DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブームは続くよパウンドケーキ

111119_5.jpg
キャラメルりんごとさつま芋のパウンドケーキ









ハマるととことんのめり込む病気発症で焼きまくり。
リング型やクグロフ型でも焼いたけど、結局はやっぱりパウンド型で焼くのが
一番美味しいということに行き着いたパウンドケーキ。

家に、頂き物のりんごがあったので、今日はりんごで焼いてみました。
実は、このりんごが何の種類なのかは不明。
紅玉でないことだけは確かで、アップルパイなんかには出来ないと思ったけれど
こうして生地に混ぜ込んでしまうお菓子なら、まぁなんとかなるかな~と。
りんご自体に味のパンチがないので、塩バターキャラメル風に
こっくりと煮てみることにしました。


ところが・・・




111119_1.jpg

火を入れて間もないうちから、グズグズと煮崩れてしまい
これ以上煮たらペーストになってしまいそうっていうくらいゆるゆるに。
ジャムとして食べるならこれでもいいかもだけれど、焼き菓子に入れるには
これじゃあねぇ・・・
でもせっかくなので、これを使ってとりあえずパウンドケーキは焼き上げました。







111119_2.jpg
左:品種不明  右:秋映


でもやっぱりなんとなくモヤモヤしていて、その後買い物に出たついでに
フルーツコーナーをうろうろ(笑)
紅玉はもう並んでいなかったけれど、秋映が。
秋映も、一応お菓子向きと言われているようです。
甘味酸味のバランスが良く、果肉が硬いのが特徴なのだそうです。

帰ってさっそく煮てみると、煮崩れもなく、キャラメルの色もしっかり入って
なかなか美味しそう。
同じように煮ていても、こんなに違うものになってしまうのね。
このりんご(左)では、タルトタタンなんて絶対焼けないな~・・・
ところでいったい、何って品種だったのだろうか(爆)







111119_3.jpg

111119_8.jpg

ついでに、アップルチップも作ってみました。
スライスしたりんごに、粉糖を振りかけて低温(120度くらい)でじっくり乾燥焼き。
りんごのスライスの厚みにもよるけど、今回は一時間半かかりました。
なんか、めちゃくちゃコストパフォーマンスが低いお菓子のような気が(笑)
そのうち、果物野菜乾燥器でも作ってみよう。





で、、、





111119_7.jpg

秋映でもフィリング作っちゃったし~
ってことで、結局もう一台焼いちゃうわけです(笑)

同じものではつまらないので、今度はさつま芋も一緒に入れてみました。
さつま芋は、下準備としてコンポート風にシロップにしばらく漬け込んでおきました。
下茹でする際に、くちなしをひとかけ入れて黄色く色付けしてあります。
りんごのキャラメル色とのコントラストが生まれて、断面マニアも思わずニヤつく
なかなかの出来栄えとなりました。






111119_6.jpg

「お菓子には紅玉」と、言われる所以が、味だけでなく
こうした扱い安さにもあるということを、しみじみ実感。
そう考えると、本当に美味しいりんごのお菓子を焼けるのは
秋のほんの短い間だけのお楽しみなんだな。

キャラメルりんご、パンに良く合いそうです。
明日の朝食はトーストに、このキャラメルりんごをたっぷり乗せていただこうと思います。



スポンサーサイト
  1. 2011/11/20(日) 23:19:05|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。