DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

なめこのキッシュ

111128_top.jpg
天然なめことたまねぎのキッシュ










金曜日、頭がちょっとだけ見えた白山が、真っ白に輝いていた。
それはもうほんとに完璧なまでに滑らかな真っ白で、
日曜日は取立山に白山を眺めに行こう! と、思いつく。
でもよくよく考えてみれば、ノーマルタイヤでいったいどこまで行けるのか?
登山口までの道路状況がまったく読めなくて、一人で行くにはあまりにも
リスキーなので、残念だけど今週は諦める。

相方は、黒岩へクライミングに出かけて行った。
一緒に行くか?と聞かれたけれど、足手まといになるのは目に見えているし
いってらっしゃい~ とお見送り。




111128_1.jpg
上部には雪が。


だけど久々に、雨降りでない日曜日。
もったいなくて、どこかへ出かけたくてウズウズしてしまうのでした。
きのこ採りへは、危ないからと単独禁止令が出ているので
あとで相方には怒られそうだけど、えーい行ってまえ!(笑)

カッパを着ないでキノコのお山に入れるのは、今シーズン初じゃなかろうか?
念のため、カッパと防寒着とエマージェンシーシート、熊鈴とラヂオは二人分、
思いつく限りの装備をしっかり持って、いつものお山へレッツゴー。


欲を出して、登山道を外れて薮漕ぎするようなことはしない。
そう心に誓い(笑)、いつもの道を行きますが
簡単に目に付く登山道沿いの木々は、もうあらかた採り尽くしてしまい収穫ゼロ。
あぁ、、、今年はもう終わったか~・・・







111128_2.jpg

せっかく思い切って出かけて来たのになぁ・・・
手ぶらで帰るのなら、ここに来たことは相方には内緒にしておこう(笑)
そんなことを考えながら、意気消沈の下山途中、ふと見ると、、、

あんなところにあった!!

とても手の届かない高い場所にあったけど、拾った小枝の先に、
細引きでオピネルを結びつけ、、、執念じゃ~!(笑)
落ちてきたブツを拾い集め、一回分のおかずにはなったな、、、と、ひとまず
自分を納得させて歩き始めると・・・







111128_3.jpg

うぉーーーっ!
こんなところに極上モノ発見! 先週来たとき見逃していたんだな。
こういうサプライズがあるから病みつきになっちゃうのよね(嬉)







111128_4.jpg

はい、根こそぎまるっと頂きました♪







111128_5.jpg

それでもってさらにこの木、反対側にこんなに幼菌抱えてました。
来週来れば、爆発してるんだろうなぁ・・・(遠い目)







111128_6.jpg

今日はせっかちなB型男がいないので、じっくり丁寧に収穫してきました。
おかげで後処理も楽ちん、最高のコンディション!
比較対照物がないので判りづらいですが、これ、500円玉より大きい
大粒サイズです。







---

で、今日はちょっと遊んでみることにしました。




111128_7.jpg

まずは、パイ生地を作って~






111128_8.jpg

空焼きしたパイ台に、なめこをぴっちり敷き詰めて~






111128_9.jpg

たまねぎとチーズがたっぷり入ったアパレイユを流し入れ~






111128_10.jpg

180度 25分で はい、完成!






111128_11.jpg

天然なめことたまねぎのキッシュ。






111128_12.jpg

温かいうちにカットしたので、切り口グジュグジュになってもうた。
オリーブオイルと、パルメザンと、黒胡椒をぱらり。

決して不味くはないけど、美味かと言えばそうとも言えず・・・
びみょー(爆)
舞茸のキッシュが美味しかったからと言って、
キノコならなんでもいいってわけじゃないのよね ヽ( ´ー`)ノフッ



冷凍庫に大量のストックも出来てしまったので
まだしばらく、なめこ料理が楽しめそうです。



スポンサーサイト
  1. 2011/11/28(月) 22:00:19|
  2. きのこ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

