怖いかも。
公衆浴場なんかにサービスで置いてある裸の綿棒なんて、今となっては
「もやしもん」レベルでバイ菌たちの姿が見えるようです。

もう綿棒なんて使わなきゃいいんだけど、習慣になっちゃってるもんは
なかなかやめられないわけで、たまのご褒美的(笑)にクチュクチュするとき用に
高級綿棒を使用することにしました。高級ったってあなた、たかが知れてますけど。
その名も、「大阪でつくっためんぼう」。
清潔な工場で製造、キトサン抗菌加工を施した、完全個別包装の綿棒です。
一本個別包装の綿棒は、まぁ昔からあったにはあったけど、こんなふうに、
国産良品・品質重視を前面に謳うのは、最近の風潮っぽい感じではありますね。

おかげで最近は、薬を飲むほど痛いというのはなくなりました。


たかが綿棒、されど綿棒。
皆さんも、お気を付けあそばせ。



スポンサーサイト
  1. 2012/02/05(日) 11:23:30|
  2. 日々のたわごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。