DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

きのこパトロール始動

111002_top.jpg
クライミングジム通いの成果か!?  木の上のきのこを追いかけて・・・








この秋最初の、きのこパトロールに出かけて来ました。
ナメコにはまだちょっと早いと思うけど、去年は時期的に出会えなかったであろう
きのこたちもいるかもしれないので、ちょっくら偵察です。

相方も、今日は山はお休み。ヨメサービスDayなのだそうです。なんじゃそりゃ。



111002_1.jpg

まだ、紅葉のコの字もない感じですね~
写真のここは杉林なので解りづらいかもですが
上のほうの広葉樹も、まだぜんぜん青々してました。
こうなると、まだ下草ももっさりと茂っていますから、藪漕ぎも大変。
例年よりちょっと遅れているのかな?どうでしょう?

昨年、紅葉の赤兎山ではじめてナメコを収穫したのが10月16日。
標高の違いもあるから一概には言えないけれど
あと2週間なんかで、お山はあんな風に鮮やかに彩づき、
ナメコも顔を出すようになるのかしらん。






111002_2.jpg
シロキクラゲ(食)  中華料理の高級食材。売っているのは乾燥品。



111002_3.jpg
カエンタケ(毒)  触ってもいけない死亡例もある毒きのこ



111002_4.jpg
ナギナタタケ(食)  熱湯にサッとくぐらせてゴマあえ、酢の物で・・・って言われても(笑)



狙い通り、まだ見たことなかったきのこにたくさん出会えました。
ただ、どれも状態が芳しくなく、薄暗がりで写真もブレブレ_| ̄|○
突出した特徴のあるもの以外は、似たようなきのこもいっぱいで同定が難しく
家に帰ってから調べても、結局名前のわからないきのこもたくさん。







さて、、、
昨年、老菌の状態でみつけたホコリタケ。
(以前の投稿では「ケムリタケ」と書いていますが、「ホコリタケ」が正解のようです)
このきのこ、成長するとてっぺんに穴があいて、叩くと中からポフポフとホコリが出て
なんだかすごく面白いんですよねー。


111002_5.jpg

ホコリが出るようになるまで成長したものはダメだけど、実は幼菌のうちなら
食べられるのだそうです。・・・と、言われてもちょっと遠慮したいと思っちゃう
なんとなく不気味なきのこだったのですが、今日はその幼菌を見つけたので
さっそく手にとって観察。




111002_6.jpg

割ってみると、中はふわふわと弾力のあるはんぺんのような感触。
湯通しして皮をむき、汁物に入れたり、串に刺して焼いて食べるのも美味しいそうな。
驚いたことに、なるほどこれがなかなか悪くない感じなんですよね。
一瞬持って帰ってみようかな~と思ったのですが、相方が「おれは食べたくないなー」と
言うのでやめました。だって一人で食べるの嫌なんだもん(笑)







まだまだだろうと思っていたナメコですが・・・

111002_8.jpg

人知れずだいぶ傷んでしまったものとか、




111002_9.jpg

これから爆発しそうな幼菌とか、





そして、、、





111002_7.jpg

キタ━(゚∀゚)━!

結構高い場所にあったのですが、、、







111002_10.jpg

相方が、がんばって取ってくれました(笑)






111002_11.jpg

ちょっと乾燥気味だったけど、せっかくなので家に帰ってお味噌汁に入れてみました。
が、、、やっぱりちょっと、カビ臭くてダメでした。残念。
ナメコってのはどうも、乾燥していたり、ちょっと時期を逃してしまったものは
カビ臭くなっちゃうようです。
早く、ヌルヌルツヤツヤプクプクのナメコに再会したいものですねー。






スポンサーサイト
  1. 2011/10/03(月) 21:06:39|
  2. きのこ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。