やっと会えたよジュピター

111126_top.jpg
PM10:00 北西の空  左下に はくちょう座










今年の春、初めて参加した福井自然保護センターの天体観望会。
土星の環っかに感動し、次はぜひ木星が観たい!とむくむくと欲が出ましたが
その時期木星は、明け方に空にあがる星なのでした。

11月、おひつじ座とうお座に挟まれた南東の空に、ひときわ明るく輝く木星。
肉眼でもひと目でわかる明るいあの星が、あんな風にシマシマになっていることを
実際この目で観て確かめてみたい、、、秋になって、ずーっとそう思っていたけれど
観望会が行われる週末は、来る週、来る週、雨ばかりだったのです。



---

月齢が、新月を迎えた金曜日。
どうやら明日土曜日は、天気予報によると絶好の天体日和の様子。
ようやくようやく木星に会うことが出来そうなので、満を持して、観望会に
出かけることにします。
ついでに、久々に星の撮影の練習もしようと、機材の準備も。






111126_1.jpg

相方は飲み会で留守。
当初、ひとりで行こうと思っていましたが、つぶあん先輩に声をかけると、
お付き合い頂けるとのことで、夜の六呂師で待ち合わせ。
駐車場から天文台に向かうこのアプローチが、なかなかムーディで
気分を高めてくれるんです。 女ふたり、ムードもへったくれもないですが(笑)
デートなんかに使える!と思うのだけど、そんなカップル見たことないんだな。






111126_2.jpg

写真失敗・・・ブレてますが、これが夜の天文台。
当然、天窓も窓ガラスも全開で寒いので、行かれる方は暖かい格好で!






---

さてここからは、平原綾香の「Jupiter」をBGMにどうぞ!






じゃーん♪






mokuseikai_jup.jpg
Special Thanks  photo by 木星会


土星のお写真に引き続き今回も、この写真を撮影された、木星会観測所
木星会さんに許可を頂いて画像をお借りしました。 
先日の11/16に撮影された木星です。
木星会さんのHPでは、他にもたくさんの木星のお写真を拝見することが出来ます。
11/3の画像を始め、もっと鮮明にくっきり写る木星もありますが
わたしがこの夜観た木星は、11/16の少しぼんやりがかった感じがイメージ通りです。

それにしても、本当に、こんな風に見えるんだから驚きです。

さらに、木星の周りを回る イオ、エウロパ、ガニメデ、カリストと呼ばれる
4つのガリレオ衛星も一緒に見ることが出来ます。
土星の環っかもそうだけど、これ、実際望遠鏡を覗いて観ると、
写真で見るのとはまったく違う、えも言われぬ感動なんです。






111126_3.jpg
オリオン座とすばる。


今日はもうひとつ、見たかったものが「すばるぼし(M45)」。
大口径の望遠鏡では大きく見えすぎて全体が入りきらないとのことで
階下の少し小さな望遠鏡で見せてもらいます。
通常の視力の人なら、好条件のもとで、6~7個は確認出来るのだとか。
わたしは視力が弱いので、肉眼ではぜんぜんよくわかりませんが
写真に撮ると、くちゅくちゅっと固まっているのでよくわかります。


この夜はほんとに空がクリアで、スタッフの方々の興奮も伝わってくるような
久々に素晴らしい星空でした。






111126_4.jpg
うっすら天の川。


観望会に出かける前にカメラをセットすれば、3時間くらいは撮れるな、、、と
企んでいたのですが・・・

なんてこった!Σ(゚д゚lll)
こともあろうに、リモートコントローラーの電池切れという痛恨のミス(涙)
仕方がないので、普通に撮影だけ。
それでもこの星空ですから、ずいぶん堪能しちゃいました。
ぜんぜん上手く撮れなかったけど~~あぅ。


帰りに、お隣の施設「トロン温泉 うらら館」にて冷えた体を温めて帰りました。
土曜の夜を満喫!

雪が積もると、立地柄、天文台は閉館となるそうなので
こうして望遠鏡が覗けるチャンスも、あとわずかとなりそうです。




  1. 2011/11/27(日) 22:03:57|
  2. 日々のたわごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

シーズン到来!

111120_top.jpg
楽しい楽しい なめこ採り♪










先週あたりから、冷え込む日が何日かあったと思ったら、
一気に北陸気候モードに突入。
それからは、ひたすら雨、雨、雨の毎日です。
最後にスッキリ晴れたのが、いったいいつだったのかももう思い出せないくらい、
毎日毎日どんより暗い空に包まれていると、確かにこんな気候の中で日々暮らして
いたら、そういう気質にもなるだろうなぁ・・・と、よく言われる北陸人のネガティブな
イメージも、なんとなく致し方ないような気さえしてきます(苦笑)

がしかし!
我が家にとっては、これはいよいよ冬モード突入の合図。
今年はカメムシが異常発生との噂も耳にして、雪への期待も高まります。



111120_1.jpg

そして、、、
冷たい雨が降り続くようになると、こちらもお楽しみの「なめこ採り」。
初秋は暖かい日が続き、雨も少なく山は乾燥気味で、なめこの出も遅れていたけれど、
そろそろ期待出来るんじゃないの~~?
ということで、本日もそぼ降る雨の中、雨カッパに颯爽と身を包み
冬枯れもだいぶ進んだキノコのお山にいざ出陣!


何度も通った勝手知ったる道。
まずは、いつもの木をチェックすると・・・





111120_2.jpg

111120_3.jpg

111120_4.jpg

キタキター!!

若干小ぶりではあるけれど、トゥルットゥルの群生なめこに久々の再会。
たくさんの幼菌も抱えているし、まだもうしばらくは楽しませてもらえそう。






111120_5.jpg

ちまちまと一粒ずつなんて採っちゃいられない・・・ってことで
今回は、小ざるを持参です。
ナイフやカッターで、木を傷めないよう注意しながらまとめてガーッとこそぎ落とし
ざるがいっぱいになったところで、ビニール袋に詰めていきます。

後の処理が大変なので、なるべくゴミや葉っぱが入らないようにしたいけど
同行のB型男は、相変わらず大胆な刃捌きです(苦笑)






111120_6.jpg

111120_7.jpg

小さなカゴが、ズシリと重く感じるほどの収穫。
探せばまだまだありそうだったけど、寒くなってきたのでそろそろ撤収。
家に帰って計ったら、わたしのカゴには1kg。
相方の袋には2kgで、計3kgの収穫でした。






111120_8.jpg

流し台の洗い桶が一杯になるほどの大収穫。
ボウルに小分けし、何度か水を変えながら丁寧に洗います。
石突きを取りつつある程度の大きさ別に選別。
見栄えの良さそうなサイズを、各方面への押し付けお裾分け用として取り分けます。

あとは自家用に、軽く茹でて茹で汁ごと一回分ずつジップロックに小分けして冷凍。
こうしておくと、あとで解凍するだけで簡単にお味噌汁が出来て便利です。

その日と翌日の夕食で、お味噌汁、バター醤油でホイル焼き、揚げ出し豆腐に
なめこあんかけ となめこづくしで無駄なくすべて終了しました。









途中から、雨足もかなり強くなってきて、写真はあまり撮れなかったけれど
今回も、チラリと動画など。
わたし、あまり人には見られたくないすごいカッコしてますけども。
ちなみに、腹は決して妊婦などではなく一眼レフを抱えております(笑)
長靴とビニ手が、だいぶプロな感じでしょ! と、開き直っちゃうよこの際(爆)



  1. 2011/11/22(火) 22:13:35|
  2. きのこ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ブームは続くよパウンドケーキ

111119_5.jpg
キャラメルりんごとさつま芋のパウンドケーキ









ハマるととことんのめり込む病気発症で焼きまくり。
リング型やクグロフ型でも焼いたけど、結局はやっぱりパウンド型で焼くのが
一番美味しいということに行き着いたパウンドケーキ。

家に、頂き物のりんごがあったので、今日はりんごで焼いてみました。
実は、このりんごが何の種類なのかは不明。
紅玉でないことだけは確かで、アップルパイなんかには出来ないと思ったけれど
こうして生地に混ぜ込んでしまうお菓子なら、まぁなんとかなるかな~と。
りんご自体に味のパンチがないので、塩バターキャラメル風に
こっくりと煮てみることにしました。


ところが・・・




111119_1.jpg

火を入れて間もないうちから、グズグズと煮崩れてしまい
これ以上煮たらペーストになってしまいそうっていうくらいゆるゆるに。
ジャムとして食べるならこれでもいいかもだけれど、焼き菓子に入れるには
これじゃあねぇ・・・
でもせっかくなので、これを使ってとりあえずパウンドケーキは焼き上げました。







111119_2.jpg
左:品種不明  右:秋映


でもやっぱりなんとなくモヤモヤしていて、その後買い物に出たついでに
フルーツコーナーをうろうろ(笑)
紅玉はもう並んでいなかったけれど、秋映が。
秋映も、一応お菓子向きと言われているようです。
甘味酸味のバランスが良く、果肉が硬いのが特徴なのだそうです。

帰ってさっそく煮てみると、煮崩れもなく、キャラメルの色もしっかり入って
なかなか美味しそう。
同じように煮ていても、こんなに違うものになってしまうのね。
このりんご(左)では、タルトタタンなんて絶対焼けないな~・・・
ところでいったい、何って品種だったのだろうか(爆)







111119_3.jpg

111119_8.jpg

ついでに、アップルチップも作ってみました。
スライスしたりんごに、粉糖を振りかけて低温(120度くらい)でじっくり乾燥焼き。
りんごのスライスの厚みにもよるけど、今回は一時間半かかりました。
なんか、めちゃくちゃコストパフォーマンスが低いお菓子のような気が(笑)
そのうち、果物野菜乾燥器でも作ってみよう。





で、、、





111119_7.jpg

秋映でもフィリング作っちゃったし~
ってことで、結局もう一台焼いちゃうわけです(笑)

同じものではつまらないので、今度はさつま芋も一緒に入れてみました。
さつま芋は、下準備としてコンポート風にシロップにしばらく漬け込んでおきました。
下茹でする際に、くちなしをひとかけ入れて黄色く色付けしてあります。
りんごのキャラメル色とのコントラストが生まれて、断面マニアも思わずニヤつく
なかなかの出来栄えとなりました。






111119_6.jpg

「お菓子には紅玉」と、言われる所以が、味だけでなく
こうした扱い安さにもあるということを、しみじみ実感。
そう考えると、本当に美味しいりんごのお菓子を焼けるのは
秋のほんの短い間だけのお楽しみなんだな。

キャラメルりんご、パンに良く合いそうです。
明日の朝食はトーストに、このキャラメルりんごをたっぷり乗せていただこうと思います。



  1. 2011/11/20(日) 23:19:05|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ブルチョコパウンド、リベンジ。

111113_top.jpg
あかん、、、また失敗や。










先日、クグロフ型で焼いたブルーベリーとチョコレートのパウンドが
あまりにも不甲斐なく、性懲りもなくまた焼いてみました。
大噴火の原因が、ブルーベリーの分量によるところが大きいのではないかと
いうことで今回は前回の半量で。
焼いているうちに埋没してしまうブルーベリーが、少しでも沈むのを阻止するべく、
生地に混ぜ込むのではなく、上からばら撒く戦法を採用。
ばら撒く寸前に、ブルーベリーに粉をまんべんなくまぶしておきました。

が・・・

やっぱり今回も惨めな姿に(泣)
型の処理(塗りバター&粉)も、マズイのかしらん。
次回は、ハケを使ってきっちりやろうと改めて誓う。やっぱ手抜きはアカン。

TOPの画像は、焼き上がりにシロップをたっぷり打って、一晩寝かせたもの。
かなりドッシリシットリしております。
さてこのままではビジュアル的にどうかと思うので、誤魔化し処理を施すことに。




じゃーん!




これでどうじゃ。



111113_1.jpg

べっとりと、アイシングで厚化粧。
かなり、誤魔化せたのではないでしょうか?(笑)





111113_2.jpg

ブルーベリーは、やっぱりしっかり沈んでおりました。
これ、ブルーベリーが冷凍じゃなくてフレッシュだったら
またちょっと違う結果になっているんじゃないだろうか?
あとは、生地に少し火を入れてから、オーブンから取り出して乗せるとか?






111113_3.jpg

無糖の生クリームを添えて頂きます。
アイシングが分厚すぎて、目頭が痛くなりそうなほど甘かった・・・orz


そうそう、前回焼いた2回分、好評につき
寝かせる間もなくあっという間に完食でした。
今週一週間で、ふたりでいったいどれだけバター消費したんだろうか・・・恐ろしや。



  1. 2011/11/13(日) 21:31:57|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

パウンドケーキ革命

111106_top.jpg
ブルーベリーとチョコレートのパウンドケーキ









天気が悪いと星が出ない。
だけど、晴れてばかりじゃキノコが出ない。
悩める秋。
でも考えようによっては、晴れても降っても楽しめるアウトドアの趣味が
あるってことは幸せなことなのかもしれないね。

久々に本格的な雨降りの日曜日。
さすがにじゃんじゃん本降りの中、お山に行くのもどうかと思うので
今日はおとなしく家で過ごすことにする。
めっきり涼しくなって、そろそろオーブンの恋しい季節。
久々に、お菓子を焼きました。



111106_1.jpg

いきなり失敗作で失礼します(笑)

最初はクグロフ型で焼いたんです。
そしたらこの有様。
型にくっつくは、ブルーベリー全没でぐちょぐちょだはであまりにも酷い。
酷すぎる。
おまけに、実はベーキングパウダー入れ忘れて、型入れ直前にヤケクソで
ぶち込んだからか、膨らみもイビツでかたがってるし(福井弁:傾いてるの意)。

ところが・・・
モロモロになった生地を、型からはがしながらつまみ食いしたら・・・

をっ!?

美味いかも・・・?

思わず目が覚めて、俄然やる気に火が点き
間髪入れずにすぐさまリベンジに取り掛かります。
今度は奇をてらわず安全パイ、基本通り(笑)にパウンド型で。






111106_2.jpg

イエイ\(^o^)/

実は今まで、パウンドケーキを焼いて美味しいと思えたことがなかったんです。
パウンドケーキって、自分ではほとんど買ったことがないので、美味しいって
どういうことなのかもイマイチよくわからなかった。

今日のレシピは、イルプルの椎名眞知子さんのもの。
パウンドケーキというのは、材料も工程もシンプルだと思われがちだと思うけど
このレシピは結構面倒くさい。
というか、イルプルのレシピはどれも工程説明が細かくて、初めて作る時は
かなり読み込まないと取り掛かれない。
でもそれ故、一度理解してしまえばすごくありがたい説明だということがよくわかる。

同じような材料を使って、同じような工程で作っても
ちょっとしたオリジナリティやコツで、こんなにデキが変わってくるもんなんだなぁ。
ちょっと大袈裟かもしれないけれど、今までのパウンドケーキのイメージを覆される
デキでした。






111106_3.jpg

焼き上がったら、すぐに型から出して熱いうちにシロップをたっぷり打ち、
生地がまだ温かいうちからすっぽりとラップでくるんだ状態で冷まします。






111106_4.jpg

そうそう、、、ブルーベリーは、失敗作のときから半量に減らして、
生地に混ぜ込まずに上からちらしました。
どうしても沈んじゃうけど、適量ならあんな事態にはなりませんな(笑)

ちなみに、ブルーベリーと一緒に、粗く削ったチョコレートも入れています。
見た目は溶け込んじゃってわかりませんが、ブルーベリーの酸味とマッチして、
これがなかなかどうして良いアクセントになっていて美味しかった。






111106_5.jpg

パウンドケーキは、焼き立てよりも2~3日寝かせたほうが、しっとり
馴染んで美味しいのですよね。
日持ちもするので、2回分焼いちゃったけどボチボチ楽しんで食べられそう。

久々に心踊った、焼き菓子でした。



  1. 2011/11/06(日) 17:55:11|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プルプルきのこ3種類

111127_top.jpg
本日の収穫  左:チャナメツムタケ、上:ムキタケ、右:ナメコ









土曜日の青空が嘘のように、日曜日は一転一日しとしと雨模様。
で~も~~こんな日こそ~~きのこ日和♪
ずっと良いお天気だったので、お山も乾燥気味。
あまり期待はしていなかったのだけど、今日もしっかり収穫がありました。



111127_1.jpg

上下カッパ着用、ザックにもしっかりレインカバーの完全雨仕様。
昨日は良いお天気だったから、先客に先を越されているかもね・・・
なんて話していたのですが、そんな気配もあまりなく。






111127_2.jpg

111127_3.jpg

歩き初めて間もなく、いきなりムキタケ発見。
しかも、あっちにもこっちにも、、、ムキタケ祭り。






111127_4.jpg

ムキタケは、毒キノコのツキヨタケと間違われることも多く、要注意の
きのこですが、それだけにどの図鑑を見ても、見分け方のポイントを、
かなり詳細に説明してくれています。
どこをどう検討しても、これは間違いなく「ムキタケ」と、自信満々の相方。
お持ち帰り決定です。
出来れば、毒のあるツキヨタケも見つけて現物を見比べてみたかったのですが
もう時期が過ぎてしまったのか見つからず。






111127_5.jpg

111127_6.jpg

チャナメツムタケも、あちこちにいっぱいでこちらも祭り状態。
クリタケもそうですが、チャナメツムタケもなかなかにフォトジェニックな
きのこらしいきのこなビジュアル。
こちらも、毒キノコのカキシメジと間違われることが多いようなので要注意。
傘の開いた大型もたくさんありましたが、あまりいっぱい持って帰っても
食べきれないので、型の良いサイズだけを選んでこちらもお持ち帰り決定。






111127_7.jpg

111127_8.jpg

ナメコはやはり、連日の晴天でどの子もみなお疲れ気味。
もちろん、まだ時期が早いというのもあるでしょう。
ヌメリと匂いを見極めて、良いコンディションのものを少しだけゲット。





---

ちょっと前、こちらの地方ではツキヨタケの中毒が相次ぎ
毒キノコによる、「食中毒多発注意報」なるものが発令されていました。
そんなニュースに関連して、きのこの鑑定をしてくれるきのこアドバイザーの
お一人が、わりと近所に住んでいらっしゃることがわかったので、
鑑定して頂きたいなぁ・・・と思ったのですが、残念ながらアポ取れず・・・。

それでも自分の鑑定にかなり自信を持っているらしい相方は、お毒味役を
自らかって出て、一足先にちょっとだけ口に。
そもそも普段からお腹の弱い相方ですから、ヤバかったらすぐグルグルっと
なるでしょう(笑)←いや、笑っていいのか?
とはいへ当然ですが、一か八かではなく慎重に見極め自信があったので
食べていますのでご心配なく(笑)
数時間後、何事もないことが分かったので、わたしも頂くことにします(爆)

調理してしまえばある程度日持ちが利くとのことで、ムキタケとチャナメツムタケは
当座煮にしました。
ちなみに当座煮とは、しょう油や酒などで辛めに味をつけた煮物のことで
佃煮ほどではないけれど、「当座は保存が利く煮物」であることからこのように
呼ばれるのだそうです。 濃い味付けが、お酒の肴にいいですねぇ。

ムキタケはゼラチン質、チャナメツムタケもなめこのようなヌメリがあって
どちらも煮るとコリコリプルプルとした食感があります。
鍋物にもよく合うようなので、次回はスキヤキで食べたいなぁ~と思ってます。
生玉子をたっぷり絡めたら美味しいだろうな~~



こうやって少しずつ、食べられるきのこも増えてくると、益々楽しくなってくる
きのこ採り。
11月に入ると、なめこも本番。楽しみっ!!




  1. 2011/11/01(火) 12:51:20|
  2. きのこ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。